関ヶ原の合戦の後、福島正則は常に

2015年06月29日 14:05

4 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/06/28(日) 20:10:17.34 ID:+K7B/dU4
関ヶ原の合戦の後、福島正則は常にこのように申していた。
「家康公におかれては、かように秀頼公を御取立て置きされている以上、別儀はこれ有るまじき事である。
治部少輔(石田三成)がもし関ヶ原の一戦で勝利していたら、却って秀頼公を3日と置くことも
なかったであろう。」

尤もの事と人々も語っていた。

(明良洪範)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    本当にそう思ってたのか内心の不安を誤魔化す為だったのか家康にプレッシャーを与える為か

  2. 名無しさん | URL | -

    単なるお世辞、というか保身だよ。
    相手が味噌塗れの田舎大名とはいえ、
    最大勢力である事には違いないからね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    西軍が勝ってれば毛利と宇喜多と上杉で主導権争いが勃発するだろうしなあ
    どっちにせよ豊臣家は安泰とは程遠い

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>3
    石田三成が秀頼を傀儡にする可能性だって、ゼロではないからな
    まあ逸話だから、あんまりあれこれ言うのもどうかと思うがw

  5. 人間@5年 | URL | HLrqDUJ6

    西軍勝利の場合

    三成「これで豊臣の世も安泰じゃ」
    輝元「これからは我ら力を合わせて」
    秀家「秀頼様を盛り立てて参ろう」
    景勝(コクリ)

    秀秋「これで僕も関白かぁ、色々頑張っちゃうぞw」
    四人『こ、こいつを忘れてた……』

  6. 人間七七四年 | URL | -

    西軍が勝っていれば秀頼の命運は悪くて傀儡化どまりだけど、東軍勝利なら最悪いずれ命取られる可能性があることは見え見えじゃねーか。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    まさのりのポジショントークw

  8. 人間七七四年 | URL | -

    毛利が成長した秀頼を殺さないと何の根拠をもって断言できるのか
    一応は縁戚になってる家康の方が同時代人的にはまだ信頼できただろ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    これまでの実績を見る限り、事実上の家臣となりながらも愚直に織田家に従った家康と、策謀で中国の覇者となった毛利のどっちを信用するかと。
    当時の豊臣恩顧の大名が本当に家康を疑い出したのは、秀忠に将軍職を譲ってからじゃなかろうか。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    もうその頃は殆どの大名が徳川家寄りだったと

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    毛利が策謀で大きくなったのは秀吉とあんま関係ない時代の話だし
    臣従後はそれこそ愚直にいろいろ従ってる

  12. 人間七七四年 | URL | -

    豊臣政権は、五大老とかやたらでかい大名が残っている。
    秀吉死後は、粛正に次ぐ粛正をしないと政権の安定がはかれないんじゃないかねえ。室町幕府と同じで、不安定要因が多い。
    あと、秀吉自身も主家の人を家臣にしたり、打ち倒したりしているから、当時の武家からすると、家康が豊臣政権を倒しても、まあ、しょうがねえなあというのはあったと思う。

  13. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    ※8
    断言できるよ。
    ・戦わずに大坂城を明け渡し、
    ・防長2国に削封されても戦わずに従い、
    ・幕府を倒しても毛利家としては天下を治めず朝廷を立てた。

    絶対にトップを狙わない、それが毛利。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    幕末の毛利家は高杉晋作たちに内部でひっくり返された感が強い?
    島津家も西郷隆盛たちに内部でひっくり返されたのでは?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    幕末とか倫理観や政情も全然違う時代の行動を元にして
    戦国末期の武家の行動を予測可能と断言するとか流石におかしいだろ

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >・幕府を倒しても毛利家としては天下を治めず朝廷を立てた。

    八月十八日の政変から禁門の変の経緯は朝命・幕命どっちにも反抗してたじゃないですかヤダー「

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    西軍が勝利して毛利が天下の趨勢を握れば、そこから簒奪する可能性があるって話なのに、
    逆に追い込まれた状況で素直に東軍に従ったから従順に違いないってお話にならないじゃないですかー

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    毛利もそう愚直でも無い。臣従過程は境目の確定でもの凄くモメ続けたし
    上洛したのも家康より後になったし、軍役は秀吉指定の員数を満たせて無いしで
    いろいろと…。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    自分に正直に生きてないから鬱憤が溜まって酒飲むと余計に荒れるのよ

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    あのね、同時代人がどう考えたかの話をしてるときに
    「オレは断言できる!」
    とか言わないほうがいいよ。
    かわいそうな頭の人に見えるから。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    まさむね「そうそう、自分に正直に生きるべきだよな!」

  22. 人間七七四年 | URL | -

    オールスター家臣な感じだから秀吉時代は好きではあるんだがなあ

  23. 人間七七四年 | URL | -

    (そう言うしかねーよな)尤もだ

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    関ヶ原が史実と逆転した場合の過程にもよるけど、仮に毛利&吉川隊が総出で突撃→東軍総崩れが勝因としても、中央での挙兵を主導した石田・宇喜多、恐らく最上・伊達が撤兵して健在な上杉、その他の西軍諸将の発言力も相当なはずだから、史実の徳川みたいな毛利専制は無理だろ?

    秀吉没後~関ヶ原までに、政略結婚を展開したり、他の五大老家に次々と謀反の冤罪を着せたりして政権簒奪モードに入っていた家康が、秀頼を盛り立てると当時本気で思っている大名がいたらアホ。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    ※24に限らないが西軍贔屓って本当に東軍諸将をアホだの馬鹿呼ばわりするのが大好きだな
    他人を貶していい気分になるために歴史を利用してるの?

  26. 人間七七四年 | URL | -

    西軍が勝ったら前田がめんどくさくなるような気がする(´・ω・`)

  27. 人間七七四年 | URL | -

    東軍につくのは、「勝ち(そうな)馬に乗る」という戦国大名としては至極真っ当な行動だけど、
    それが豊臣家存続の道だと信じていた大名がいたのなら、やはり愚かと言わざるを得ないな。

  28. 人間七七四年 | URL | -

    僕の考えた凄い毛利家なんて話は正直どうでもいいわい!
    この話は三成がどう扱うかの話なんだから

    あの状況は関ヶ原の合戦だけで全てが決まった訳じゃないでしょ?
    秀吉死後の政治状況や、各地の局地戦や外交戦があって且つ、あの合戦
    とその後の結果なのだから。論じた所で全く意味が無い。

  29. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原が一瞬で決着するとは西軍の誰も予想してなかったんじゃね?

  30. 人間七七四年 | URL | -

    というか自分の居る側が一日で壊滅的打撃被って負けると予測してたら
    誰も戦わないよ

  31. 人間七七四年 | URL | -

    西軍どころか勝った方の東軍でも、実際に関ヶ原で会戦するまで一日で決着が付くって思ってた人はそんなにいないんじゃないかと思う。

  32. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    「あわよくば豊臣家を排して我が天下を」なんて妄想してる奴なんて家康の他には日本中でも政宗ぐらいだろう。

    三成や毛利なんぞが本気でそう企んでるなんてあり得んと思うんだがなぁ。

  33. 人間七七四年 | URL | -

    (言わざるを得ないとはならんそっちの言ってることはとかになる)

  34. 人間七七四年 | URL | -

    毛利はまだしも三成は豊臣家の重臣だからこそ、あの権力を
    持てたのだから秀頼に手はかけられんわな。

  35. 人間七七四年 | URL | -

    ※34
    光秀は織田家の重臣だからこそ、あの権力を持てた。
    戦国の世に絶対はない。

  36. ゆとりある名無し | URL | -

    でもさあ、家康って、豊臣家に一番近い親族じゃん。
    秀吉の妹婿にして、秀頼生母は息子の嫁と姉妹。つまり豊臣家親族衆筆頭。
    そして五大老筆頭で秀頼の後見人(秀吉指名のね)。
    政略結婚にしたって、家康にはその決定権があるって前田始め大老衆が認めてるしな。

  37. 人間七七四年 | URL | -

    姻族どころか親子兄弟でも殺し合うのが乱世の習いだから信用し過ぎるのも死亡フラフだけど、
    親族を殺し過ぎても簒奪・族滅に遭うのもまた乱世の習いだしなぁ……

  38. 人間七七四年 | URL | -

    そういや秀吉の遺言では家康、利家に諸事を任せる筈だったのに
    いざ亡くなってみると、十人衆の合議になってたのが不思議。

    いったい何があったのだろう

  39. 人間七七四年 | URL | -

    それだけ権力が集中していないだけでは?
    家康だって火中の栗なんて拾いたくはない。
    栗の焼き加減をみつつ、誰に当てるかを考えればいい。
    他人に当たったら、当たった後の栗を、
    美味しく頂けば事は足りる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9343-66b2d239
この記事へのトラックバック