福島正則は生来残虐な人であったと言い伝えられているが

2015年06月27日 14:38

991 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/27(土) 12:50:26.22 ID:Q+3nj+Cg
福島正則は生来残虐な人であったと言い伝えられているが、その残虐の多くは酒に酔った故であるという。
元来気荒な性格の上に、酒を過ごされたためますます血気登って無法の行いも多かった。
酒気の無い時は、思いの外仁慈の事もあったのだ。
酒が過ぎてしまったために、秀吉公より拝領した秘蔵の鑓を身から離さず所持していたのに、不覚にして
黒田家の重臣毛利(母里)但馬に与えてしまった。こういった類のこと多かった。

正則は関ヶ原後、江戸に屋敷を設けたが、関東は酒が悪いと、上方に申し付け、大阪から江戸に酒を取り寄せていた。
係の役人が酒を吟味し、船に積んで武士一人を奉行として乗船させ、江戸に送った。

ある年、この船が暴風にあい、八丈島に漂着した。波風荒く、4,5日は船を出すことは出来ないと、
そのまま八丈島に逗留していた。この時乗船していた武士が島に上がりそのあたりを歩いて見て回っていると、
年の頃40ばかりの、背が高く色の黒い男が出てきて、武士に尋ねた

「その方はどうしてここに来たのか?」
「私は福島左衛門大夫の家中のものだが、主人の飲む酒を載せて江戸に下る途中である。」
「ほほう。ではその酒を少し私に与えよ。一杯を傾けて今の憂いを晴らし故郷の恋しきを忘れよう。」

武士は聞いて
「その方は何者か?なんの罪でこの島に来たのか?哀れなことだ。」

男、言った
「今更隠してもしょうがないことだ。私は宇喜多秀家の成れの果てだよ。」

武士は驚き、「さてさて、知らずして無礼を申しました。どうか御免あるべし。
酒のことは易き御用です。」そういって秀家の住居を見置いて船に戻り、思案した
『主人より預かりしものを私にするのは道に非ず。また餘多の酒の中から抜き取って遣わしても
知られることはないだろう。人にも寄って、あの方が世にある時は、どうして我らごときに酒の所望など
するだろうか。それを、主人の怒りを恐れて、無下に少しの酒を送らないというのは本意ではない。
いま、このよう所望に合うのも身の不肖の故なのだろう。」

そう思い定めて酒一升にありあわせの干魚を少し取り添えて水夫に持たせかの住居へと行った。
「少しばかりではありますが、主人からの預かり物ですので心の儘にも出来ません。これにて
御徒然を慰ませられますように」と贈り、ほどなく出港し、江戸に到着して台所役人に
酒を引き渡すと、そのまま直に目付役の者の所に行って、暴風で八丈島に吹き寄せられ
宇喜多秀家の所望に寄ってやむを得ず酒一樽を贈ったこと、ありのままに告白した。

「上の許可もなく我儘の働きを仕った上は、どのような罪科を仰せ付けられても少しも恨み申すことは
ありません。」

そう言い置いて宿舎に帰った。
目付役も聞き捨てることも出来ず、これを正則に伝えると、正則はすぐにその者を呼び出した。
役人たちは「短気である正則様であるから、きっと手討ちにするのだろう。」と確信した。
かの武士もそう覚悟して出てくると、、正則は「前へ!」呼ぶ。武士は臆する色もなく
無刀にて出る。近習たちは『これから手討ちに成るのだ、かわいそうに。』と見ていると、
正則は「ここに来い!」と側近くに呼び、少しも怒る様子はなく

「さてさて、汝はでかした!一樽の酒は小分の事であり、もっと多く遣わしても私にとって
事欠くものではない。さりながら、私が指図したことではないのだから、汝が遠慮したのも
尤もである。

もし汝が私の手前をはばかって秀家の所望を断ったなら、きっと、私が吝嗇であるがゆえに汝ごとき
者までも私の前をはばかって与えなかったのだ、などと世の人々に卑しまれただろう。それは無念のことである。

また、他の樽から少しずつ抜き取って与え、この事を隠しておいても誰も気づかなかっただろうに、
その方は律儀なる故、さようなむさき心がないのは神妙である。」

この時の正則の機嫌の良さは存外なものであったと皆々囁いたという。
この他にもやさしき事多くあり、非義の行いは皆、酔狂の故であった。だからこそ改易された時も、
家臣に不義の士は無く、いずれもよく義を守った。これは正則が常に諸士を憐れみ慈しんでいた故なのである。
(明良洪範)



992 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/27(土) 13:18:40.43 ID:Bn5kcBVI
酒さえ飲み過ぎなきゃほんといい人なんすよ…

993 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/27(土) 14:21:05.58 ID:bSB2ft1R
森武蔵も酒乱だったのかな

994 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/27(土) 17:20:08.10 ID:Aj+F8Rk5
そういえば安芸国廣島にはかつて主君の森伊蔵を勝手に飲んでしまったため
さらし者にされてしまった者がいたそうな

995 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/27(土) 19:11:59.79 ID:W0VNH1Z7
>>994
キムピンの悪口はそれまでだ

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    完璧超人と言われる人物はいるけど残虐超人かよ

  2. 人間七七四年 | URL | 110ru34.

    ※1
    いやぁこの場合なら、聖人君子ならぬ・・・酒甚君子?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    字面が酒呑童子みたいだな…
    そうだ、DQN四天王選外の代わりにDQN酒呑王の称号を与えてはどうかな!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    謙信「それは聞き捨てならんな」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >3

    政宗「上様、思い差しを」
    直孝「ちょっと待て」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵の場合
    ・与えない→手討ち
    ・与えて正直に話す→手討ち
    ・少しずつ抜き取って隠す→手討ち

    というか船嵐で遅れた時点で手討ち

  7. 人間七七四年 | URL | -

    酒気が無ければ良い人

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    ということは、そのまま定住して自発的に島流しになるのが一番安全だな。
    (国許の家族が安全とは言ってない)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    鬼武蔵は主君と家来と領民に優しく、身内と同僚と敵にキビしい御仁なので・・・つまり宇喜多秀家がピンチ!にげて秀家超にげて

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    お、泳ぎの得意な秀家公なら、船より早く泳いで絶対捕まらないからへーき平気(震え声)

  11. 人間七七四年 | URL | -

    虎之介の銅像って結構な数があるけど、市松のってみたことないね。
    なんで?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    広島では支持されてないのだそうな・・・
    あと銅像を建ててくれそうな任地って他にあったかね?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    つい先日、長野県高山村ってところに行った。
    ワイン用ブドウがいたるところに栽培されてて良い景色だったよ。
    そして市松さんの終焉の地だったのを知ったよ。そこに銅像建てたらどうかな。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    本スレ994さんのコメントを見て思ったのですが、酒飲みの人にとって
    森伊蔵はかなり魅力のある焼酎なのでしょうか?
    毎月の鹿児島の百貨店の抽選の倍率は凄いことになっているそうなので…
    飲兵衛の親戚は、手に入らない森伊蔵より確実に手に入る黒霧島や黒伊佐錦派
    ですので…





  15. 人間七七四年 | URL | -

    宇喜多秀家のこの話大好き

  16. 人間七七四年 | URL | -

    「森伊蔵を飲んだのは拙者でござる」
    なついwwwwwww

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    何もしてない訳ではないけど、僅か数年の治世だったし
    銅像建てる程の事績はなかったような。

    今治、清洲もそんなに長くないし、もっとも長く治めてた
    広島は毛利、浅野の印象だろうし…
    正則って不遇かも知れんなぁ

  18. 人間七七四年 | URL | -

    逸話を全部信じたとしても、すぐ殺すという程度で、残虐ではないと思う

  19. 人間七七四年 | URL | -

    正則に酒
    清正に小西行長
    黒田長政に後藤又兵衛
    忠興にガラシャ

    この辺が絡む逸話だけを見ちゃうと全員すっごいダメ人間に見えるからなー
    ん?忠興さんはガラシャ以外にもうわらば

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    鮭様とかいう属性過多の男
    ダメポイント多すぎゆえに基本性能の高さが際立つ

  21. 人間七七四年 | URL | -

    酒が入らなきゃ名君なのは知ってる

  22. 人間七七四年 | URL | -

    江戸時代から「酒さえのまなきゃ」なのかw

  23. 人間七七四年 | URL | -

    なんか、まとめスレ的で笑ってしまったが、よくよく考えたらまんままとめスレなんだわな>明良洪範

  24. 人間七七四年 | URL | -

    でもこの話のミソは、宇喜多秀家だったから正則も許したってことじゃないのかな?
    もし場所も人物も違ってて同じ対応しても、本当に許してくれたのか不安。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    >24
    関係ないと思う。これまでの経緯や逸話を見る限り”酒以外”でケチる話はいくつか見たけど酒に限れば呑むのも与えるのもケチった話は見られなかった。宇喜多相手で多少の影響はあったと思うけどよほど氏素性の知れぬ相手に振る舞わない限り(特に呑んでない時間帯なら)悪くても叱責程度と予想

  26. 人間七七四年 | URL | -

    キムピンと森伊蔵って何だよとおもってググったらなんという晒し者wwwww
    でもまあ自業自得か

  27. 人間七七四年 | URL | -

    ※25
    三成「なら私にも下さい」

  28. 人間七七四年 | URL | -

    三成は‥無理かな‥。

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※27
    ごめん、干柿しかないけどいいかな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9341-2461f925
この記事へのトラックバック