FC2ブログ

南部家のお家騒動について・いい話?

2009年01月09日 00:06

932 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/08(木) 17:17:38 ID:qWjFgjPM

南部家の御家騒動にまつわるエピソード。

「三日月の 円くなるまで 南部領」と謳われるまでに領土を拡大させた南部晴政。
そんな彼には長らく男子が産まれなかった為
一族の石川高信の子、信直を自分の娘と結婚させ
いずれは信直に家督を譲ろうと考えていた。

ところが諦めていた晴政に、男子の晴継が産まれてしまったものだから、はや一大事。
娘の夫よりも、実の息子に家督を継がせたいと考えてしまう人の情。
次第に晴政と信直の間には、亀裂が入り始めていた。

その一つとして、晴政には先見の明があり
中央で天下人として君臨していた織田信長に対し、率先して使者を送り誼を通じていたのだが
(お隣の安東愛季が頻繁に信長と接触を取っていた事から、それに対抗する為とも考えられます)
信直が勝手に信長へと自分を売り込み、さも自らが南部家の総領であるかのように振舞って
晴政を蔑ろにして怒らせたというエピソード。
(後の家督相続の際に、無言の圧力として活用された信直の鉄砲部隊
 その大量の鉄砲は、信長経由で入手したのだという説まであったりします)

決定的な不和を示すものとしては、信直の実父、石川高信の死後に
津軽地方を大浦為信に奪われてしまった際
(一説には為信が石川城に奇襲をかけ、高信を自害させたとも)
信直は当然のように父の旧領を奪還すべく、出兵を要請。
しかし晴政はかねてから
「南部の隆盛は石川高信と九戸政実の尽力によるもの」
との風評を気に入っていなかった為、むしろ気味が良いとばかりに
石川領奪還の兵を出し渋り、信直の怒りを買ってしまったというエピソードもある。

そういった様々な因縁を経て、晴政と信直の親子は
表向きは互いに一定の礼儀を保ちながらも
水面下では身命を賭けた争いを行う事となったのだった。

933 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/08(木) 17:19:01 ID:qWjFgjPM
まずは晴政の方が一枚上手だったというエピソード。

ある日、鉄砲の修練に余念がない信直の許へと、晴政が従者を伴い見物にやってきた。
ところが結果は芳しくなく、信直が放つ銃弾は的を外れてばかり。
帰り際、主君が難しげな顔をしているのを気にする従者に対し
「信直ともあろう者が、日々を修練に費やしながら、あの程度の腕前であるはずがなかろう。
 あれは私を油断させ、あわよくば寝首をかいてやろうとの腹積もりに相違ない。
 貴様らも、ゆめゆめ警戒を怠るな」
と晴政は言い放ち、それを耳にした信直、以降は当てつけのように
様々な者達の前で的を射貫いて鉄砲の腕前を見せつけ
晴政の見解が正しかった事を、無言のうちに証明してみせたという。

続いては信直の方が一枚上手だったというエピソード。

ある日、お寺を参拝中の信直の一団に刺客が襲い掛かった。
相手も手練の者達なれど、信直達の腕前が上を行き、見事に撃退。
刺客の長と思しき騎乗の者は、これはいかんと慌てて馬首を翻すも
それを見咎めた信直、自ら鉄砲で射殺して、逃げようとした不届き者を落馬させた。
乗り手を失った馬はといえば、そのまま駆けていく。
その馬が三戸城の方角へと向かっている事に気がついた信直
「見よ! 馬も親父殿の許へと逃げていくわ!」
と指差して、一同大笑いしたという。

934 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/08(木) 17:20:08 ID:qWjFgjPM
この場合、表向きの「親父殿」とは「逃げた馬の親父殿」なのでしょうが
信直にとっての「親父殿」とは、三戸城に君臨する南部晴政その人であったのかも知れません。




935 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/08(木) 17:27:19 ID:xIWgKY7k
これはいい話なのか?

936 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/08(木) 17:29:56 ID:zx7zh/8V
これがいい話なのかどうかはともかくw 何のかんのでお家騒動は戦国の華だねえ。

937 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/08(木) 18:21:29 ID:v17jbSvb
>>933
まあお互い油断も隙もない、見事な戦国武将だよな。
なまじの身内が一番の敵、敵の敵は味方に引き込んで利用もするけどやっぱり敵……

やがて晴政の嫡子晴継はなんかぽっくり、更に九戸政実兄弟の話まで絡んで、
南部宗家相続はぐっちゃんぐっちゃんに。ラスボスさまの奥州仕置まで揉めてたっけ

938 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/08(木) 18:30:42 ID:NjmjtgSR
そんな南部の、現代の当主が今日亡くなったんだぜ・・・
時期を見計らったように出てきた話がお家騒動で
思わず今の時代になっても相続とか大変そうだよなと思った
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/918-f1522a5c
    この記事へのトラックバック