FC2ブログ

四天王名臣録、森長可編・いい話

2009年01月11日 00:05

38 名前:四天王名臣録 3/4[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:30:24 ID:afOtHKON
各務兵庫助元正は、森家の家老にふさわしく、武勇の人として知られた。

天正10年(1582)3月、高遠城攻めの時のこと。斥候に出た元正は、塀の狭間から城内を
うかがった。隊ごとに分かれて、評定の真っ最中だった。

(よし、今のうちに攻めかかろう。戻って殿にお知らせせねば・・・)
元正は狭間から頭を引っ込めようとしたが、 「むううぅぅぅ?!」
背中の鳥の尾の指物が引っかかり、城の内側に転げ落ちてしまった。

元正「 あ・・・(゚д゚)」 城兵「 (゚д゚) 」 当然、敵が殺到してきた。
「うおおおぉぉぉ、こうなりゃヤケだ!!ヽ(`Д´)ノ 」 斬って斬って斬りまくった。

織田信忠「・・・あれ、誰?」
森長可「と、当家の士、各務兵庫と申す者!!」

残念ながら、鬼武蔵がどんな顔をして信忠に答えたか、伝えられていない。
ともかく、この時の武功で元正は『鬼兵庫』と呼ばれるようになった。
つまり、森家は二人の鬼が率いていたことになる。

もちろん、家老にまで登った男であるからには、ただの粗忽者ではない。機転もきいた。

同じく武田攻めの時のこと、元正は信玄の弟・逍遙軒信廉の討伐を命じられた。
だが敵もさるもの、事前にこの動きを察知しており、元正は武装した信廉の出迎えを受けた。
不意を突くことに失敗した元正は苦慮したが、突然ひらめいた。

元正「あっ、百段!!」
信廉「え?どれどれ?!」

信廉が馬ヲタだったのかは、不明だ。 が、元正は信廉の油断を突き、見事に討ち取った。




40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:34:33 ID:k8EwxByG
百段が相手じゃガチでビビる

41 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:49:01 ID:rbWKcyPC
百段有名なんだなw

42 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:57:20 ID:sLeFyfEX
百段いる→鬼武蔵いる→鬼武蔵+鬼玄蕃=殺戮の嵐→あれ俺勝てなくね?→逍遙軒諦める

いや、妄想だけどさw

43 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:59:09 ID:k8EwxByG
20+15+15で50だな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間六七四年 | URL | -

    >20+15+15で50だな

    何が。

  2. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    >※1
     信廉方の犠牲者の数。鬼兵庫(かがみん)に鬼武蔵+百段が居れば50人すり潰されるよ、って冗談。
     ヤボテンだけど…元ネタは「花の慶次」ね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/940-67fbdaa2
この記事へのトラックバック