曽我助興は只者ではない

2015年06月20日 15:21

205 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/20(土) 00:26:47.36 ID:j0eYCWS1
慶長8年、徳川家康公に将軍宣下があった後、永井直勝に命じて、この新しい将軍家の書式法令等の
制定が命ぜられた。しかし当時、そのような故実に通じた人間は関東に居なかったため、当時の故実者である
細川玄旨法印(幽斎)に室町将軍家の儀式作法を質問した所、当時、有識者の間で評価の高かった
曽我又左衛門助興を推薦され、これを召し出すことに成った。
彼を中心に、徳川家の制法を元に改正され、御内書、御奉書の令式その他、将軍家の法令が定められた。

総じて神君が、甲州を手に入れられた時には武田家の法令を以って甲信駿に掟され、その後
関東に入られた時は北条の家法を用いられた故に、速やかな治平を成し遂げられた。
ただし、年貢のことだけは三河の旧例を用いられて、軽い収納のみ行っていた。
このことだけは古から代えなかったので、諸民もその御恩澤に浴して『この君万世』と謳ったのである。

ところで曽我助興について、彼はもともと室町将軍の牢客であった。そのような人物が新たに
幕府に召し抱えられたため、関東の諸士は彼を軟弱な京都の者と思って侮った。
ある時、土井利勝が座興に彼に聞いた。「あなたは有名な曾我氏の子孫ですが、曽我兄弟について、
実家に伝えられていることはどあるでしょうが、兄弟について世上に言われていることをどのように
考えていますか?」

曽我はこれに
「そうですね…、私は若輩者ですから、曽我兄弟が何をしたかなんて覚束きません。」

この答えを聞いた時、一座の人々は彼が只者ではないことを初めて悟り、感服したのである。

(明良洪範)

何故



206 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/20(土) 13:10:57.03 ID:HPlK6aeZ
「仇討ちで高名な曾我兄弟の末裔でありながら、それを誇らないとはこやつ只者ではない…ッ!」
って事?

207 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/20(土) 13:14:02.15 ID:HPlK6aeZ
あ、末裔じゃないや間違えた
「曾我兄弟の仇討ちで高名な曾我の一族」か
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    日本三大仇討ち

    曾我兄弟の仇討ち
    伊賀越えの仇討ち(荒木又右衛門の仇討ち)
    忠臣蔵(赤穂浪士の討ち入り)


  2. 人間七七四年 | URL | -

    日向の伊東さんも
    曽我一族の子孫だったっけ
    あれ?成敗された方の子孫だったっけかな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    イエス、そのとうり、曾我氏と伊東氏は同族です。
    成敗された側、工藤祐経も同族ですな。
    より厳密にいうと、みんな藤原南家木工頭為憲流の一族です。
    木「工」頭の「藤」原氏で工藤氏、それが伊豆国伊東に移り住んだのが、伊東氏のはじまり。
    為憲流には他に入江氏や、その同族の吉川氏なんかもいるね、ここらは駿河国に移り住んだ一族ですが。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    どなたか、この曽我さんが何年生まれなのか
    教えていただけませんか?

    若輩者と自称していますが、故実に通じているなら
    普通なら年長ではないかと思いましたので。

  5. ※3 | URL | -

    ぐわっ、間違えた!曾我氏は桓武平氏だった!
    曾我兄弟の実父、河津祐泰は伊東氏であってるけど、養父の曾我祐信は千葉氏の出身だった・・・面目ないので三方ヶ原で山県んところに突撃してくる!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    先祖に有名人がいれば、それを見てきたかのように誇るのが一般なのに慎んだからなのかねぇ

    ※4
    全然わからんね。
    曽我又左衛門で検索かけたら島原の時にも幕吏として名があるみたいだから、同姓同名か名を継いだ子や孫じゃなければ、歳いってても40とかじゃなかろうか。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    家康「そうですね…、私は若輩者ですから、源氏一門が何をしたかなんて覚束きません。」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    岩松守純「へぇ~そうなんですか(白目)」

  9. 人間七七四年 | URL | PkqZq2iw

     上条上杉家 上杉義陳(よしつら 1660-1705)の妻が曾我助興の娘
     元禄16年(1703)の文書で存命確認 播磨守らしい。
     逸話では慶長8年(1604)に召し出されってことだと生年はそれ以前になるが、長寿なのか2代続けて助興なのか。

     室町幕府に仕えていたのは 元助-助乗-尚祐
     曾我尚祐(1558-1626) 通称は又六郎。著作に「座右抄」「曾我流書礼」


  10. 人間七七四年 | URL | -

    親忠の頃からワイは源氏や言ってたらしいけど、源氏ではない証拠もないよね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    武田や佐竹のようにハッキリとした係累ならともかく
    小領主による自称レベルだから、その当時にどういう意図で
    そう称していたかの方が興味深い。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9326-7664a4ca
この記事へのトラックバック