筑前守長政は、親の半分なり

2015年09月03日 18:25

257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/03(木) 14:00:18.74 ID:20Shf9vm
黒田家三代目の筑前守長政は、自身の功名覚えの数は、親の半分なり。
武勇が父祖に劣っていたわけではないが、大名の生まれ立ちであるので、小事にもまれず、
匹夫の働きを仕るべき様も無いため、自身で手を砕いたことも、父祖ほどは無かった。

日向において薩摩者と合戦の時は、16歳でひ弱であった。薩摩の野郎は、三尺あまりの刀にて
筑前守の刀を打ち落としたため、中脇差しで斬り合いをされ、既に危うい時、大小姓の
井上伝次と申す者、彼も他の敵と渡り合い、鑓で突き伏せ、首を取ろうとしていたのであるが、
筑前守が危ういのを見つけ、倒した敵を打ち捨て横合いに駆けつけ、向かってくる敵を突き倒し、
その頸を筑前守に取らせた。これが初めての功名であった。

その後朝鮮において自身の手柄が3度あるとの事であるが、私はそれを聞き覚えていない。

治部少輔の乱の時、美濃合渡川を一番に渡り敵を追い崩し、我も我もと首を取った。
この時、敵の中に、引き退いていた朱の鑓を持った武者が立ち戻ってきて筑前守に
追い掛かって来た。彼は鑓を繰り出し一歩も引かず、相掛かりに掛かって来、筑前守は
大いに苦戦した。その上彼は馬上一人に徒歩のもの二人を引き連れており、
筑前守は敵い難く思ったが、ここで逃げては大いなる恥である、是非に及ばずと思い
乗り掛かった

ここで、筑前守は龍若という草履取りに兜を持たせていたのだが、この時は兜を着けており、
龍若は兜立てだけを持って供をしていた。ところが、そんな龍若が筑前守の馬の左から
走り出て打って掛かり、彼の朱の柄の鑓を打ち落としたのだ。
ここに筑前守も攻め掛かり、徒歩のもの一人を突きふせ、鑓にて突き詰めながら龍若に頸を打たせた。
ちなみに朱槍を打ち落とされた敵は、行方が知れず、つまり逃げたのだという。

さて、合渡川を渡る時、逃げる敵を追いかけたが、どういうことか、泥の深い堀に馬ともども落ち、
筑前守は兜の、水牛の角の前立ての先端だけが見える有り様であった。
この時、堀平右衛門、林五助と申す者達が駆けつけ、堀に飛び入り、漸く目で見れるところまで引き上げ、
その後筑前守は堀平右衛門の馬に乗せ、堀は林五助の馬に乗ってそれに続いた。林五助は堀に落ちた馬を
引き上げこれに乗ったため、他の者達から殊の外後れ、大事の場を徒に流してしまう結果となり、
彼は豊前において二百石取っていたが、筑前に転封しても、漸く四百石取りに留まった。

合渡川・関ヶ原の合戦で甲斐甲斐しく働いたと見られた者達の内、知行二百石、三百石あたりの
者達は、二千石、三千石取りとなし、俄に勇者と呼ばれ鼻を高くしていたが、林五助は
悪しきことをしたわけではないのに、堀平右衛門に馬を取られたことを甲斐なく思ったそうだ。

(古郷物語)

これが有名な古郷物語の長政disりの一端である。



258 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/03(木) 15:01:31.89 ID:0SOmuC4G
甲斐守なら甲斐甲斐しく働くのは当たり前?

259 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/03(木) 16:23:02.66 ID:3V430k5x
えっ、そうなの甲斐?

260 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/03(木) 16:49:10.15 ID:48vmJeF2
水から角だけ出てるとはシュールなシーンやな

261 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/03(木) 21:12:46.08 ID:X32l0URV
角付き兜の愛用者にはよくある事

262 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/03(木) 21:15:30.35 ID:mIPyY6AR
潜望鏡ですね、ペロペロ
スポンサーサイト


コメント

  1. あ | URL | -

    十字架前立てなら、ズブズブ沈んでたら見送りそうやな。

  2. 人間七七四年 | URL | 6PJ/MFlE

    この人気づくと川に沈んでて、時々前立てだけが見えてるとか、そんなイメージなんだが。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    実は前立てから面頬までチューブが繋がっていて水中でも活動できるんだ。内緒だよ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「勇猛果敢のしるし」ってそういうことだったのか・・・w>前立て

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >自身で手を砕いたことも、父祖ほどは無かった
    普通ある程度の石高の家なら、何処の家の御曹司も同じくらいの状況じゃないですか?
    むしろ、その中でも長政は武勇を十分誇ってると思うのですが・・・
    生まれた状況を平然と無視されるんですねぇ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    他家の御曹司と比べてどんなかなんて話してないんだろう
    むしろ「御曹司でした」以上の意味はない

  7. 人間七七四年 | URL | -

    角を伸ばして敵の武将の超人強度を吸い取るんだよ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    スケキヨ兜

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    だからどうしたんだ?
    他人に絡んで楽しいのかお前?
    お前の見解なんか誰も興味ねーよw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    七人の悪魔武断派(三成視点)
    バッファロー長政、スプリング正則、マウンテン清正、ブラック忠興、カーメン嘉明、アトランティス輝政、ステカセ幸長

  11. 人間七七四年 | URL | -

    実はいい人なんですね<バッファローマンな長政

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    そういうことが良いことみたいに思われるようになったのって、やっぱ秀吉が天下とってからなのかな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    異見会でハリケーンミキサー死のコースを浴びる姿が見えた<バッファロー長政

  14. 人間七七四年 | URL | -

    見解ってなんだ
    ありもしない行間を読み取っちゃうような人はかなわないな

  15. 人間七七四年 | URL | -

    いちいち煽るのはやめとこうぜ

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※10さん
    地味に水軍率いて仕事してる加藤さんはアトランティスじゃね?

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ブロッケン長可「高遠の赤い雨!」ヒャッハー

  18. 人間七七四年 | URL | -

    皆キン肉マン好きだなあw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9460-0036c3ea
この記事へのトラックバック