別所長治、織田との手切れを決断する

2015年03月10日 18:32

544 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/10(火) 10:31:09.37 ID:VvPq4sS2
天正6年、織田信長は西国征伐のため、羽柴秀吉を播磨へと派遣した。
信長と同盟した三木上の別所長治からは重臣の別所山城守(吉親)、三宅治忠の両人が派遣されたが、
ある時の軍評定で秀吉の屋形に行くと、秀吉はこのように問うた
「別所長治は西国の案内者となるべき人である。私は信長公のために、代官としてこちらに下向してきた。
各々には、軍立ての次第、不日に敵を滅ぼす謀などはあるだろうか?」

三宅はこれに申し上げた
「西国発向の先手は、我が別所家に仰せ付けられました。その我々が認識しているのは、今度の合戦は
一国一城の小競り合いとは格別に異なるということです。
毛利輝元は大身であり、万死一生の戦いを、五度も十度もしなければ、治まらないでしょう。
非常に手間取ることになると思います。」

その上で、別所家の考える様々な軍略を申し述べた。秀吉はこれを聞くと

「そのように延々とした手立ては、同等の軍勢があるのなら可能であろうが、敵は大勢、此の方は小勢である。
賢人の前に小人が久しく居ては恥が顕れると云う。
こういう軍はな、不意に攻めかかって五度も三度も強き働きをして敵に臆病神を付けさせねば、
早々に勝つことが難しくなるのだ。」

三宅治忠は重ねて申し上げた
「強き働きばかりでは最終的な勝利は成り難いものです。例えて言えば、歯は強く舌は柔らかいものです。
しかしその強い歯は欠け落ちますが、柔らかな舌が落ちることはありません。
和というものこそ、強きを砕く利となるのです。大敵に逢っては、柔剛弱強の4つの物をよく用いるものが
名将であると云います。」

秀吉はしかし
「各々は先手役であるのだから、その働きのことについて随分と精を入れられよ!
勝利を得るための下知は大将役の此の方より指図する!」そう憎体に言い放った。

これに山城守、治忠の両名は閉口し帰城すると、別所の一族・家老の面々参会して、これを評議した。
そこで山城守は申し上げた

「今回、秀吉が当国に下向して、近国他国にまで威を振るい、別所の家臣に対し、無遠慮に我意を
言いつけるだけでなく、剰え自分の下人のように扱い、地元の国人たちに頭を上げさせぬようにすること、
その心底を察するに、すべて信長の謀計であると考えます。
何故かといえば、近年の東国の沙汰を聞くに、関東に四大将があります。それは北条氏康、武田信玄、
織田信長、上杉輝虎の四人です。その中で織田信長の武勇の方向性は、表裏第一です。

表裏には善悪の二種類があります。勇将が敵を討つために謀略をするのは余程のことですが、信長は
騙すことを専らにやっているため、その家風は下々まで軽薄な者が多いのです。

只今、私が思案するに、秀吉を当国に下向させた内実は、先に我ら別所に中国攻めの先手をさせ、西国が
静謐に成った暁には、最初の約束を変じて別所を退治し、播磨は秀吉に与えるという事でしょう。
そういう信長の心底、鏡に映すようです。

敵の表裏を知りながらその謀に乗るというのは、武士たる者にとって思慮が無いというべきです。
我々は、これを判断して立場を鮮明にすべきです。」

別所長治はこれに
「さればこそ、最前より信長からは『兄弟のように思っている』などとしきりに伝えてきたので、
一味同心して大将をひとり給わりますようにと返事をした。私はきっと信長の子息の内、
信忠か信雄が派遣されると思っていたのに、秀吉が差し下された。これは信長の浅智の故である。

おおよそ大将を立てる時は、その人を選ぶことが第一である。氏も無き人を大将にしては諸人軽んずるものである。
しかるに信長はどうか?ようやく侍の真似をする秀吉を大将にして、この長治が彼の先陣で合戦をすれば、天下の物笑いとなるだろう。
この上は最初の約束を変じて、今後信長と手切れするとしよう。それを見せつけるためにも、
先ず秀吉と合戦をしよう。」と仰せになった。
(別所長治記)

有名な話ですが、別所長治が織田との手切れを決断するお話。




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    特に有名ではないと思う

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まあこの辺りから本能寺までの一連の事象は歴史物でも創作物でもさらりと流されやすい場ではある

  3. 人間七七四年 | URL | -

    司馬遼太郎の播磨灘物語で詳しくやってたな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    司馬小説もそうだが、通説では別所が秀吉を見下してて
    秀吉の協力を頼む態度が気に食わない、と言って寝返っちゃうって流れだけども
    ホントのところはどうだったんだろ?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    単純に毛利の調略に転んだだけですな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    信長が関東の四大将の一人?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    関東の大将に佐竹家じゃなく何故織田家なんでしょうね。
    あ・小田家と間違えちゃったんですね!そうだ、そうに違いない!!

  8. 人間七七四年 | URL | -

    当時の北条家当主ェ・・・・・・

  9. 人間七七四年 | URL | -

    7さん
    菅谷さんたちの心労が増えるから、その考えはやめたげてー

  10. 人間七七四年 | URL | -

    先に交わした約束を破ったら、
    天下の物笑いになるという考えは浮かばなかったのだろうかw

    6殿
    播磨から見たら美濃や尾張は勿論、摂津や山城も東国ですから・・・

  11. 人間七七四年 | URL | -

    別所も赤松一門で独立意識高いからな
    成り上がり気にくわねえってのはいかにもありそうではある

  12. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    う~ん、この場合の関東の「関」は
    逢坂の関か、不破の関、なんかな?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    応仁の乱からは、もう、アレやから…>約束

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    山名「せやな」
    細川「せやな」
    畠山「せやな」
    足利兄「せやな」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    10殿

    なるほど、全部一緒くたなんですな。ありがとうございます。

  16. hage | URL | -

    別所「毛利強すぎンゴ。ここは和平結ぶンゴ」
    秀吉「行けるンゴ、いいからお前らは俺の言うこと聴くンゴ」
    別所「あいつなんも分かってないンゴ。大体秀吉みたいな成り上がりに従いたくないンゴ。秀吉なんか
    送ってきやがって信長は別所を生贄にするンゴ、裏切るンゴ」

    信長「家臣で最も有能だゾ」

    秀吉「別所許さへんやで!干し殺しや!」

    別所「」

  17. 人間七七四年 | URL | -

    もし手切れせずに織田にしたがってたとしても、
    いずれ退治はともかく国替えはされるだろうから、
    そこで泣く泣く承諾するか、承諾せずに城井さんと同じようになっていたような気がする。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    国替えなんて言われたら、
    旧来型の統治機構に固執して、
    さっくりと裏切りそうやね。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    別所「これからは織田殿の下で働きます!」
    織田「よく言ってくれた!バリバリ働いてもらうぞ!」
    別所「バリバリはちょっと嫌です!」
    織田「おい嫌ってなんだよ」
    別所「自分のペースでやらせて頂けますか!」
    織田「お前新入りだよな!?」
    別所「いけませんか!では毛利殿のところへ行きます!」
    織田「何なのあいつ」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >国替え
    国人衆なら確実に謀反でしょうね。でも国替えならまだマシなのでは?
    少なくても生き残るチャンスは貰ったのだから。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    ブラック大名織田家なのか、ゆとり家中別所氏なのか、戦国の闇は深いぜ・・・

  22. 人間七七四年 | URL | -

    浦上とか別所は、元亀以前から信長には協力的だったのに

  23. 人間七七四年 | URL | -

    信長さんは裏切るよりよく裏切られるタイプの人なのに、なぜこの頃から裏切りの鬼みたいなイメージがついたのか(困惑)

  24. 人間七七四年 | URL | -

    信長研究の最前線という本を見てたら、秀吉、ラスボス化する前から国人とかの在地権力にはひどかった説とかでとったなあ。
    まあ、中央(信長)の意向にそったら国人無視することになりましたということなのかもしらんけど。で、無視しきれなかったのが地元でいろいろやらされた荒木村重。なので、謀反することになったとか。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    摂津なんて特に領主の権限強くて
    戦国畿内の超カオスの一因になっているのになあ

  26. 人間七七四年 | URL | -

    歴史上の「関東」と現在の「関東地方」は違うからなぁ
    元は不破関や鈴鹿関より東を関東っていってて
    それが信濃・遠江より東になって、鎌倉公方が治める関東十か国(+奥羽)になって、関八州になって・・・だし
    室町時代になっても東国くらいの意味で使われたりもするし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9135-0584b094
この記事へのトラックバック