鶴ヶ岡八幡宮の神領

2015年08月01日 17:30

131 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/31(金) 18:29:29.92 ID:iF2KFEFx
徳川家康が関東に入国した頃のこと。
家康は鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮に神領千石を寄付したが、それまで鶴ヶ岡八幡宮は八千石を領していたため、
八幡宮の別当たちは難儀し、家康に度々願い出たが聞き届けなく、そのため社人たち申し合わせて上京し、
豊臣秀吉に対して嘆き願い奉った。

秀吉よりこの旨関東に尋ねくると、家康は村越茂助を呼び、これに対する返事を言い聞かせ京に遣わした。
この時家康は、着ていたラッコの羽織を手づから茂助に与えた。
茂助は上京すると着物の上にこれを着け、拝領の羽織の立て付けのまま秀吉の前に出ようとしたが、
周りが「その姿ではいかがなものか」と止めたため、仕方なく町家の質屋で麻の裃を整え秀吉の前に
まかり出た。

さて、秀吉の御前で茂助は鶴ケ岡の社人達と対決した。
社人は鶴ケ岡八幡宮の縁起を語り、源氏代々の氏神たる由緒を段々と申し立てたが、
茂助はその間うかうかと居眠りをしていた。
その姿を見て秀吉が尋ねた

「どうした?茂助は社人が言っていることを聞いているのか?」

「あまりに長い話だったので、しかと覚えていません。今一度言ってもらえますか?」

そして再び社人に尽く語らせると、

「なるほど、社人の口上は尤もです。
しかし、この茂助を始め三河以来の譜代の者達は、数十年に渡り日夜困窮し、毎度の合戦に、
今日は死ぬか、明日は死ぬかと身命を投げ打って僅かな禄を賜りました。

であるのに、入国以来未だ間もないのに千石の神領を、社家の人々は懐手に取られた。
この事、千石であってもなお過剰だと考えます。」

秀吉これを聞くと
「なるほど、茂助の申す所も尤もである。徳川殿もその心で、その方を差し寄越したのだろう。
まあいい、この件は重ねて折を見て、私が徳川殿と直に話し合って沙汰を下そう。」
そう社人にも申し聞かせた。

その後、家康が上洛し秀吉と対面した折、秀吉からこの事を言い出した。
そこで家康は
「では、更に千石を加増し都合二千石に致します」と申し上げると。秀吉は

「いやいや、せめてもう千石加えて与えるべし!」

この言葉により、更に千石加わり都合三千石となった。
今でも鶴ヶ岡八幡宮の神領は、三千石である。

(明良洪範)



132 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/31(金) 19:27:52.48 ID:KFxuF5LQ
快元の日記とか読んだことないから余り知らないんだけど、この時期の鶴岡ってこんな大身だっけ

133 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/31(金) 20:21:34.03 ID:tajYjVZc
そういや「内府ちかひの条々」の13条目(一番最後)が「一、内縁之馳走を以、八幡之検地被免候事」
なんだけどこれで検地を免除したことを避難されてるのも鶴ヶ岡八幡宮(の神領)なのかな

134 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/07/31(金) 21:15:22.86 ID:tybcnbE8
史実の鶴岡八幡宮は小田原征伐の時に秀吉が当知行を安堵して、
家康もそれを追認してるだけだったりする。

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    村越茂助って関ヶ原の清州城滞陣の時にイキナリ出てきたって感じだったけど、この話が本当なら徳川家の使番として度々対外交渉役として起用されているようですね。また人を喰ったような対応もしているし、歴史小説で見る朴訥で口下手って人物像がどうやって形成されたか、とても不思議ですね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    駿河土産に駿府城から締め出されたエピソードがあって、そんときも使番だったような

  3. 人間七七四年 | URL | -

    神領寺領は最初に大きく言ってなんぼ。
    戦力にもならないんだから認められれば万々歳。
    徳川の騎馬旗持ち三十六人+@を減らせて秀吉も小さく万歳。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ラッコの着ぐるみを着てる所をイメージしてしまったw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    今八幡が盛んになれば、新八幡は誕生しにくい。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    家康から「ラッコ茂助」という姓を与えられたと展開を期待してました。ちょっとがっかり。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    家康「えっ、姓まで与えたら厚遇しすぎじゃない?」(真顔)

  8. 人間七七四年 | URL | -

    一般のイメージに反して権現様がファッションに拘ってたのは有名な話だが、
    ヤクやらラッコやら色々なものをお持ちだったんだね。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    「海獺茂助」なら字面はちょっと格好いいよね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    下につけて「村越海獺」とすればどことなく明治の文豪風。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10殿
    本多山県「・・・・」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※8さん、※9さん。
    ラッコじゃなく、ヤクか、アルパカを与えられたら「やく茂助」か「アルパカ茂助」になるんでしょうか。なんか芸人みたいな名前・・・
    はい、どちら様?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >その姿ではいかがなものか
    やばい、ラッコの着ぐるみの様な格好のオッサンを想像してしまったw
    茂助さんは、やっぱり肝据わってるね

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ラッコ‥ご当地キャラかな?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    命名:ゆるキャラ「かまくラッコ」
    家康「これは流行る(*´ω`*)」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >周りが「その姿ではいかがなものか」と止めたため、仕方なく町家の質屋で麻の裃を整え秀吉の前にまかり出た。

    周りが止めなければ、ラッコの着ぐるみで秀吉の前に出るつもりだったのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9407-ce9e8d55
この記事へのトラックバック