雑談・地元で愛される大名

2015年08月13日 18:41

532 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 19:51:54.21 ID:tYH+ulrQ
子孫が改易になったのに清正公の愛され方は異常

改易されて、新しい藩主が来たら過去の殿様は完全に忘れられる
蒲生とか最上とか福島とか森とか田中などなど...

534 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 20:44:32.51 ID:4T5F2vu3
>>532
会津は伊達でもなく上杉でもなく蒲生だったぞ。まあ一番は幕末だが。

535 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 20:59:13.58 ID:tYH+ulrQ
>>534
会津は完全に松平一色。
蘆名、伊達、蒲生、上杉、加藤は空気

一応、蒲生氏郷の墓はあるけど、街中にひっそりとある感じ
http://i.imgur.com/oQmMMit.jpg
oQmMMit.jpg

http://i.imgur.com/UjwPxqv.jpg
UjwPxqv.jpg

http://i.imgur.com/3M3LqhJ.jpg
3M3LqhJ.jpg

http://i.imgur.com/aJ4QwQD.jpg
aJ4QwQD.jpg


536 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 21:01:29.73 ID:wVpXyK/9
>>532
次きたお家が良い所だったんだろうな

537 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 07:16:44.81 ID:ujHdEatt
>>536
確か忠興は熊本に入るさいに清正の廟のほうに拝礼して貴方の業績はきちんと護りますよとか言っていたような

538 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 09:22:19.63 ID:BuDgiuY7
>537
忠興は隠居済、やったのは忠利

539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 09:43:30.84 ID:qnCAdDSX
また3代目世代の出来杉君の忠利か。
黒田さんちの忠之君は爪の垢でも飲ませてもらえばよかったのに

540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 11:32:30.93 ID:2LflWE2J
>>532
佐々成政も地元で愛されてないか?
たった2年しかいなかったのに

541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 12:29:30.08 ID:ngctAjqP
佐々は失政で一揆が発生し、それを鎮圧してたのになんで愛される?

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 12:31:25.55 ID:AT5rNIIo
現代人の佐々さんが色々やろうとしたけど地元民は忘れてて失敗した…ような

543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 12:32:07.44 ID:qnCAdDSX
金沢前田へのアンチテーゼちゅうだけ

547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 17:24:29.00 ID:C0n2W45M
>>541
佐々は常願寺川の治水工事やってて
佐々堤とか殿様林とかの史蹟が残ってる
国土交通省のサイトにも載ってるで

その功績を地元民に称えられて成「正」大明神として一夜泊稲荷神社に祭られとる

548 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 17:31:11.03 ID:YJahM2q9
なぜ「正」
後水尾天皇の避諱かなんか?

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 17:34:18.30 ID:ngctAjqP
>>547
ああ、越中時代の話だったのね
肥後では失敗して切腹させられたから違和感があったんだ

550 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 18:47:41.09 ID:C0n2W45M
>>548
一応富山前田家を慮った結果らしい<成政でなく成正

>>549
失策があったら取り潰そうという下心以外にも
その越中時代の実績を半ば期待されて肥後に配属された面も
あるんじゃないかなと最近は思ってる
せいしょこさんが肥後で慕われてる一番の要因は治水だし

せいしょこさんに殉死した大木土佐(大木兼能)は元々佐々の元で治水関係の仕事してて
そのノウハウを清正に伝授しつつ自身も川普請奉行として大活躍したという話もある

551 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/13(木) 21:42:49.68 ID:qbALGzvB
治水といえば武田信玄も信玄堤とかで領民に慕われたのかね
神君家康が恐れてた人として江戸時代にも一定の評価はされてた
と思うけど、どうなんだろうね

現在の山梨の信玄公ブームは大河ドラマによる経済効果ありきだから
全く評価出来んが

562 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/14(金) 23:16:32.43 ID:2nta8FKw
>>551
農民にとっては治水最強だからな。

569 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/16(日) 08:35:31.57 ID:XJawBFQf
清正の浄池廟は癩患者が多かったらしいけど、何かいわれがあるんかね

癩って使用しちゃあかんのかね
うちの携帯じゃ、どの読みでも出てこなかったわさ

570 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/16(日) 09:07:17.00 ID:G3tLV9If
うちのPCでも変換されないぞw<癩

それは法華経との関連が指摘されてる
法華経の中に白癩に言及する箇所が有り(この経を護持する人を侮辱すると白癩になるぞ、みたいな脅し文句)
その為当時癩者は法華経に帰依する事で病苦から逃れられるとする考えがあったらしい

清正公さんが熱心な日蓮宗(法華宗)信者で護法神として祀られたので
それにあやかろうとしたらしい
彼に祈って病が癒えたという伝承もいくつか伝わっている
歴史というより民俗学の清正公信仰についての書籍を見ると大体書いてあると思う

571 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/16(日) 11:20:21.87 ID:AWzoi27L
それにしてもあれだな。清正信仰は日本一かもしれんな。

572 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/16(日) 14:44:09.10 ID:G3tLV9If
いやいや人神信仰(厳密には御霊信仰?)日本一は菅公でしょ
皆受験の時お世話になってるだろうし

573 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/16(日) 19:23:36.70 ID:JTTfWTDC
八幡信仰→応神天皇
天神信仰→菅原道真
太子信仰→聖徳太子

ぶっちぎりで八幡宮が多いはず

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    神奈川は天領他、分割されて何が何だかわからない。
    愛される以前の問題であった。
    ちな。北条家の影も存在感も薄い。
    むしろ太田道灌の方が有名かもわからんね。
    あとは鎌倉幕府まで遡るかもしれない‥。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    最上は山形天皇のせいやろ。
    もっとも大正だったか昭和初期の再評価までは忘れさられてたんだろうか。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    忠政さんや直家公が愛される日は来るのかなぁ…(血生臭い逸話から目を背けながら)

    うん、まぁ、殿様と言ったら池田さんが真っ先に出てくる(かろうじて出てくる、ってレベルだけど)感じだから、あんまり期待はしてないけど…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    直家は濡れ衣や事実誤認なども見つかってるので再評価の目はあると思う。
    忠政は長政ほどじゃなくて結構いるけど、あの忠政は無理だろう。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    ただ、「軍記もののもろもろはウソっぽい」以上の事はわかってないんだよなー>直家さん
    ダンジョ-と較べても、再評価の材料があまりにも少なすぎる

  6. 人間七七四年 | URL | -

    新潟の堀タソは上杉の陰に埋もれとる

  7. 人間七七四年 | URL | -

    最上は江戸末期に山形城内に鮭様を奉る社があったし、明治維新後も陸軍連隊が郷土の武人として崇めていたよ。
    戦後から平成までのハットリキュンの影響と大河政宗のイメージのせいだね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    長いこと治めていた=愛されていたとは限らないのね。
    いくつもの大名が治めていたところは、愛されるのは何が一番決め手になるのだろう。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    (1)逸話(民話、昔話)で目立つ
    (2)関わった遺構が現代でも地元民の生活に寄与

    この辺りじゃない?<地元での愛され度

  10. 人間七七四年 | URL | -

    上田の真田とか赤穂の浅野とか、全国的に有名になると治世の年月・内容は問われないよね
    第二次世界大戦以降になると観光業と密接になるから、会津藩みたいに地元民に嫌われていた藩が持ち上げられたり、比較的治世の良かった広島藩浅野が無視され毛利一色になったりと不思議なことが起こるからなぁ。
    肥後も細川は治世頑張っているのに加藤清正ばかり賞賛される。清正のグランドデザインが良くても実際、維持拡張運営は細川がやっているのに、もうチョット褒めてもエエよな。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9殿
    8です。ありがとうございます。
    >(1)逸話(民話、昔話)で目立つ
    >(2)関わった遺構が現代でも地元民の生活に寄与
    この2つをこなすのは大変ですね。
    ※10殿
    >維持拡張運営は細川がやっているのに、もうチョット褒めてもエエよな。
    たしかに。
    (自分のところは1つの大名家が治める前は神社の領地だったのでいまいちわからなかったもので)

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    たしかに、領地のデカさにかかわらず、あそこは地味すぎるな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    富山の殿様と言えば佐々成政なのはほんと、場所柄的に加賀(前田)が好かれてないのもあるけど
    上杉とか武田とかの通り道扱いでいつも荒らされていた富山を守ってくれたとされてる

  14. 人間七七四年 | URL | -

    肥後って九州征伐の時点で誰も取り潰してないと思うんだけど
    佐々成政と富山から付いて来た家臣の領地ってどこにあったの?
    誰かの土地を横領したって話も聞かないし

  15. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※14
    普通に考えたら島津の直轄地がそのまま佐々の直轄地じゃね?

  16. 人間七七四年 | URL | -

    記事のスポンサーサイトの広告がミネラルウォーターでワロタ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    天庵さま「その点、儂は皆の心に残る名君かのう」
    菅えもん「皆の心に陰を遺す迷君ですな」

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    確かに天庵様って地元民に愛されすぎだと思う。当時の血筋の強さを改めて感じる。
    でも特段治世で大きな功績上げた記憶もないし、当然戦も局地戦以外は結局敗戦続き・・・。
    愛される理由が見つからない(爆)

  19. 人間七七四年 | URL | -

    >>18
    領民「うちらがやらねで誰が殿さまの面倒をみるんぢゃ」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    千葉と言えば「里見氏」。私が住んでる松戸は、里見氏と後北条氏が戦った「国府台の戦い」の古戦場のある市川市の隣です。松戸にも「足利義明が陣を構えた」から「陣が前」という地名があります。聖徳大学では「義明の息子を葬った塚」があります。それには、こんな言い伝えがあります。「義明の息子の義純は、国府台の戦いで討ち死。義純の乳母が、この地を訪れ泣いて、泣き疲れて寝てると、義純が現れて、乳母を慰めた。乳母は義純の為に塚を築いた。」因みに、この塚は、当時のものでなく、古代の円墳といわれてます。ま、まぁ、それは突っ込まないで下さい。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※20です。なんか里見氏とは関係ですよね。すみません(-_-;)松戸は千葉氏系列の高城氏が支配してたので、里見氏の史跡はないです。

    お詫びに、徳川家康の命名シリーズを。
    松戸を支配してた高城氏は、北条に属してたので、秀吉の小田原攻めで北条氏が滅びると高城氏も、例に漏れず、秀吉の家臣浅野長政に降伏しました。高城氏の家臣は、農民になり、いままでの暮らしから貧乏になりました。
    「月見里(やまなし)夏右衛門介胤」も、貧乏暮らしを余儀なくされてました。
    ある日、家康は、鎌倉時代から名馬が生産されてる「小金牧」に目を付け、介胤を「野馬奉行」に任命しました。介胤は家康に、お目通りを許されたのですが、貧乏なので礼服を作るお金がありません。苦肉の策で、綿入りの服の綿を抜いて、裃に仕立て、家康に会いました。その滑稽な姿を見た家康は「ちょっ、この姿は何?超ウケる」
    とお笑い。介胤が理由を説明すると
    「そうか。笑ってすまなかった。今日から、そちは月見里改め綿貫(わたぬき)じゃ」
    因みに、綿貫夏右衛門介胤の子孫の方は、今もご健在。北小金は、この人から土地を譲られたお陰で発展しました。
    まさか、家康の命名犠牲者が、地元にいたなんて、思いませんでした

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >千葉と言えば「里見氏」。
    千葉氏が泣いてるぞw

  23. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    一般的なイメージからしたら千葉県=里見だろうね

    里見の姫が嘆き悲しんで亡くなった話以外にも義純の乳母の話もあるんか

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    おおー、権現様命名シリーズのなかでは「改名前の方が珍姓」という珍しいパターンだ。
    月見里でやまなしってなかなか読めないぞ。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    自分は千葉氏の史跡だらけのところ出身

    縄文時代と鎌倉時代はまぁともかく、
    戦国時代とはあんまり縁のない土地だなと思ってたら、
    最近になって地元が服部半蔵の知行地(八千石のうちの千石)で、
    ご近所の道路が家康がレジャー行くのに作らせた道だと知った。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    21です。※22さん、おー、万満寺って、鎌倉時代に千葉氏が建てた寺があったの忘れてました。この寺は運慶が彫った仁王像があり、「仁王の股くぐり」といって、仁王像の股をくぐると御利益があるそうですが、太めの方がくぐると、体がつっかえると恥ずかしいプレーが待ってます。
    他にも「そばたか神社」は、千葉一族ゆかりの神社で、その近くの地名が「三ヶ月」と書いて「みこぜ」といい、千葉氏の家紋から付けられたそうです。鎌倉時代には風早氏という千葉一族がいたし。そう思ったら、松戸って「千葉氏ゆかりの地」なのに、忘れてるって・・・

  27. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    月見里氏って臼井氏の一門なのか
    いつ頃、本家から離れたんだろ
    やっぱり里見に攻められた時かな

  28. 人間七七四年 | URL | -

    俺は土井利勝の若き日の領地にすんでるんだが、いかんせん統治期間が短い
    かつ、関ヶ原戦後~豊臣滅亡期間だから事跡がマイナーなんだよな。「植林指導したよ」とかの碑は見つけた。
    その後は旗本領だからなーーーーーんもない。

  29. 人間七七四年 | URL | -

    地元って言われたらなんとなく立花だなあ
    他所から来て他所に行ってるし全然地元じゃないのに
    地名が名字だと強い

  30. 人間七七四年 | URL | -

    淡路





    淡路

  31. 人間七七四年 | URL | -

    ※30
    もう渡哲也でいいんじゃないかな

  32. 人間七七四年 | URL | -

    ※27さんのいう臼井氏の「やまなし」は「山梨氏」です。「月見里氏」と同じ千葉一族で、子孫は美濃岩村藩士にってなってるみたいです。
    「月見里氏」も「やまなし」ですが、こちらは千葉家の20代当主昌胤の三男・政胤が「月見里」に住み「山梨(月見里)城」の城主になってます。
    「山梨氏」も「山梨城」にいますが、関係が不明らしいです。
    代々の千葉主家に仕えて、秀吉の小田原城攻めでは、小田原城に嫡男・政家と共に入ってます。
    北条家滅亡後は、叔母の菩提寺・慶林寺辺りに移住します。今も北小金(小金)に「月見里」の姓が多いです。
    ※21で、「綿貫氏」は「介胤」からと書きましたが「政家」でした。申し訳ありません。
    嫡男・政家は馬の名手と知られ、家康は政家を「野馬奉行兼牧士支配」に任命します。
    家康に会う時に、夏服がないので、冬服の綿を貫き、夏服にしました。
    家康は、この話を聞き
    「政家、綿を貫いた服を着てるから、今日から「綿貫」と名乗るがよい」と言い、「月見里」改め「綿貫」になりました。

    因みに、慶林寺からは離れてますが本土寺には、武田家の家臣だった秋山虎康の娘で、家康の側室であり、武田信吉の母「お都摩の方」墓があります。

  33. 人間七七四年 | URL | -

    富山で佐々成政が崇拝されているのは、加賀前田支配へのコンプって言われてたけど、
    最近の調査でそうでもないことがわかってきている。

    例えば、加賀藩が越中で年貢を徴収する時は
    「成政」の名前が入っていたり、成政の花押が入った升を使用していたことがわかっている。
    これは佐々成政の越中における威光と、前田氏支配への反発が相応にあったことの証左と言われている。

  34. 人間七七四年 | URL | -

    宮崎で愛される…

    伊東さんとかいるけど愛され…ってほど浸透してないしな…
    高鍋の秋月家は上杉鷹山の兄ちゃんが名君だったらしいが高鍋でだけだし都城島津も都城でのみ…

    …あとは…神武天皇…ぐらい、しか…;

  35. 人間七七四年 | URL | -

    ※34殿
    島津家久・豊久の親子はどうですか?
    豊久はドリフターズで知名度が上がったと思うし・・・
    あと天孫降臨はとても大事ですよ。
    鹿児島の一部地域も天孫降臨の地狙ってますよ。

  36. 人間七七四年 | URL | -

    肥後に関しては戦国時代にぱっとしなかった反動もあると思う。

  37. 人間七七四年 | URL | -

    天庵様も、今現在地元で愛されてるかというとどうかねぇ?

  38. 人間七七四年 | URL | -

    小田城跡にはそれなりに看板もあったし、何かしようとする意思は見えた気がした。
    そして行ってみたら、確かにあの城で敵を防ぐのは無理だと分かったw

  39. 人間七七四年 | URL | -

    ※34
    小藩乱立の県はそれだけで不利だなあ。
    と、主に天領+小藩で構成される埼玉県民が嘆いてみる。

    まあウチには 太 田 道 灌 がいますがね!(ドヤァ

  40. 人間七七四年 | URL | -

    観光のためだけにってわけでもないと思うが。嫌われてもいない。
    とは言っても蒲生とかはもっと評価されてもいいと思う。

  41. 人間七七四年 | URL | -

    岐阜県というか美濃も小藩乱立+天領で、人気は本来余所者のはずの信長が独走状態。その後に道三が続く感じかな。岐阜の街中では信長のラッピングバスが走っている。
    飛騨だと金森長近辺りだろうが、いかんせん影が薄い。

    ちなみに岐阜での鬼武蔵の知名度はまだまだ「蘭丸の兄」程度だが、世の中には知らないほうが幸せな事もあるので…

  42. 人間七七四年 | URL | -

    >飛騨だと金森長近辺りだろうが
    姉小路頼綱「ちょほいと待ちな、誰か忘れちゃいないかい?」
    (ホント、影薄いわこの人達)

  43. 人間七七四年 | URL | -

    飛騨と言えば姉小路(三木)氏の宿敵の江馬氏もいるな……
    知名度? ハハッ

  44. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代は有力な戦国大名が居た訳でもなく、幕藩体制以降は藩主がとっかえひっかえで、仕舞いにゃ左遷地と陰口叩かれ、幕末の大一番じゃ城が1日で落城しちゃって見せ場も作れず、最初から最後まで超地味な福島県南部出身者が通りますよと(モロ地元では無いんだけど)。
    パーフェクト鎮西お兄ちゃんも一時期藩主だったんだけどね。

  45. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    左遷と聞くと越後が浮かぶ

  46. 人間七七四年 | URL | -

    直家「儂も道三にあやかって人気者の婿殿を迎えるとするか」

  47. 人間七七四年 | URL | -

    ※43殿
    内ヶ島氏「我々もいるぞ!」
    まぁ埋蔵金伝説の方が有名ですが

  48. 人間七七四年 | URL | -

    井伊の殿様(井伊直弼含め)を悪くいう人はいないけど、
    石田三成も好きな彦根藩。

    その上司の信長は占領政策でいろいろ悪い話も残ってるけど、秀吉は好きな人多いかな。

  49. 人間七七四年 | URL | -

    氏郷の墓の写真、やっぱり例のバットマン…もとい燕尾形兜の写真が展示してあるのね。
    銀鯰尾の方も可愛いのになー

  50. 人間七七四年 | URL | -

    ≫≫鎮西のお兄さん。
    本拠地の柳川に戻る前、宗茂がいた棚倉だね。
    うちの地元は天領で、幕府の圧政に苦しめられたから、まーくん≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫松平家だよ。
    実際、実家の裏山にはまーくんの娘さん(どうも、成実の娘と間違えている)を供養したお地蔵さんがある。

  51. 人間七七四年 | URL | -

    いろいろとこんがらがってきた。小さいときは藩は今の都道府県と同じくらいな数で、
    ずっと同じ大名家が治めて、改易や左遷は時代劇の都合上だと思っていたから
    自分が住んでいるところが数少ない例外だとは思わなかったなあ。
    おかげで、隣県の歴史などを勉強すると領地の表などを見ないとついていけない・・・

  52. 人間七七四年 | URL | -

    >>532
    断絶したし町造りで圧制したしでまるで人気ないのに、割と人気者で子孫の方が今でも町のシンボル的な料亭(旅館)営んでる鎮西兄さんの銅像が無いのにもかかわらず、銅像がある田中さん。
    柳川の不思議。
    日本海を渡ってくる観光客に遠慮してんのですかw

    まあ立花さんには神社あるけどね。

  53. 人間七七四年 | URL | -

    ※52殿
    銅像があっても・・・
    柳川の川下りで田中さんの銅像が紹介されても
    「知ってる?」「知らない」という反応ばかりでしたからねえ。
    川下りで一番写真を撮られた場所は妻夫木聡さんの実家
    でしたけど。

  54. 人間七七四年 | URL | -

    ※53殿
    船頭さんが妻夫木さんの説明に「天地人の直江役などで有名な~」とか前置詞がつけてなきゃセーフで……つけてたら泣ける。おのれ大河…

  55. ※53 | URL | -

    ※54殿
    船頭さんの妻夫木さんの説明は「あちらに見えるのが妻夫木聡さんの実家です」
    「ここから、学校に通って・・・」とかで>「天地人の直江役などで有名な~」
    は無かったですよ。(船頭さんによっても説明が違うかもしれませんが)
    まあ、柳川での知名度は田中さん<立花さん<北原白秋でしたけど。

  56. 人間七七四年 | URL | -

    清正より細川家を評価しろという意見については
    朝鮮在陣期間を除いて統治期間実質15年くらいの加藤清正1代vs江戸時代通じて統治してた約250年12代の細川家

    メンテナンスの大事さは分かるけど
    これを同じ土俵にのせろって言う時点でもう細川家の負けだと思う

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9429-8c436b3e
この記事へのトラックバック