FC2ブログ

天文十六年、稲葉山城の戦い

2015年06月22日 18:10

959 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/06/22(月) 04:31:43.64 ID:MTMHuJgH
初めて書き込むから色々至らないかもしれないけど

天文十六年(1547年)九月三日、織田信秀は尾張の国中の兵を指揮して美濃の国へ侵攻した。
村々に火を放って、九月二十二日に斎藤道三の居城、稲葉山城の城下の村々に寄せ焼き払った、そして町の入口に詰め寄った。

その時既に暮方、申の刻(午後四時程)になって軍勢を撤退させる事となり、兵を引き上げようとしたところ、
斎藤道三の軍勢が南へ向かって切りかかってきた。

応戦したが、多くの兵が崩れたってしまったので支えることが出来ず、
信秀の弟織田信康、織田因幡守、織田主水正、青山与右衛門、千秋季光、毛利敦元、長老寺沢又八の弟、毛利藤九郎、岩越喜三郎を始めとして、歴々五千人程が討死した

960 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/06/22(月) 04:33:03.92 ID:MTMHuJgH
↑出典書いてませんでした、信長公記です




961 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/22(月) 04:52:59.70 ID:wOzHKolz
千秋て熱田の宮司だっけか
で痣丸だかなんとかいう業物の刀もって勇んでたら、逆に眼を突かれて死んじまったとか

968 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/22(月) 10:20:32.13 ID:9azGNfky
千秋季光→戦死(稲葉山城攻め)
季直(季光の嫡子)→地味に戦死
季忠(季光の弟)→戦死(桶狭間)
季信(季忠の嫡子)信長へ戦への参加を希望するも、さすがに信長も
「お前もういいから神職に徹しろ」と言って止める
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-903.html

熱田の千秋家って森家並みに壮絶だな

970 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/22(月) 11:23:10.01 ID:AfqW6Ix5
>>968
たしか季忠って佐々政次とともに無謀な突撃を敢行して玉砕するんだよな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    千秋家ってどうしてここまで信秀信長に忠実なんだろう
    斯波義達の遠征失敗で今川が名古屋まで占領してた頃に嫌なことされて
    今川から解放してくれた信秀に大きな恩を感じていた、とか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    家忠日記の家忠さんも本人含め三代くらい連続で徳川家のために討ち死にしてるよな
    フォレストガンプのダン中尉もたしか代々アメリカのために戦争で死んでるのを誇りにしてたような

    武門の誇りなんだろうな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    五千人も討死したら立ち直れねーよ。慰謝料だせねーよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    逸話っていうよりただの出来事って感じ

  5. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    こっちに来てまで引っ張るなや
    いままでだって催事のお知らせや現代のニュースを書かれてきたろうに
    ダメというのもわからんではないが、注意喚起とともにそこから話題を広げてあげればいいやん

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9330-299ec412
この記事へのトラックバック