FC2ブログ

播州佐用郡より以徹尊老禅室下へ 黙然(吉川元長)

2015年06月18日 18:46

195 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/17(水) 23:42:17.52 ID:SvDsH68R
播磨の上月城攻めに出陣中の吉川元長が、非常に親しい間柄である西禅寺の以徹に書き送った書状がある。
そこからは対織田最前線の戦況とともに、意外と御茶目な元長の人柄を垣間見ることができる。


播州佐用郡より以徹尊老禅室下へ 黙然(吉川元長

お送りいただいた翠の硯を拝覧いたしました。恐悦であります!恐悦であります!恐悦であります!恐悦であります!!
お互いに伊勢物語の歌のようにございますな!おもふ事も我にひとしき人なければ、言わで止み申し候。誠にをかしいですね!
(伊勢物語の歌・・・「思ふこと言はでぞただにやみぬべき 我と等しき人しなければ」)

一、この山に陣を張って以降、通信が不自由で誠に心外ななか、御音信をお預けいただいたこと心より感謝しております。何分遠方ですのでご容赦くださいませ。
書面を見るに具合が悪いようですが、いかなることかと心細く思っております。
ご来翰の際にはぜひ詳細をお教えください。

一、この山に陣取ったのは4月18日、敵が陣取ったのは5月4日です。

一、老臣が申すところによると、こちらの人数は3万に及ぶとのこと。敵は1万以内と見受けられるとのことです。

一、この陣の普請、陣取、切搦にあたった諸侍に対し、公方様が真木島昭光を通じて感状を差し出されました。各々ありがたく思い、お役に立つべく覚悟を新たにしております。
この様子、そして陣中の若者たちを尊老のお目にもかけたいものです。

一、我らごときものが申すことは、皆に取り上げられませんでした。追って詳細を申し上げます。

一、この山陣はことのほか霧が深く、用心が悪いです。でも風情はありますね。

一、城内には(尼子)勝久・(立原)源太・鹿以下の者が籠っておりますが、水・兵糧は全く無いと落人が申しております。

一、敵陣にいるのは羽柴筑前守先木下藤吉郎・荒木以下です。

一、この間、伊勢の滝川と申す者と佐久間の両人の所と、羽筑(秀吉)・荒木の所へ狂歌を送ったと聞きました。

あら木弓はりまのかたへおしよせて いるもいられず引もひかれず

なにしおふさよ(佐用)の朝霧たちこもり 心ぼそくも鹿やなくらん
一笑々々

一、尊老のことを朝夕懐かしく思っておりますが、目的はもちろん果たしますよ。
色々と取り乱しておりますゆえ書面は整っていませんが、我らはことのほか気分よく過ごしておりますのでご安心ください。
なお後の喜びを期しております。恐惶謹言。

(天正六年)五月晦日 花押



202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/19(金) 10:26:13.57 ID:soOODYAu
>笑々々

これはwwwという意味だな?

203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/19(金) 21:42:46.88 ID:I2LVEqUk
>>202
「一笑々々」だよw
意味はあってる。

スポンサーサイト





コメント

  1. 名無し | URL | -

    長〜い間抵抗した尼子の残党にようやく止めを刺すところなのに以外とのんびりな感じなんだなw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ゲヒ殿→利休の書簡かと思った。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    恐悦であります連呼も原文にあるのかな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    一、我らごときものが申すことは、皆に取り上げられませんでした。追って詳細を申し上げます。

    これかな?
    「この時、吉川元長は父の元春に」
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6471.html

  5. 人間七七四年 | URL | -

    3殿
    大事なことなので原文でも4回言いました!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    元長さんは若死にしてしまった為にその分弟の広長さん有名になってしまい、
    今一実像が分かり難かったのですが、こんな一面があった方だったのですね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    長生きしてたら大毛利の運命も変わってただろうなって人。
    若い頃トラブルメーカーだった広家と違って
    しっかり者だったようだ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    間違えてしまった広家だったw切腹ものですな自分。

  9. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    親父と同じく文武両道で品行方正な人だったらしいな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9324-31be56fd
この記事へのトラックバック