FC2ブログ

立花宗茂の家は、常に分かれていた

2015年08月26日 16:56

215 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/26(水) 03:07:40.90 ID:/MvixQL9
立花宗茂の家は、小野和泉(鎮幸)と立花三河(薦野増時)の両家老の二派に、常に分かれていた。

小野和泉は若年よりその武勇人に越え、九州においては隠れなき武人であった。
彼の生まれたちは卑しく、物を言う様子も全く下郎たちと同じで、分別もなく、
普段は何の役にも立たない人物のように見えるのだが、度々の手柄は肩を並べる者も居らず、
そのため六千石を取り一の家老となり、その威勢を誇っていた。

立花三河は男柄良く、口上も明らかで分別厚く、その利発さは人に越え、田舎侍には稀なる人材であると、
同僚たちも思い、他家からも賞賛され、その頃の大名衆たちも欲しいと思うような人物であった。
今は物事を素早く進行させるのが良いと思う時代であるが、とりわけこの者ははややかであった。
武辺においては小野和泉ほど回数を重ねていないが、居合わせた合戦のごとに、武功を加えていた。

しかし、智謀があって分別立てをするような大人しい人物は、武儀は二番のように言われるのが、
今の世の習いである。そして人は、分別がなく傍若無人なことを言いまわり、大抵は愚鈍で
子どもじみた作法の者を、武辺者と言うことが多い。これは珍しいことではないが、

立花三河も、能力のある人物であることは確かなのに、利根であることに押され、武儀は二番のように、
家中でも特に物慣れぬ若い衆たちは思っていたそうだ。

このようであったので、小野和泉派の者達は、何時も武辺事ならば我らの出番であるとし、
立花三河派の者達に対してが、それが誰であっても武辺事に仕る者とは常に思わなかった。
そして親しき友人、あるいは兄弟においてこの2つの派閥にわかれた者達の間では、
小野和泉派は相手を「比丘尼組」、立花三河派は相手を「羨ましいとも思わぬ」などと言って、
それぞれに腹を立てさせることもあったという。

(古郷物語)

立花宗茂の家中が2つの派閥に分かれていた、というお話。



216 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/26(水) 13:27:59.41 ID:rXq/zYu8
脳筋と能吏に別れるのは当主が盗賊まがいの脳筋のせい
福島しかり

217 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/08/26(水) 22:30:30.65 ID:rhG4BBZU
柳川の戦いの時にこの二派の対立を直茂に突かれたりしている

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    216「脳筋と能吏に別れるのは当主が盗賊まがいの脳筋のせい」
    家康「誰かさん達のせいでワシまで脳筋盗賊呼ばわり」
    平八「へぇ?誰が脳筋なの?さくざえもんさん?」
    弥八「四天王とか三傑とか言われてる人達じゃね」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    三河者は能吏であっても基本的な思考回路は脳筋である。
    つまり三河者には能吏と脳筋という区別は存在せぬ。
    あるのはデキる脳筋かデキない脳筋かという区別である。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>216は彦左

  4. 人間七七四年 | URL | -

    忠勝さんは冷静な脳筋ってイメージ
    何となくだけど

  5. 人間七七四年 | URL | -

    よかった、小六は許されたんだ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    家中が2つの派閥に分かれていても、
    安心と信頼の立花さん家だから心配ないですね。

  7. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    奸臣と忠臣が対立してる訳じゃないからセーフセーフ

  8. 人間七七四年 | URL | 6m5BDBwc

    なんだ宗茂と千代の派閥対立かと思ってた

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    その辺も無関係ではないんでないのかな?
    薦野は随一の道雪マンセー家来だったみたいだし

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9殿
    けど、宗茂さんは道雪さんがみこんで養子にしたのだから、
    大丈夫でしょう。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    関ケ原後の柳川防衛の時もゴタゴタしてたんだっけな

  12. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    お互いに切磋琢磨して向上するグループなんて物語の中だけか
    まあ、スポーツマンシップじゃ生きていけない世界だもんな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    文官と武官で対立してるのは古今東西珍しくないだろ。
    そこでお家を滅ぼすことになるかが焦点。

    ※2
    鬼作左「呼んだ?」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代に文官と武官を持ち出すのはズレすぎだと思うんだ

  15. 人間七七四年 | URL | sisdfrvA

    まあ、毬栗押付けの雪下さんが上に居るからねえ。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    朋党なんて百害あって一利なしだよ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >>12
    そのスポーツマンも実際は席の取り合いだしねw

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ポール対ジョン

  19. 人間七七四年 | URL | -

    小野和泉と由布雪下が豊後出身の家臣のまとめ役で
    薦野増時と米田比鎮久が筑前出身の家臣のまとめ役ってだけで
    対立してたってほどでもないけどな

    >柳川の戦いの時にこの二派の対立を直茂に突かれたりしている
    歴史群像の受け売りだと思うけど、八院で和泉のピンチを救ったのが増時の子の成家だし、
    直茂を持ち上げるにしても、ちと無理があるんだよなあ

  20. 人間七七四年 | URL | -

    雪下さんも居るし致命的な内部分裂まで至ってないやろね。
    そんなに酷い内部対立ならポジション的にまとめ役の雪下さんやら若手幹部の十時摂津さんやら心労でもっと早く死んでそう。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    盗賊でもないし取り合いに必ずなるわけでもない。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    心労で早死にと聞いて、信州で信幸様がアップを始めました

  23. 人間七七四年 | URL | -

    トムとジェリーかな?

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    小野和泉が突撃しないといけない状況に追い込まれたのは鍋島への内通を疑われていたのを晴らす為で
    実際に鍋島方の茂里・茂賢兄弟が小野に対して内応工作と思われるような書状を小野宛てに数回出してる

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9446-641e526e
この記事へのトラックバック