伊達政宗、長井の地を守る

2015年04月10日 18:32

821 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/09(木) 20:15:30.48 ID:ul3JACSZ
最上義顕(義光)公という人は、伊達政宗公の叔父であるが、輝宗公の御代にも度々伊達家と戦った相手であった。
しかし近年は別して友好的な関係を保っていた。ただし義顕公は、その家臣や二人の兄弟まで切腹させるような
大事の人であった。

政宗公は二本松、塩ノ松で強盛を示し、これに脅威を感じて、佐竹、会津(蘆名)、磐城、石川、白川まで
伊達の敵と成った。この時、これらの大名衆が言い合わせ、伊達に対して開戦し、長井の地を取ろうと
考えた。その結果伊達家は大崎で敗北し、諸勢の人質として、泉田安芸守を最上に相渡す事となったが、
義顕公はこの期に米沢(伊達家)との事切れを考え、最上境の伊達家家臣、鮎貝藤太郎という者と
密かに語らった。

天正15年(1587)3月13日、鮎貝は伊達に対し手切れを行った。政宗公はこれを聞き
「これは時刻を移してはならない!即座に退治すべし!」と仰せ出された。
しかしこれを聞いた家老衆は申し上げた
「おそらく最上からの加勢があるのでしょう。その上、されに最上に心を寄せる者達も在るようです。
今は様子を見た上で御出馬を判断されるべきです。」
しかし政宗公

「そのような事を言っては米沢を出ることすら出来なくなる!必ず鮎貝を退治せねばならない!」

そう言って強引に出陣した。ところが、最上からは一騎一人すら助勢はなかった。
磯貝は最上に加勢を請うたのだが、最上は助けなかった。その上政宗公の御出馬のことが聞こえると、
最上へと逃亡した。

これにより、長井の地は無事であった。

(伊達日記)

伊達政宗、迅速な判断で領地を守るという話。



823 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/10(金) 01:41:34.92 ID:bxHDvN4j
鮎貝藤太郎(宗信)は自分の家も纏められなかったんだよな
父鮎貝宗重(盛次)は息子と決裂して主君政宗に息子を攻めるよう進言する有様で、
山形へと落ちていった藤太郎はそのまま廃嫡されてしまった

824 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/10(金) 21:13:48.96 ID:Lx8miNhS
信玄が上杉家臣を煽った話に似ているじゃないか

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    終盤で唐突にピンチになる磯貝に草

  2. 人間七七四年 | URL | -

    鮭ならスグ加勢に行ったんだろうな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    鮎貝さんじゃなくて
    鮭貝さんだったらよかったの…?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    本文最後の磯貝は原文ママ?それとも鮎貝の誤字?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    1587年だったら庄内差配に有屋峠境、大崎家騒動と中山境争いがあったから、最上も鮎貝に援軍は簡単に出せないよ。庄内を得ても伊達に比べて最上は小領だしさ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    伊達家視点の、しかも筋金入りの最上嫌いな成実絡みの文献なので内容は推して知るべし。と言った所でしょうかね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    そこは推して知るべしみたいな否定や皮肉とも取れる表現じゃなく、最上家にも最上家としての
    言い分があるねといった言い回しをするのがベターだと思う

    個人的には藤次郎の生年が不明だから別の興味が湧く
    父とされる鮎貝宗重の生年(1555年)を考慮すると、その息子はせいぜい10代半ばで反旗を主導
    するには心許ない
    鮎貝家内のお家騒動に政宗が主家として裁定して藤次郎は貧乏くじ引いたのかも知れない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まあ隣国の内乱煽るだけ煽って、
    いざとなるとスルーなんてどこの国いつの時代もあるこった

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7殿
    >最上家にも最上家としての言い分があるねといった言い回しをするのがベター

    おっしゃりは御もっとも。
    とは思えど、成実絡みとくればどうしても割り引きなしには・・・w

    ※8殿
    >まあ隣国の内乱煽るだけ煽って、いざとなるとスルー

    当の政宗も似たような事やってますしねw
    しかし、梯子を外されるリスクを思えば、当時の反乱も結構な決断が要ったのでしょうなぁ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    義顕と書かれてたってことは、読みがよしあきだってことの証拠の一つなんだな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    宗信は義光の姉婿と言われているんだよね
    父の宗重(盛次)は義光よりも若い上に宗信が宗重の子とするならば
    当時は十代前半から半ば
    いろいろと辻褄が合わないんだよね

    実際は宗信は宗重の兄で
    政宗に扇動されて宗重が家督を奪ったような・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9197-01987bbb
この記事へのトラックバック