FC2ブログ

水商い

2015年04月06日 18:30

647 名前:1/2[sage] 投稿日:2015/04/05(日) 23:27:43.02 ID:NFMptlLG
慶長2年(1597)12月24日、慶長の役、第一次蔚山城籠城戦において明軍の襲撃があり籠城軍はこれを撃退する。
この時、二ノ丸三ノ丸の堀下に、数しれぬほどの敵の死骸が残されているとの報告を受け、
大河内茂左衛門尉をはじめ、田中小左衛門尉、川村十助、林角右衛門尉、近藤甚右衛門尉の5人が同心して
それを見に行った。

その帰り、二ノ丸の門脇に、小さな桶に盃をとりそろえ、声高に水を売る者があった。
大河内が近づいて「いくらだ?」と問うと、その盃一杯の水を代銀15匁であるという。
大河内は同行した者達に、「この水を飲み給え」と進めるが、皆は「代銀を持っていない」と言う。
これに大河内は
「代銀は私が持っている。何れも飲み給え。」

そう言うので皆喜んで飲んだ。
「各々は先に帰られよ。私は代銀を遣わしてから行く。」

そういって一人跡に残り、自身も一杯飲むと、正しくそれは水であった。
しかし大河内『金は無い。ごまかして行ってしまおう。』そう思い、商人に向かって
「これは何ということをするのか!歴々の武士に尿を飲ませたな!沙汰の限りだ!」

そう言い捨て立ち帰ろうとすると、水商人は大河内の鎧の袖に取り憑いて
「大変大きな金額です!どうか支払って下さい!」と大いに嘆いた。
大河内は商人を説得しようと思い

「私は、今は金を持っていないが、皆々合戦で骨折りをした軍士だからこそ水を与えたのだ。
この籠城において武運が開くのを待てば、私に預け於いた金であっても米であっても、望みに任せ
いかほどにも与えるであろう。
逆にもし落城してしまえば、金銀をどれだけ持っていたとしても意味がないではないか。」
そのように様々に言い聞かせたが、商人は納得せず
「ぜひとも支払っていただきたい!」と言う。

ついに大河内も怒り、「おのれは耳の穴も開かぬうつけだ!よし、金をくれてやろう!」
そう怒鳴って鑓を取ってみせた。
これに商人は以ての外に取り騒ぎ、二ノ丸に向かって一目散に逃げていった。

648 名前:2/2[sage] 投稿日:2015/04/05(日) 23:28:32.91 ID:NFMptlLG
大河内はそうして帰ると、水を飲んだ者達は、御振る舞いかたじけないと、各々一礼を述べた。
しかし田中は、大河内がそんな金を持っていたかと不審に思い、しきりにその事を尋ねると、大河内

「愚かなことを問うものだ。この詰め籠城において、どうして金があって遣わすものか。
理を言ってやったのに聞かないから、鑓でその腹をぶち抜くぞと言ってやった所、足早に
二ノ丸に逃げ入ったよ。」

その場に居た太田一吉、浅野幸長の家臣たちはこれを聞くと、一度に手を打って大笑いし
「我々もあの水商人を見たが、代銀が無いから通り過ぎてしまっていたが、そのようにするとは
でかしたことだ!」そう大笑いした。
この大笑いの声が聞こえ、太田一吉、浅野幸長より「喧嘩をしているのか?」との使いが来たほどだった。

所がその中で、田中小左衛門尉だけは笑わずに、草摺をポンと打って
「さても無念、口惜しき水を飲んでしまったものだ。この水は、私が各々に与えるべき水だったのに、
年齢が半分にも満たない大河内に掠め取られてしまった恥ずかしさよ!」
そう言った所、その顔と言葉が面白いというので、一同またも大爆笑した。

太田、浅野、加藤清正の三大将もこれを聞き、「よくやった!あの水を売っていた奴は堀裏の用に
立つものではない。尤もなことである。」と笑った。

その後、清正、幸長は大河内の顔を見るたびに、「いかに大河内殿、この頃は水の買い取りはしていないのか?」
と聞いてきた。すると大河内は「その事ですが、水商人に出会ったら、堀裏を固く守るのは第一としても、
先に水の買い取りに取り組みたいと思っているのですが、あれから商人に会わないのですよ。」と答えた。
両大将はこれに「さても水の買い取りをさせたいものだ」と言うのが、日々の笑い事となったそうである。
(朝鮮記)



651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/06(月) 08:34:13.52 ID:VHUSI5Id
15匁って今の価値で言うと1万円ぐらい?

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/06(月) 10:14:24.50 ID:NOAsiFm6
江戸時代中期ぐらいで今の17000円位の価値のようだが
恐ろしい程のぼっただな。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これは割と武家のメンタリティの根本的なところで、暴利的な経済活動はもとより、投機的な経済活動も許さんというのがある。
    江戸幕府になっても、投機的な問題については、裁判で保護しないという法制だったり。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    江戸時代前期の慶長小判=金一両=銀50匁=現代の価値で10万円の換算表だと
    銀15匁は約3万円
    ぼったくりにも程がある

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「殺されなかっただけでも、儲けものじゃん」

    そう思ってしまった俺は、だいぶここ(戦国)の空気に慣れてしまったようだ…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    遠征で補給も滞りがちだろうにぼったくりとはいえむやみに現地商人に敵対的な行動をとるのはよくない気もする
    これで普通の商人も近寄らなくなったらたいへんだろうに

  5. 人間七七四年 | URL | -

    普通の商人はこんな目にあうの気にする理由はないだろう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    幾ら撃退後とは云え、こんな所まで怪しい商人がうろつけるのも不味いでしょう。

    しかし、よく殺さなかったですよね?この手の武士なら話の流れ的には商人殺して
    水奪えば代金云々のやり取り要らなかったのに。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    水商売にみえた

  8. 人間七七四年 | URL | -

    水商売であってるんじゃないの?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    戦地で兵隊にふっかけるだけの覚悟も才覚もない小悪党をやり込めたのが面白い話だから
    殺してしまっては元も子もない

  10. 人間七七四年 | URL | -

    商人のぼったくりにも、
    守将たちが、さも痛快なことをしているかのような態度にも
    ドン引きしているんだが、
    どうも俺は頭がおかしいらしい。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    もしも、自分の家や財産がほぼ全て震災か火事かなんかで無くなったとして、目の前にコンビニのオニギリやミネラルウォーターを一つ一万円で売りに来たオッさんが現れたと想像したら
    少しはこの逸話の状況が分かる気がしないかなあ?

  12. ※4 | URL | -

    こち亀にそんな話あったな

    派出所の慰安旅行で訪れたホテルが災害で陸の孤島になって
    両さんは物資を大八車で運んで来たんだけど
    両さんは物資をオークションにかけて
    カップラーメンが1万円くらいのぼったくり価格にして大儲け

    あまつさえ部長がそれを買えずに空腹でいる間
    自分はお腹溜まったからって食べ残しを目の前で棄てるやりたい放題

    結局救援が来た結果
    誰もそのぼったくり価格で物資を買わなくなって
    じゃあってことで修復された道路を破壊してまた儲けようとして
    破壊工作をしたが
    それは失敗しあぶく銭は全部(紙幣だったので)風に飛ばされて文字通り無駄になって
    皆に「銭の亡者の哀れな末路だ ほっとけほっとけ」と崖に取り残されるという話が有ったよ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    す、すいません※12ですが名前欄こそ※4ですが
    この記事の※4ではないです
    別の記事の名前欄が残ってました
    この記事の※4さんにはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんorz

  14. 人間七七四年 | URL | -

    川越シェフ「僕の店ならたったの800円だよ」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    阪神淡路だったかの時にそれに近しい事やったスーパーは
    すわ打ち壊しって寸での所で店が折れたな

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    言いたいことは分かる。分かるんだが…

    刃渡り60cm~の刃物+猟銃で武装した避難民集団(約1万人)なんていねえよ!!!

  17. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも自宅焼けたんじゃなくて他人の家焼きに行ってる訳でなw

  18. 人間七七四年 | URL | -

    商人らしさと武士らしさがよく出た話だな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9191-7d344eae
この記事へのトラックバック