島津義弘夜討の提案

2015年09月25日 17:56

362 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 21:19:33.61 ID:DmuJRcgR
慶長5年(1600)9月14日、関ヶ原の役。赤坂に徳川家康の旗印が立つと、西軍は大いに動揺した。
その日、石田三成は大垣に諸将を集め軍評定を行う。ここで島津兵庫頭(義弘)が提案した

「今夜、野郎共を赤坂に遣わし、先陣の陣屋を焼き払えば、敵陣は必ず騒動となるでしょう。
その時大軍を以って合戦を行えば、一戦にて敵を尽く討ち滅ぼせるでしょう。」

しかし石田三成は反論した
「今度の合戦は必ず勝利する。田中兵部(吉政)も我らに味方して、合戦中に返り忠を行うと確約した!」

これより前、三成は田中吉政に使いを出し書状を以って自分たちに味方するよう申し遣わしたが、
吉政は偽って同意の返事を出したのを、三成は信じ彼を頼りとしたのだという。

これに義弘
「田中の返り忠というのは心もとない!左様なこと、多くは期に望んで相違があり、また謀にて
偽りの同心の返事をした可能性もある。それを頼んで明日の合戦が必勝とは、愚かなことである!
今日、内府は長途を来て軍兵皆草臥れており、陣法も未だ定まってはいないでしょう。
その上士卒たちは陣屋を営み、食料の調理に立ち騒げば、いよいよ疲れて夜更けて熟睡することでしょう。
そこに大軍を以って夜合戦をかければ必ず勝利を得るべし!これは実を以って虚を討ち、
佚を以って労を討つの計なり!

それでも、三成は遂に同意せず、島津の謀は空しくなった。

その頃内府公の陣所では、『今夜は夜討来ること有るべし。油断すべからず』との仰せにより、
篝火を焚き、夜回り隙無く、遠見の番まで置いて用心を怠らず、その軍法は厳密であったという。

(黒田家譜)

有名な、関ヶ原で島津義弘が夜討を提案したお話。三成は田中吉政の内応を頼りにしていたのですね。




363 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/24(木) 21:25:36.05 ID:+Qt9rNs+
田中はもし西軍有利になったらほんとに裏切る想定もしてたのかな

364 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/25(金) 01:16:30.39 ID:aMAnNCDO
田中吉政ごときをあてにするってありえんだろ

365 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/25(金) 01:42:51.92 ID:1ElstaQP
包囲網が吉川一人のために瓦解するんじゃーね

366 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/25(金) 07:37:42.50 ID:6vHuZ6nT
秀次派が西軍に寝返るだろうか?

367 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/09/25(金) 08:41:36.33 ID:tz+AIFcm
自分の城で徳川勢が留守してる状況で田中吉政が寝返るとか無いわ

あと秀次切腹の時にも咎めがなかった人達だから、秀次派ってのは
無いんじゃないかな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    生き残った秀次の家臣は三成の下に移ってるのもいるしねー

  2. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    え?黒田家譜に島津が夜襲を主張した説の記述あるの?てっきり西藩野史が最古の文献だと思ってた

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    自分も意外に思った
    夜襲献策は無かったという説もあるけど、島津側の史料以外にもあるとなると、全くその通りでは無いにせよ近しい何かしらはあったのかも知れんね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    鳥居さんが鬼島津を伏見城に入れなかった判断は正解だったかもな。
    奇襲の可能性がないとも言えないわけだし

  5. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    ※2です。
    慌てて黒田家譜読んだら確かに書いてある。
    直接読みたい方は近代デジタルライブラリーへgo!
    ttp://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1023982

    江戸後期に民間で作られた「西藩野史」ならともかく
    「黒田家譜」は福岡藩の公式文書で成立も17世紀。
    自分は、夜襲献策無かった派だったんだが、考え直さきゃならんな。
    根白坂で陣地に夜襲かけて酷い目にあったから、
    赤坂の陣地に夜襲なんて考えないだろうと思ってたが、
    島津ならやりかねないw

  6. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    「野郎共」でいきなり噴いたのは俺だけか?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    確か関ヶ原後に島津義弘から黒田長政へ徳川家に取りなして欲しいという手紙が、大関ヶ原展(福岡会場)で展示されてましたね。黒田が島津から何か聞いてる可能性もあるのかな?

  8. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    仕掛けてても家康が備えている以上、第二の根白坂になってただろうし、
    三成の判断が間違いとは言えないけど、田中吉政の内応をあてにするのはなぁ…

    ※5
    ありがとう。黒田家譜って17世紀の成立だし官兵衛関係はともかくとして、
    長政絡みの関ヶ原で島津が夜襲を提案したのって結構信憑性高いのかもな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    黒田家譜って、官兵衛関係もアレだけど、長政についても大概な
    持ち上げっぷりだと思うけどなぁ

    ときどき本物の文書使って、それっぽく見せてる分だけ、戦記もの
    より誤解を招きやすいと思う。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    ( ・∀・)人(・∀・ )ナカーマ
    多分「自分の手勢」位の意味なんだろうけど
    突然文章で見たから吹いた

  11. 人間七七四年 | URL | -

    単純に田中吉政を”あてにならない”&”役に立たない”とダブルで貶めてるだけにしか。島津の夜討の話は後付けにしか見えない

  12. 鎌倉幕府 | URL | -

    佐吉は保元の乱を知らなかったのか?
    それとも田中が他の武将も誘うと考えていた・・・?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    1713年成立とされる関原軍記大成だと夜襲案は
    確か小西の提案という記述になってたので
    年代の古い黒田家譜に類似の記述があるからといって
    史実認定は危険だと思う


  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    保元の乱の時と違ってむしろ、この状況での夜襲は効果なさそうだと思う。
    況してや東軍も警戒してたとなると尚更デメリットも大きい。
    正直前々から歴戦の猛者である鬼島津がこんな軽卒な作戦提案するとは考えづらかったんだよね。
    あと、独断で作戦を却下できるほどの権限は三成には無かったし
    やっぱ島津夜襲案は創作じゃないかなあ?って思う。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9493-627fa728
この記事へのトラックバック