九戸政実の乱始末

2015年04月29日 17:09

712 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/28(火) 21:26:57.19 ID:/7nFTWj5
九戸政実の乱において、蒲生氏郷を始めとする豊臣軍の寄手は政実の籠もる九戸城を激しく攻め立てたが、
要害である九戸城に籠もる兵たちは戦意も高く、これを攻略することは難しかった。

寄手は一旦退却し、その日は人馬を休め、明朝攻めるのだと皆が油断していた所に、氏郷は竹束を用意させ、
夜中に仕寄に竹束を付けた。これにより寄手の軍勢は手負い無く、城を攻めることが出来た。
蒲生氏郷は九戸城が屈強の地であり容易に攻めることが出来ないことを考え、竹束を付けたのである。

寄手は数千丁の鉄砲を並べて城を撃ちすくめると、城中は難儀に及び、ついに堪えかね
『降参仕るによって身命を助け、釈明のため京都に上がりたい』と申し出たため、
寄手の軍はこれを了承し、籠城衆を三ノ丸に移動させ、本丸を接収した。

九戸政実に警護の武士を置き、九戸家中の者達は三ノ丸の長屋に押し込めたが、彼らはそこで
焼き殺された。そこから逃げようとした者達は、弓鉄砲で撃ち殺された。
それは目も当てられぬ有り様であった。

蒲生氏郷記)

豊臣軍による、九戸城攻めと、そのの降伏後行われた虐殺についての記事である。



713 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/29(水) 00:47:32.81 ID:rz/ldAoa
浅野の介在が見受けられんね

714 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/29(水) 06:53:02.85 ID:cAcNPfvK
そりゃあ、力攻めじゃ無理だったので騙し討ちにしましたじゃ、物語的に蒲生ageできなくなるし

715 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/04/29(水) 17:50:47.03 ID:oAb/VsFW
よほど特殊な例でもない限り、記録って自家や自分に関係ある武士を持ち上げるために書かれるようなものだからな

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    実際の調査では二の丸跡から斬首された十数体の人骨が出土してる。
    南部氏の史料だと二の丸で撫で斬りにしているので整合性があるが、
    蒲生さんのはちょいと疑問符が付くね。

  2. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    ※1
    三之丸跡で焼死体が発掘されて初めて整合性が成立する逸話、というわけだな?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    九戸の乱で唯一良い逸話残してる津軽ってすげーわ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    でも津軽家って、この討伐劇にちゃっかり参加していると言うべきポジだから
    武将としては当然の行いでも、個人からはやっぱり良い目では見れないw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    この時期の豊臣政権に対して出兵拒否なんて死亡フラグそのものだし
    その事で津軽は責められんわな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    >出兵拒否は死亡フラグ
    そんな事は当たり前。津軽家にしてみれば本当の独立勢力になるチャンスなのだから。
    その前に南部家が混乱する切欠の一つが為信の横領。しかも九戸家とも繋がってる。
    その過程で余計に南部家は迷惑を被ってる。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    津軽の横領の前に南部が家督の事で揉めて津軽地方の統治顧みなかったのが悪い
    津軽よりも南部が全ての元凶だよ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6、※7
    お二人の出身はもしかして
    それぞれ八戸、弘前でしょうか?

  9. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    津軽というと真っ先に浮かぶのが石川城攻めのアレでにんとも

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    俺も津軽=石川城攻め連想してどうにも好きになれない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9240-fbba7246
この記事へのトラックバック