雑談・猫のこと。及び「着甲武人猫散歩逍遥図」

2015年05月09日 16:25

972 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 19:58:33.58 ID:aFL52Cpv
そういえば、なぜ天庵様の肖像に猫が描かれてたんだろうな?w

973 名前:952[sage] 投稿日:2015/05/08(金) 20:24:15.46 ID:b9rT7A+e
>>969
有馬晴信から献上された白い南蛮犬(種別は不明)を豊臣秀長に贈った話や
犬の盗難(誘拐)が20年以上続く紛争の原因となった話等が紹介されてます

>>972
手元の「日本史リブレット79 史料としての猫絵」(藤原重雄、山川出版社)によると
中国において画のモチーフとしての猫は「猫」の音が「耄(=70歳)」に通じる為
長寿を祈った吉祥紋として扱われていたそうなので
天庵様の肖像画が生前に描かれたものであるならば
肖像画の依頼者が天庵様の長寿を祈念して追加したモチーフであったのかも?

974 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 08:00:31.89 ID:GliAvMxg
ネコの旗印とかなかったのだろうか。

975 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 08:43:55.67 ID:WSvHIZfR
972
天ニャン様「甘いな、そっちは影武者だ!」



976 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 13:16:37.21 ID:OAt7JLjh
「着甲武人猫散歩逍遥図」
http://livedoor.blogimg.jp/montagne104/imgs/0/a/0a793834.jpg
0a793834[1]

『箱書に「全道公 画像一幅」とあるが、画面に賛はなく「全道」なる人物の来歴も不明である。
武装した人物が猫を連れて逍遥するという珍しい画像であるが、
その姿が近世の逸話集である「昌山記談集」の中に見る
「猫田兵庫、大なる耳の張掛けたる兜に黒糸の具足を着て、金の札たる物之具を着し猫を傍らに置けり云々」や、
「江古田兵庫、二つの山の連なりたる兜の耳の如く作りたる」等との記述と一致する事から、
古くから像主を猫好きの領主として知られる江古田兵庫智則とする説がある。
描かれた猫について、一部にこれを江古田の飼い猫であった陀美とする向きがあるが、
陀美の毛色は銀色に黒島模様の銀鯖である事が複数の記録で確認されており、
黒猫である本像は陀美以外の猫であると考えられる。』

・全道なる人物については江古田が晩年になって出家した時の名乗りと解釈する向きもあるが、資料的な裏付けは無い。
・陀美の名称については壇美、陀巳などの表記もあるが、混乱を避けるためにすべて陀美で統一した。
・猫の耳の兜は一説に猫ではなく、江古多の飼育していたミミズクに由来するとの説もある。
・以上は作品に付属するダミー・キャプションであり、すべての事柄は実在しない。

『野口哲哉ノ作品集 「侍達ノ居ル処。」』野口哲哉(青幻舎、2014)より



977 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 13:20:52.13 ID:qwyMLxav
これはまた・・・

978 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 13:43:19.98 ID:WiyUhLbp
>>976
滲み出る変態臭

979 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 14:29:04.64 ID:TZCtA+IU
巨大な空白のせいでさらにシュールになってる

980 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 14:34:41.26 ID:vl8bVCWM
手の所作がもうね
よく出来てんだか適当なんだかわかんねぇな

981 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 16:34:04.13 ID:WSvHIZfR
>>973
感謝
>>976
猫に連れられた松平信一?

982 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 18:55:02.05 ID:AiOUl/j2
犬、猫、鷹、蛸・・・戦国時代は動物達もなかなか強烈なんだなぁw

983 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 19:18:27.97 ID:824ukr5Z
見よ、甲冑武者のこの軽妙なステップを

984 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 20:03:08.18 ID:uAS/sb+p
蛇「オレだけ酷い目にあってるのは、気のせい? 食われたり、しょうもない刑罰の道具につかわれたり・・・」

985 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 20:21:56.85 ID:gBc+Uj8Y
976はちゃんと誤解をといておけよw

986 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 20:25:04.46 ID:r///kMKk
http://www.amazon.co.jp/dp/4861524296
この紹介を見たらわかるだろう

987 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/09(土) 21:54:31.26 ID:yALDrCRD
>>976
これを見にきた

スポンサーサイト


コメント

  1. 人生七七四年 | URL | -

    野口哲哉氏の作品なら是非、人形も見て欲しい。
    ウォークマンに聞き惚れる武士、BOSS缶の甲冑武者など、
    ぱっと見は普通、よく見ると「んっ?」w
    しかし違和感がないから不思議。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    えっこれどういう事なの
    説明文の最後の一行何なの
    画中の猫がとてもイキイキしてるんだけど

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>2
    つ「嘘字幕シリーズ」

    出典「民明書房」と同じで作品の設定(フィクション)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この変態の画像も含めて全部現代のものってことか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    民明書房で納得した
    猫の名前の陀美ってタビー(縞柄)ってことなんだろうし
    絵と説明文が無駄に上手いな畜生wwwwww

  6. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代のオトモアイルーですね、わかります!

  7. 人間七七四年 | URL | -

    犬兜、熊兜、猪兜、兎兜、牛兜、海老兜、カニ兜、コウモリ兜、鹿兜は、見たことがあるが、猫はないなあ。

    権現様の鎧兜で熊毛のやつがあって、形状的に毛むくじゃらで、マンモス兜(大水牛)と陰でこっそり呼んでるけど、猫はない。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    背景のリアル感にやられたw
    最初どこの寺の保管物だろうって思ったww

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    実は976のネコミミ兜は実在するんだ。本当は猫じゃなくてみみずくだが。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    画像を拡大してみたらちゃんと哲哉筆って書いてあった。
    こういう遊び心のあるのは大好きだ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    たしかに民明書房的ネタなのだが、

    >「日本史リブレット79 史料としての猫絵」(藤原重雄、山川出版社)

    は本当に実在する本なのか。興味出てくるじゃないかw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    米9
    雷電「し、信じられんあの伝説の猫耳兜が実在するとは…!」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    >「日本史リブレット79 史料としての猫絵」(藤原重雄、山川出版社)

    こっちは実在したぞwww800円也
    ISBN:978-4-634-54691-2

  14. 人間七七四年 | URL | -

    スレ違いですが、猫絵といえば、新田岩松家の殿様のことを思い出します。

  15. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    ※5
    俺は「陀美」は「ダミー」って意味だと思ってたよ。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >着甲武人猫散歩逍遥図
    このルンルン気分的な感じが凄く好きだな。特に左手部分w
    これに関連した鎧猫のデザインも絶妙過ぎて、本当にあったんじゃないか?
    と思えてしまうのが凄い。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    江戸時代の新田岩松家の殿様のアルバイト「新田猫」画の作成と販売の事ですね
    バッチリ「日本史リブレット79 史料としての猫絵」中で言及されてますぜ

    ※16
    流石に戦国時代には無かっただろうけど

    カナダの現代金属加工アーティストJeff de boer氏のwebサイトで
    猫(&鼠)用甲冑として作られた作品群の写真を見ることが出来ますよ
    トップからgallary→cat and mice の項目にとぶと
    和風甲冑のSamurai Siamese(2005)をはじめ
    素敵な猫用甲冑作品の写真が多数掲載されてます

  18. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    岩松の殿様の猫絵って、確か前に逸話が出てたよね?

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※17さん
    >猫甲冑
    情報有難う。ちょっとだけ笑いと癒されたわw

  20. 人間七七四年 | URL | -

    松平信一と同じ兜かな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9257-4d734f18
この記事へのトラックバック