FC2ブログ

大樹寺由来

2015年04月18日 16:04

843 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/17(金) 18:52:45.37 ID:icpDxgOw
安城松平家初代の松平親忠は、勢誉愚底を開山として自身の菩提寺を建立した。
寺院は愚底によって大樹寺と名付けられた。

親忠は愚底に
「大樹とは将軍の唐名であるが、私の菩提所の寺号としてはどうなのだろうか」
と尋ねた。

すると愚底は
「将来この寺が将軍家の菩提寺となることを願ってこのような寺号をつけました」
と答えた。
親忠の末孫が愚底の言うように天下を治めることになったのは真に不思議なことである。


『朝野旧聞ホウ藁』収録の『大樹寺旧記』より、大樹寺の命名に関する逸話である。

江戸時代になってからつくられた話と言われれば信じてしまう程に出来過ぎな話だが、
松平氏は親忠の父の信光にしてもこういう類の願文を作っていたりするので、
新編岡崎市史でもこの話は真実としていいかもしれないとする。

なお、当時から将軍の唐名は大樹であったこと、
大樹寺は文明17年(1485年)には既に大樹寺と号していたことは間違いなく、
松平氏は幕府政所執事伊勢家の被官であったため将軍の唐名について
ほぼ間違いなく知っていたと思われる。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    願わなければ叶うこともないのは道理

  2. 人間七七四年 | URL | -

    個人的に「大樹」呼ばわりだと徳川より足利のイメージが先に出てくる。何でだろう?「堺大樹」とかのせいかな。
    「将軍」だったら迷わず徳川だが、確実に「暴れん坊将軍」のせいだ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    将軍様だと北の国になるが、
    将軍さま~だと一休さんの足利義満になる

  4. 人間七七四年 | URL | -

    松平って家康の何代か前にはすでに幕府の命令で畿内に兵隊を派遣したりしてたって話あったよね?
    これに限らず特に同盟とかしてない勢力を挟んだ離れた地域に軍を派遣した話がたまにあるけど
    こういう場合って道中の領主や村は素通りさせてくれるんだろうか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    上杉謙信や織田信長の上洛なんかもあるよね、こちらは軍勢引き連れてって訳じゃないけど

    後は大内さんのとこが大々的に京まで行ってるか
    応仁の乱の延長めいたところなんだけど
    年代的には戦国時代に片足つっこむどころじゃないからなぁ

    戦国時代でも時代と場所によりにけり?
    戦国大名が地域を(一応)独占的に支配しているかどうかというか
    そうでないかどうかというか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    俺は「剣豪将軍義輝」の影響でそうなってる。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    その手の話は、まだ室町幕府が機能してた頃の話を戦国期の常識で解釈した結果
    ズレた伝承に見えてる事が多い。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    北畠顕家みたいなこと戦国時代にやろうとしても不可能だもんな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9213-b8577567
この記事へのトラックバック