FC2ブログ

大友宗麟と怪異

2015年03月26日 18:44

606 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/25(水) 20:07:16.68 ID:Y/d1PWex
大友宗麟がある時病を患ったことがあったが、この折、屋敷の天井に血のついた巨大な人の足跡が出現した。
しかし宗麟は、かねてからこのような事を気にしない人物であったので、これが報告されても少しも臆する
様子もなく、

「私の煩いも平癒した。やがて体力も回復するだろう。」

などと言って、驚くことすら無かった。

またある日、お座敷の塀から、小さな松の木が少し顔を出した、かと思うと、にわかに大木と成って
枝を垂れ葉を繁らした。
これに当番の侍が慌てて駆けつけると、この松は次第に細くなり、うつつのように消えてしまった。

人々はこれこそ稀代の珍事だと思ったが、その後のある夜に大友宗麟の座していた畳の間から、
六尺ほどの屏風が自ら出ていき消え失せた。

当時、これだけでなく様々な不思議なことがあった。
人々は、これはきっと不吉の前兆ではないかと、なにか悪いことが起こるのを待ち受けるような心地をしたという。

(大友記)



607 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/03/25(水) 20:11:22.62 ID:1uV8E8O4
前兆で記録終わりかよw

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | sO.jHPec

    むしろ普段からの宗麟の存在だの行状だのの方が怪異っぽいけどもw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ここの名物だな、

    「前兆のがどうみても怪異な件」

    もー慣れたわ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    出鱈目すぎる前兆は著者の主張をクイズにしてる感じ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    人間の方が怖い・・・と思ったけど戦国なら当たり前か

  5. 人間七七四年 | URL | -

    要は「最初からクライマックス」って事ですね(達観)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    内憂外患すぎて、怪異に驚く 余裕 が無いのだろう…オイタワシヤ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟のキャラぶれ過ぎぃ!
    同じ「大友記」出典のはずだろうに……

  8. 人間七七四年 | URL | -

    こういうのは前兆が本番だからね、仕方ないね

  9. 人間七七四年 | URL | -

    屏風「出て行くわ」トコトコ
    宗麟「そう・・・(無関心)」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    殿「この屏風の虎を縛って見よ」
    坊「ではまず屏風から虎を追い出してください」
    屏風「虎がいなくなったら俺白紙だろよ。じゃいいよ俺が出て行くよ」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >巨大な人の足
    (大分県だけに)進撃の巨人が現れたんですね、わかります

  12. 人間七七四年 | URL | -

    戦国武将とかだと下手すると怪異を手打ちにするからな。
    怪異も命がけだぞ。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    「おかしなことはやめてください、ゴブリンさん」
    「俺の名前は、宗麟だ!」
    「失礼、かみました」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ここは様々な怪異が溢れるコメント欄ですね。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    吉利支丹には足だけの天使っていたような……

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    蛇神「中には怪異どころか畏れ多くも神様を手にかける不届き者もいるとか」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9169-b650bb80
この記事へのトラックバック