週間ブログ拍手ランキング【08/27~09/02】

2015年09月02日 08:00

08/27~09/02のブログ拍手ランキングです!


【ニュース】黒田長政の銀色兜、実は金色だった 25

人は必ず、向かい合う対象を 23

草野介惣の加増 19
慶長伏見地震の前田利家 18

立花宗茂の家は、常に分かれていた 15
そのため、大軍の大将は 9
津軽為信、平癒の賀 7

広島城建設 8
【ニュース】「仙石秀久、圧政イメージ覆す 農村復興促す文書発 5
合戦において容赦の道は 5


今週の1位はこちら!【ニュース】黒田長政の銀色兜、実は金色だったです!
黒田長政のあの一の谷兜、本来金色だったとは!こういう意外な事が出てくるのも、歴史の面白さですねー。
しかし、あの有名な黒田長政肖像から、少なくとも関ヶ原の頃には銀色にしていたようで、一体いつまで金色だったのか、
どう言う理由で銀色にしたのか、想像は膨らむばかりです。
非常に面白いニュースだと思いました。

2位はこちら!人は必ず、向かい合う対象をです!
旧武田家の家臣から井伊直政への諫言ですが、信玄w
逸話自体は後世のものでしょうけど、武田信玄がどんなふうに認識されていたか、よく解りますね。
また、徳川四天王の中でも、本多忠勝こそ目標にすべき人物だと考えられていた、ということも解ります。
言っている内容も現在でも響くものですが、その上で色々なものが見えてくる逸話でもあるなあ、とも思いました。

今週管理人が気になった逸話はこちら!立花宗茂の家は、常に分かれていたです!
立花宗茂の家中が、小野鎮幸と薦野増時の2派にわかれて対立していた、というお話し。
宗茂さんのところはただでさえ、誾千代さんを忠臣とした旧立花家中と宗茂派に分かれていますし、武勇はともかく、
政治は必ずしも得意そうではない宗茂さんは、家中統制が本当に大変だったことでしょう。
彼が妙に達観した印象があるのは、こういう環境を経験してきたためかもしれません。
それにしても、晩年は学問にも目覚め、宗茂麾下の賢臣の代表のように言われる小野鎮幸も、若い頃は
こんな評価だったのですね。これもまた面白いw



今週もたくさんの拍手を、各逸話に頂きました。いつもありがとうございます!
また気になった逸話がありましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
( ´ ▽ ` )
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9458-3adfcfc4
    この記事へのトラックバック