竹中重門の書く本能寺の変

2015年06月03日 14:35

868 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/03(水) 00:01:53.21 ID:rHAXdTQh
昨日は本能寺の変の日だったので、関連の逸話を。


備中高松城を攻めている羽柴秀吉より、安土の織田信長に、備中に軍を出すことの要請が来ると、
信長は自身が軍を率いると伝え、5月に嫡男の信忠とともに都に上り、三条の本能寺に宿泊した。

その頃、明智日向守光秀は丹波国の主で亀山という所に居住していたが、織田信長に恨みがあったのか、
彼を討とうという心を日頃から差し挟んでいたが、よき折と思い立って、6月1日の夜半より兵どもを進め、
大江の坂を越えて、2日の夜明け頃、本能寺の四方を囲み攻め立てたが、本能寺には警護の武士すら無く、
塀も一重すら満足に構築されていなかったので、防戦にすら及ばず、信長は自害し、寺に火をかけ共に
煙と上った。

織田信忠は妙覚寺という寺に居たが、信長が自害したと聞くと、
「明智がここにも攻め寄せてくるだろうが、ここでは防ぐことも出来ない。どうすべきか」
と家臣たちに問うと、「親王の二条の御所(二条城)こそ宜しいでしょう」と人々言うので、
であればと、親王を御輿に乗せて内裏に避難させ、信忠は二条御所に移った。
本能寺で信長とともに死ねなかった者達もここに集まった。

明智軍はたちまち攻め寄せて戦ったが、この二条御所も築地一重ばかりの防御しか無く、
一方、明智の兵は具足に身を固め弓鉄砲を先に立て攻撃した。
信忠の侍達は、一重の防塁では戦うに便無く、信忠もここに自害した。

都のうちは、墨をすったかのような状況だった。今朝までは、誰がこんな事が起こると
予想しただろうか。手のひらを返すよりも早いのは世の転変であり、今も昔もそういうものだと
言いながら、驚きあうのも理ではないだろうか。

明智日向守光秀は、美濃国土岐郡明智という里に生まれ、昔は土岐の一門だったそうだが、
光秀の頃には貧しくなりはて、下郎の一人も持たず、越前国などをさすらっていた。
そんな中、思いもかけす信長に宮仕えし、思いにかない、近江の志貨郡を知行し、坂本という所に
城を構えた。天正6年の頃には丹波国を攻め、波田野などという国人たちを討ち滅ぼし国の主となり、
さらに西近江をも知行した。

このように時めき富盛したというのに、なお飽きたらず日本を取ろうと信長を討ったこと、
欲心によって道を損ない名を汚し、浅ましいとしか言いようがない。

明智がやったようなことは、なかなか起こるものではない。信長がこんな事に成るとは知らず、国を与えて
かえって滅ぼされてしまった事は、人を知ることが明らかでなかった科であろう。
与えれば恵みを破るなと、孟子が言っていることも理であろう。
(豊鏡)

竹中重門の書く本能寺の変についての記事である




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | /KoANL1I

    この信忠のくだりを見ると毎回思う。
    普通、計画的謀反だったら織田家現当主も同時に襲わないか?と。
    信忠の行動が後世の捏造なのか、光秀の謀反が突発的なのか、明らかになる日は・・・来ないわなw

  2. 人間七七四年 | URL | -


    なるほど…畳の上で糞尿を垂れ流しながら噺を聞くとこういった思考にたどり着くのか
    参考になりました重門さん

    なお馬に乗ったまま…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    信忠の行動は複数の史料でこうなってるから、まず間違いないだろう。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    新暦採用以前の事件や人物の命日って今は新暦で統一して考えるもん?それとも、旧暦換算して考えるもん?
    ずっと疑問に思っているが、考えれば考えるほどわけがわからなくて困る。
    ちなみに、信長ファンの知人は新旧暦両方の日付で年に二回、追悼イラストを描いたりしている。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    結果論だけ見れば、明智軍団だけだから京の包囲網は穴だらけだったけど、死ぬ筈の無い時期に
    親父さんが討ち死にして、今度は自分の方に迫ってきてると報告受ければ、普通は「最早これまで」と諦めざるを得ない状況かな?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    親子同時期に死んだ場合のケースを並べて検証するが宜しいかと

  7. 人間七七四年 | URL | -

    少なくとも信忠から見たら、京が包囲されてるか穴だらけかは知る由もない。
    だから、あの明智なら鼠も漏らさないはずと深読みして、無様に逃げるより戦って死ぬ選択をした、みたいに記述した史料もあったよね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    実際は連歌会で
    「本能寺の堀の深さってどのくらいだっけ?」
    とかうっかり尋ねちゃったり、
    粽皮ごと食べちゃったりするくらいテンパってたぽいのにな、光秀さん

  9. 人間七七四年 | URL | -

    竹中さんからの視点だと、あの待遇で下剋上しちゃうんだ。。。って感想なんだな
    興味深い

  10. 人間七七四年 | URL | NgDLdiQA

    お題 「豊臣政権下で『本能寺の変』について個人的見解を述べよ」

    に対する模範解答みたいな感じだな、とりあえず「明智の欲心」と言っとけばOK的な
    部下にどう言って信長を討つことを伝えたのか、討った後にどうするつもりだったのか等の
    疑問について思慮を巡らせてはならんらしい

  11. 人間七七四年 | URL | -

    「墨をすったかのよう」
    ここが興味深い表現

  12. 人間七七四年 | URL | -

    信長、明智の両者を批判してるところが良いね

  13. 人間七七四年 | URL | -

    そう言えば、明智側に付いた(付かざるを得なかった?)武将の中にも秀吉側に
    降伏した武将も居るのに、当時で「これが明智氏が謀反した理由です」と明確に
    記述した人って居ませんね?(例えば京極高次とか)
    それだけ付いた側も「何が目的なのか」が不明だったのですかね?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    墨をすったように
    って、水がどんどん黒くなるように混乱が広がったって感じか?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    信長を討った後の行動が付け焼き刃的というか。
    目的意識があまり感じられないんだよな。

    信忠はさっさと逃げ出しら、
    わりと簡単に逃げ切れた気がする。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    普段の用意周到な明智感が本能寺前後はないんだよな
    事前の根回し一切無し、事後の引き込み工作もgdgdの極み

  17. 人間七七四年 | URL | -

    親父が逃げると決めたら徹底的に逃げる人なのに、息子は親父の最大の長所を受け継がなかったのかなぁ。有楽がすんなり逃げたあたり、あがけばどうにかなったんじゃないかと思うが。当主としての矜持が邪魔したのか。

  18. 人間七七四年 | URL | NgDLdiQA

    ※13
    明智側の人間でも、本能寺に居るのが信長であるとは知らなかったという記述が存在する。
    むしろ信長の下命で謀反人を討ち取ろうとしていた節がある(その時点では徳川家康辺りじゃないかとも噂していたらしい)。

    案外「誰かが明智を騙して織田信長を討たせた」結果、思いもかけない自体と窮地に陥って明智が事後策に駆けずり回って周囲に救援を乞うたとか、その辺りが有り得そうな展開に思える。
    この視点で考えると、どう考えても怪しいのはラスボス。或いはラスボス+家康コンビ。

  19. あおはす | URL | -

    ※8
    本来トンデモ説であるべき
    「光秀認知症説」がシャレにならなくなりつつあるな・・・

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※17さん
    普通「自分達」を討とうとしていると云う状況。しかも相手が明智光秀。
    親父さんも討ち死にの報が入れば、普通は逃げられる状況と云うのは
    考えが及ばないと思いますよ。当然当主として降伏もありえない。

    源五さんも玄以ちゃんも逃げれたのは、明智軍団だけの兵数では京を包囲
    する事は不可能と云う結果論。ある意味たまたま成功した結果ですし。

    ※18さん
    そんな説もあるのですね。確かに狙える人間を絞れば、
    その二人くらいしか居ないですよね。
    ただ、このタイミングでそんな事をするメリットは思い浮かびませんがね。

    なら、自分は小田天庵主犯説を捏造してみる。
    理由「織田と小田って分かり難いんで、光ちゃん騙して討ちました」

  21. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    いくらなんでも天庵さまで捏造するには無理があるぞw
    まだ氏政に媚売って佐竹に突っかかってるときじゃないかい

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    こんだけ分かりやすく「ネタですよー」ってサイン出してるのにマジレスとか外道すぎる

  23. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ネタにもならんじゃろ

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※23
    それを決めるのは君じゃないだろ?
    捏造言ってるのだから、年代とかは
    スルーすれば良いだけ
    歴史知ってる感を前面に出しすぎると
    ウザいだけだよ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    豊鏡の原文では

    ~「興ふれば恵みを被る。」など孟夫子の言いえるも理なり。

    となっている。
    (出典:近代デジタルライブラリー日本文学大系校註. 第13巻コマ番号207左ページ9行目
     漢文:孟子曰可以興可以無興興傷恵)

  26. 人間七七四年 | URL | -

    明智光秀「『時知りて、雨が滴る、五月かな』…、な~んちゃってな!」
    溝尾庄兵衛「なるほど、判り申した」
     
    斎藤利三「溝尾殿の話しでは我が殿は天下を欲しておるようじゃ、即ち敵は本能寺に有り!」
    明智光秀「はぁッ!?何言ってんの!!やめっ…止めてー!!」
     
    溝尾庄兵衛「殿が亡くなられた…、やってしもうた…。
    そうじゃ、腹を切ろう、そうすれば儂の責任にはならぬはずじゃ!!」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9301-87f7b92b
この記事へのトラックバック