戸部正直の事

2015年05月16日 12:51

784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/15(金) 21:45:50.95 ID:0G9Jqipm
戸部正直の事

雄勝横堀の戸部正直は太平の世に地方に生まれ、活躍の機を逸したと幼い時から憂いていた

正直は手習いで往来物や軍記に触れる機会があり、親から寝物語に聞かされていた最上旧臣だった先祖(戸部忠直)の活躍を知りたい思いが強くなり、15の歳に各地へ遊行を始める

各地の縁側(年配者)に戦国の世の話を聞き廻り、秋田に移封される前の佐竹一族の話の聞き取りのため水戸に出向いたときに大日本史を編纂中の徳川光圀に招かれ、その収集話の多様さから奥羽の歴史の草分と讃えられた

その後徳川光圀が江戸城に登営の際、秋田藩主佐竹義處に「…そういえば一敢斎(戸部正直)は元気かね?」と尋ねられるまで、佐竹義處は正直の事を殆ど知らなかったという

正直は「奥羽永慶軍記」を完成させ、徳川光圀に献上したところ、御礼に喜びの手紙を頂戴し、また藩主佐竹義處にも軍記を献上し、こちらも大層喜ばれたとか

原本は残っていないものの「奥羽永慶軍記」は江戸時代の庶民は言うに及ばず、武家や大名にも好評されたという話である

「秋田の昔話」




785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/15(金) 21:58:22.18 ID:0G9Jqipm
戸部正直の年齢を考えると、徳川光圀とは会談できても、山野辺義忠・義堅親子と会えていたかは難しそう(最上繋がり)

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/15(金) 22:44:01.72 ID:ZGW76P+0
婿殿…

787 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/05/16(土) 11:55:49.89 ID:x2L7GZMu
>>784
手紙だけ! ケチッ

スポンサーサイト


コメント

  1. 人生七七四年 | URL | -

    >>787
    外様大名の領地のド田舎下級武士で名もない在野の一研究者が
    家康の実孫かつ徳川御三家の中で最もめんどくさい爺さんから
    直接礼状を貰ったんだぞ?
    金銭には変えられない名誉だと思うが?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    正直者が得をしたお話

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9272-f52f73ca
この記事へのトラックバック