矢印の心得

2015年10月02日 17:45

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/01(木) 19:26:21.03 ID:az8/UmTJ
ある老人に曰く、矢印(矢に持ち主の名を記したもの)を書くには、心得があるという。

大阪の陣の時、筒井伊賀守(定次)が、徳川家康の不審を蒙り鳥居家にお預けに成ったが、
その後、大阪城から射られた矢に、『筒井伊賀守』と印した物が大量に見つかり、これによって
筒井家への疑惑は膨らみ、遂に切腹が仰せ付けられた。
筒井家がお預けに成った時、武器のたぐいは皆没収されたのに、矢だけがどうして大阪城中に
入ったのか?これは筒井家の滅びる時節だったのであろう。

また、岡田将監曰く、遺恨ある者を刀で殺さず、矢にて殺す事があるが、この時深く巧みな方法がある。
至極能書な者に頼んで、自分の矢印を書かせてておいて、その矢で遺恨ある者を射殺す。
そして御詮議がある時、

「これは私の筆跡ではない!それなのに我が姓名が記されているのは、私に罪を負わせようとする者の
企みである!しかし、もしも私がやったという確かな証拠があるのなら切腹仕る!」

そう言って罪を逃れたものがあったそうだ。

(明良洪範)




378 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/01(木) 21:18:31.91 ID:XwpcueLV
代書した人間はどうするんだろう?

379 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/01(木) 22:23:09.13 ID:s7yqSbMp
これはつまり、武将本人が悪筆だと知れ渡ってるということだよな……

380 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/01(木) 22:31:24.52 ID:EbbEWcgo
>>978
口封じのために……
いやどうにもせんだろw

381 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/01(木) 23:09:53.05 ID:UXowoBn1
978に期待

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    約600レス先か…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    筒井家は定次自身も身内も運が悪かったのでしょう。
    領地的にも目を付けられてたのかも?

    >>978
    未来を先取りし過ぎてる!?きっと予知能力者だな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ?「この矢印には穴が開いていないので偽物です」

  4. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    どうでもいいけど、改易は大坂の陣の時じゃなくて1608年じゃね?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    伊賀は大阪に出るのも、京にでるのにも要衝中の要衝だからなあ
    定次の後釜が藤堂って時点で幕府の思惑ありきだろな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    筒井くんは犠牲になったのだ。犠牲の犠牲にな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    どういうことだってばよ…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9503-b16d41f9
この記事へのトラックバック