以後、桑名城下は

2015年06月17日 13:30

938 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 00:14:07.52 ID:W70920PV
本多美濃守忠政が伊勢桑名城に在った時、幕府の公金の輸送があり、その荷物が桑名城下を通り、
今晩は城下に宿泊するという事になった。この時忠政は指図して、

「御金の荷物を城下の宿舎に一夜置くというのは不用心です。城内に入れ置くように。」

と、一行に伝えた。金奉行始めこの一行は提案を大いに喜び「今晩こそ安堵して眠れる!」と
早速城内に持ち込み、奉行、差添えの者達は城下の宿舎に戻って睡眠をとった。

さて翌日、奉行たちが御金を受け取りに城内に行くと、忠政出てきて金奉行に言った

「我ら近年不勝手に相成っていた所、幸いにも御金が来ました。よって昨夜の金は、そのまま我らが
拝借仕る。もっとも、お手前の不調法にならぬように、今朝江戸表にこの事を知らせる使者を立てました。」

金奉行および差添えの者達は大いに驚いたが、忠政は大名であり、金奉行は小身者であるので
さすがに口論も出来ず、その旨を京都所司代の板倉周防守(重宗)に申し立てた。これより江戸表に
お伺いを立てた所、これを聞いた将軍秀忠は笑い出した

「美濃守が城下の旅館では不用心と、城内に入れさせたのは計略である。金奉行の者が
尤もと心得て城内に持ち込んだのは、計略に陥ってしまったものである。
美濃守は一旦城内に入れた金子を再び出すような性格ではない。まあいい、貸して遣わせ。」

こうしてこの件は決着した。以後、桑名城下は公金の輸送が決して通過しなくなったそうである。

(明良洪範)




939 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 02:02:04.82 ID:LtKvEyJd
姉も姉なら弟も弟か・・・

940 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 10:01:52.07 ID:1eeJbUS9
あの親父はどういう教育をしてたんだ?

941 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 10:03:08.63 ID:yAcR5MEi
>以後、桑名城下は公金の輸送が決して通過しなくなったそうである。

ワロタw

942 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 13:00:43.30 ID:jxbQ0s9G
>>940
槍への蜻蛉のとまらせかただろ?

943 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 13:51:44.67 ID:Ojl85Zqh
秀忠も太っ腹だなーw

944 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 14:06:19.75 ID:tqWGlp97
わしの命は殿のもの
だから殿のものはわしのもの

945 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/18(木) 11:57:20.09 ID:RfU0esW0
ちゃんと返済されたんだろうか?

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これ読むと姫路に栄転になったのって
    江戸~京・大阪の間に置きたくなかったから飛ばされたんじゃないかと思ってしまうw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    借りただけ、借りただけだから

  3. 人間七七四年 | URL | -

    K〇MATSU「忠政、やるんならもっと上手にやんなよー。」
    某伊豆守「・・・オレは何も見てない、何も聞いていない・・・」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この本多忠政って人、金がらみのトラブルの逸話ばっか伝わってるね。
    よっぽど軍役が厳しくて万年金欠だったのかね、贅沢してたようにも、浪費が酷かったようでもないし。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    地方の市長が現金輸送車の公金をだまし取るようなものか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    忠政「金奉行から公金を奪い取った」
    小松「大名行列から貢物を奪い取った」
    忠勝「近くの村から村長を掻っ攫った」

    忠朝「マトモなのは俺だけか」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず笑うな秀忠

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    (相手が相手だけに)笑うしかなかったんじゃなかろうか(適当)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    諸葛亮「城門は開けておきますのでごゆるりと通られい」
    周瑜「かたじけない」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠が笑い話で済ませたから、誰も腹を切らずに済んだってことだろう。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    こなんだの米欄の話じゃないけど、徳川家って譜代への知行こそ抑えられてるけど、こういうことは結構許してるよね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    金奉行「その手は桑名の焼き蛤」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    もちろん忠政がひどいんだけど、桑名や長島って今行っても、ここは土地が痩せてたんだろうなってわかるような地域だからな

  15. 人間七七四年 | URL | MExl2.3s

    オチが付いていて酷いけど笑ったw

  16. 人間七七四年 | URL | -

    横領もここまで堂々としてると褒めるしかないなw

  17. 人間七七四年 | URL | -

    K〇MATSU「ほらぁ、褒めてくれてるよ?」
    某伊豆守「だ~か~ら~、オレに振らないでよ(T_T)・・・」

  18. 人間七七四年 | URL | -

    桑名って東海道唯一の海路における宿場だったような
    幕府にとってはここを任せるのは幕府の信頼の証でもあるだろうし
    それだけに公金輸送が通れないのは本音では不便・不快だったろう

    そう考えると※1の言うように姫路への移封は栄転なのか疑問に思えてくるw

    ただ当時のあのあたりは水害も多かったはずだし
    治水のための支出も相当だったろうから秀忠も許したのかも

    あと※4とかぶるけど
    忠政って逸話で見る限りでは小物くさい策略してばっかりだよね

  19. 人間七七四年 | URL | -

    忠政「金奉行から公金を奪い取った」
    小松「大名行列から貢物を奪い取った」
    忠勝「近くの村から村長を掻っ攫った」

    某伊豆守「女房の実家はこんなのばっかか?」
    忠朝「申し訳ありません、義兄上」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9322-9503fef8
この記事へのトラックバック