北条氏康、今川義元に依頼をする

2015年04月17日 18:04

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/17(金) 00:01:08.36 ID:DAofRnT6
天文19年9月9日に、駿河の今川義元より四ノ宮右近、庵原弥兵衛の両人が甲府に御使に参った。
四ノ宮右近は節句の御使、庵原弥兵衛は、小田原の北条氏康から、今川義元に頼まれた使いであった。

氏康から義元への依頼は、このようなものであった
「我が北条家が、(山内)上杉家と弓箭を取ること、私まで三代に渡ります。しかれば、今年中には
有無の一戦を仕る所存です。

もし上杉憲政の運が尽き、私に利運が有れば、関東諸国については北条家によって仕置きするつもりです。
ことさら上野国は上杉憲政居城の国であるが、この上野に武田晴信が手をかけるのを思いとどまるようにと、
そちらから甲府に言って頂きたいのです。

我々の方から晴信に申すべきなのですが、若き人の事でもあり、我らは彼の父信虎とは別して入魂仕り、
信虎も我らと一入懇ろに取り扱い頂きました。ですが、今の晴信にはしかじかと申し談ずることもなく、
殊に、晴信という人物は、少々喧狂のように承っています。
このため、こちらより申し入れて、事破れてしまってはいかがかと思い、義元公を頼りたいのです。
義元公は晴信の姉聟ですから、晴信が気に入らないことであっても義元公が申し入れれば合点するでしょう。」

このように北条氏康今川義元に頼み、武田晴信に仰せに成って、武田が上野に出陣することはなかった。
ただしそれから8年目に、仔細が在って上野に出陣した。

(甲陽軍鑑)

後日談
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-9214.html

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    喧狂
    ってなんぞ?キチと読んでよか??

  2. 人間七七四年 | URL | -

    読みは「けんきょう」
    意味的にはこの場合、空気読めない奴とか思っておけばおk

  3. 人間七七四年 | URL | -

    空気読めずに父を追放したのか、空気読んで追放したのか…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    喧は「煩い・騒がしい」、狂は「狂ってる・危ない・激しい」と云う意味でも使われる言葉。
    ヤバイ人・DQNな人と云う読み方も出来る。

    つまり北条家としては、「本来は直接晴信さんへ言うべき事なのだけど、余り良い噂を聞かない
    人なので、今川家に姉婿なので仲介人になって貰い、この件を要請したい」と云うことですよね?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    政宗:煩い・騒がしい
    長可:狂ってる
    忠興:危ない
    家久:激しい
    こんな感じかな?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    なんだかギャグ漫画日和のOP曲を思い出すかのような・・・。
    みんな(被害者)目が(実際に)死んでる~大体そんな感じ~。

  7. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    政宗の家来「いや、」
    長可の家来「あれが、」
    忠興の家来「我が殿の、」
    家久の家来「平常運転です」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9212-f45377e2
この記事へのトラックバック