武者に聞き逃れは苦しからず候

2015年07月23日 15:43

441 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/22(水) 19:41:08.81 ID:6FzOzcwY
>>430の耳臆病目剛胆つながりで


武者に聞き逃れは苦しからず候 見逃れは悪しき候 悉く討たれ候では叶わぬ物に候
聞き逃れは行にて候間更に逃げたるにてはあるまじき候
総じて大事の退口には込め懸かり候わでは逃れざる物に候
故に古今より申し伝え候「耳は臆病目は健気なるが本にて候」故に申し習わし候事

 『朝倉宗滴話記』より


情報で敵を避けるのは兵法、いざ目にしたら腹をくくれということですかね




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    退却もみんなが逃げだい一心

  2. 1 | URL | -

    途中送信

    失礼しました。
    みんなが逃げ出したい一心だと退却成功しないんだろうな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    義統「聞き逃れは苦しからず」キリッ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    敵を前にして退くことの難しさを言ってるんだろうな
    敵がいない遠い内に退くのはいいが
    目の前に敵がいる時に退こうとすればたとえ兵力が上でも命取りになりかねない
    しかしこれも条件次第だな
    圧倒的不利で武器にも差があるのに退こうとしなければ
    大戦時の日本軍のように無駄に大勢死なせるだけにもなる

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >圧倒的不利で武器にも差があるのに退こうとしなければ
    それを察して退くのが「耳は臆病」なんだろ。
    事前に彼我の戦力差を理解して撤退するのは構わない。

    でも接敵してから逃げの一手じゃ潰走するだけだろ。
    別に10倍の相手に正面突破しろって話ではなく、遅滞戦闘とかやり方はある。
    ようは撤退戦だからって逃げ回るなって話。
    >大事の退口には込め懸かり候わでは逃れざる物に候
    って一文を見れば意図は明白。
    的確な反撃・戦術的行動があってこそ撤退戦は成功する。

    旧日本軍の無駄死には「全軍突撃」という戦術の問題であって、「目は健気」とは別の話。
    ちゃんと遅滞戦闘とか霧中突破とかの戦術で、わずかな被害で撤退した例はある。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9392-395050bf
この記事へのトラックバック