少将殿の仕置

2015年04月21日 18:21

678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/20(月) 19:44:21.09 ID:apEtfDEE
越前少将殿(松平忠直)の家臣に、小野某という者があった。
彼は越前家の江戸屋敷に老母を残していたので、江戸に参り老母に会いたいと思っていて、
主人の江戸参府の供に当たることを3,4年待っていたが、当たることがなかったので、耐え兼ね
今度は支配に願い出た。これによって支配より申し立てたものの、その時にはすでに供方帳も
決定していたため、この度は相成らぬという沙汰であった。

小野某は憂悶し、ついに主君の少将に願書を提出した。その文の中に『数年老母に対面仕りません。
この度は是非是非お供仕って江戸に参って、対面したいのです。』とあるのを、少将は見て
「是非是非という申し分、法外のことだ!」
と、大いに立腹し、「切腹を申し付ける!」と言ったのを、家老たちが諌め
「若輩者が不調法申し上げたことは恐れいったことですが、それは孝行の心より起こったことですから、
切腹のことは御免下さるべし」と、様々に説得したため、塩川七之丞の所にお預けという処分に成った。
そうして小野某は一間に入れ置き、足軽12人が呼ばれ、昼夜6人ずつで番をする事になった。

ところで、この塩川七之丞の妻は、同藩平塚左衛門の娘であったが、この平塚平左衛門の妻というのが
奸曲な女であって、塩川七之丞に嫁がせた娘にも、夫に対する様々な悪意を申し含めたため、
自然と塩川と妻の仲も悪化した。

ある日、平塚平左衛門夫婦が塩川の所に来て、ふとした事から塩川と口論に成り、追々言い募り、
ついには平塚平左衛門の妻が

「左様な者の方には大切な娘は置けない!たった今連れて帰る!」

そう言い出し、塩川の妻を引き立て連れて帰ろうとした、平塚平左衛門も止める様子もなく、塩川の妻も
拒む様子もなく、3人共に同意と見えたため、塩川七之丞は暫く黙然としていたが、
「今は免し難し」
そう言うと刀を抜き打ちに、平塚の妻を斬り殺し、次に平左衛門、並びにその娘の自分の妻の3人を
忽ち討ち果たした。

これを見て小野某の番人たちは大いに驚き、小野に向かって
「塩川七之丞殿、乱心と見え舅平左衛門殿夫婦並びに自分の妻3人を皆斬り殺した!きっとこちらにも
斬りこんで参るだろう。こちらに来ない内に早く立ち去れ!」
そう言ったが、小野は

「心配していただいたのは、忝く思います。ですが私は、主命によってこのように籠居している身です。
何事があっても、私は一歩たりともこの外に出ることは出来ません。」

自若としてその場を動かないでいると、そこに塩川七之丞がやって来て、3人を斬り殺した趣意を語り
「この事は家老衆に書き残して私は切腹いたす。さて、貴殿とは御亡父より懇意を申し上げる仲であったが。
対面も唯今限りです。」
そう暇乞いをし、それから届書を認め、元の座敷に戻りその封書を床の間に置くと、平塚平左衛門夫婦の
死骸の上に乗って切腹して果てた。

その後、小野某は山口太郎右衛門へお預かりと成ったが、塩川七之丞が3人を斬り殺した騒動の時、
番人の者達は皆逃げ退いた中、一人主命を守って動かずに居たのを感ぜられて、それから程なく暇を出された。
また、逃げた番人の足軽たちは、その時の当番6人全員が死罪となった。

少将殿は武辺者であるが、武辺者過ぎて仕置も厳しすぎた、と言われている。

(明良洪範)



679 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/20(月) 20:02:58.11 ID:lh78JhE4
この流れで暇を出されるのか…

680 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/21(火) 02:10:29.36 ID:sgD726Jq
江戸に行って親孝行してやれ…と言う意味かと思ってたが越前屋敷にいるんだな
この場合お母さんはどうなるんだろう

681 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/21(火) 02:13:59.64 ID:GmfWYMbu
暇を出されたって、禁固刑食らってたのを赦されたって事じゃないの?

682 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/21(火) 10:05:55.08 ID:UbkiBjMC
それなら赦免されたとか許されたとか記されてるんじゃね?

683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/21(火) 19:22:45.07 ID:d9ATDP9Z
原文見ても「何共なく只暇を出されける」
としか書いてないか
「いとまごい」の暇で休暇ってことだとは思うが

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    些細な問題が、殺生に及ぶのはよくある話だが、蟄居先で起こるのはレアか!?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    感心されて、クビになった
    というのはさすがにおかしいので、文字通り休暇を与えられたということだったのかも

  3. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    忠直「切腹させたい奴だったが、代わりに6人も死罪にできて気が収まったので召し放ちにしてやろうと思う」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    忠直卿も流石に徳川の血筋だけあって面倒臭い人と云う印象。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    葉隠でそのときは只今、只今はそのときで、絶えず覚悟せよみたいな話があるけど、本当にそうだな。
    いつなにが起こるかわからん。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    これは三河侍特有の面倒臭さとは違う気がする。
    これが権現様なら、正信が諌めて江戸へお供できるようになるか、そもそも始めからお供を認めてる。
    彦左だと最近の若いもんにしては見所があるとか言いそう。
    内政家なら「てめえは罰として江戸勤務だ」がありそうだが、大体は
    「それがしが代わりに役を務める故、江戸へいって参れ」
    「いや、それはそなたに悪いから断る」
    「いや、いけ」
    「嫌だ」
    で、喧嘩して有耶無耶が三河パターン。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    喧嘩の後でこいつら面倒くさいとして、
    やっぱり江戸へ行かされるわけですね・・。全員。

  8. 人間七七四年 | URL | Z3orHX/M

    逸話に出てくる三河武士って意外と頭は柔軟で融通きく連中
    体面を重視するあまり向こう気の強い頑固者を演じてるだけで
    その結果いざこざが起きるのもいとわないが、お互いわかってるからほどほどで収まる
    ね、「めんどくさい」でしょ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    トムとジェリーですねわかります

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    流石に個人の印象まで踏み込むのはどうなんだろうか?
    逸話は当人が読んでどう思うかじゃないかな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9216-4dafa48d
この記事へのトラックバック