源五郎の名

2015年04月02日 18:24

631 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/01(水) 20:38:45.41 ID:o8IDB0Fr
筑前の長尾城に秋月種実が人数を入れ籠らせた所を、大友方の石松源五郎詰めかけ、戦うたびに
一度も遅れを取らなかった。その忠功によって、彼は未だ郎党であったが御屋形たる大友宗麟の御前に
召し出され、石松の苗字を許され、以後石松隼人と名乗った。

ところが、その後も石松は秋月勢と戦ったのだが、石松隼人の名乗りを聞いて
「さては源五郎は向かってこないぞ!」と一斉に攻めかかってくる。
石松はこれを先途と戦うものの、敵は事ともせずに打ち掛かって来るので、石松は支えかねて引き退いた。

この戦いのあと石松は
「さても今度の一戦に打ち負けたのは、隼人の名に変えた故であろう。」
そう思って下された名を戻し、元の源五郎とした。

こうして、重ねて秋月勢と戦った時は、件の源五郎と名乗って突撃した所、秋月勢は踏み留まることも出来ず
忽ち敗軍した。

されば、人に知られた名は変えるべきことではないと、当時の人々は皆言っていたそうである。

(大友記)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    政宗「であるからして、どこでも政宗と呼ばれるのが至当」
    成実「今更、伊達左京大夫とかいわれても誰だか分かりませな!」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    菊池寛の「形」はこれが元ネタだったりすんのかな?時代も大体同じよね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    言霊っちゅう奴かね。

  4. 名無しの日本人 | URL | -

    派手な甲冑から地味な甲冑に変えて討ち取られた人の話を前に見た記憶が。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    シャアだと兵士たちの羨望の的だけど、クワトロだと粋がった若者に殴られる的な

  6. 人間七七四年 | URL | -

    腹を召せ召せ 召させておいて

  7. 人間七七四年 | URL | -

    菊池寛の「形」に出てくる中村新兵衛は実在の人物。松永久秀の配下。勝軍地蔵記だったかに「槍中村」として出てくるよ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    それ違う源五さんや

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9185-c806ca72
この記事へのトラックバック