FC2ブログ

週間ブログ拍手ランキング【07/16~/22】

2015年07月22日 12:45

07/16~/22のブログ拍手ランキングです!


荒井の船橋 35

道灌さんは以降和歌をガッツリ勉強して 19

前代未聞の所業なり! 18
(●Д゚)伊達昭宗 16

庄内失地 13
臥龍梅 11
ただ一人、安国寺恵瓊はこれが読めた。 11

明智光秀の天下取り計画ノートが 10
東根城下の戦い 8
二面の鏡を用いて 8

篠原長房と十河一存の対決の顛末 7
殿様は御耳臆病ですが目は剛胆です 6


今週の1位はこちら!荒井の船橋です!
立花宗茂が徳川秀忠の怒りをなだめるお話です。
戦国時代で「軍師」と呼ばれる人は多いのですが、実際に軍師的な関係だったのは、この徳川秀忠に対する立花宗茂だと
思います。そんな宗茂による秀忠への説得も、情勢や軍事的方面からなせれていて、実にらしいなあと感じますね。
そういった宗茂に、井伊直孝を始めとした幕閣も頼っているあたり、周囲から見ても宗茂が秀忠に強く信頼されていると
認識していたことが解ります。
こういう逸話を見ても、徳川秀忠という人は、立花宗茂が最終的に出会った理想の主君であり、秀忠にとっても宗茂は
理想の家臣だったのではないか、なんて思ったりします。

2位はこちら!道灌さんは以降和歌をガッツリ勉強して です!
さすが太田道灌、というようなお話ですね。時分の和歌への教養が足りないことを知るやそれをしっかりリカバーする。
まあ他者から見るとこういう所が油断のならない部分だったのかもしれませんがw
こういう逸話が残るあたり、本当に優秀な人だったという印象が、長く伝わっていたことがよく解ります。
しかしなんとなく、この人と付き合うのはつかれただろうなあ、なんて気にもなってみたりw

今週管理人が気になった逸話はこちら!明智光秀の天下取り計画ノートがです!
これはどんな内容だったか気になりますねw本物だったにせよ偽物だったにせよ、何が書かれていたか、
是非読んでみたかった。一体どんな政策を展開しようとしていたのか。
こういう逸話が残っている事自体、過去の人達も、光秀が一体何をやりたかったのか気に成っていた、ということが
よく解ります。そんな、昔から変わらない光秀への興味も表している逸話だと思いました。



今週もたくさんの拍手を各逸話に頂きました。いつもありがとうございます!
また気に入った逸話を見つけたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
( ´ ▽ ` )

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    管理人様、もしかして他社ではなく
    他者ではありませんか?

  2. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※1
    ご指摘ありがとうございます。直しておきましたー

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1です
    すばやい対応ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9389-7253ec01
この記事へのトラックバック