秀吉の愛妾が秀頼という男子を生んだ

2015年10月06日 19:26

403 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/06(火) 00:47:37.43 ID:0a5oehs5
 賊魁(豊臣秀吉)には子がなかったので、妹の子を自分の養子にした。賊魁が、大閤と自称するに及んで、その養子を関白にし、伊勢・尾張などの州を分って領土としてやった。
 
 壬辰(1592)年の冬になって、秀吉の愛妾が秀頼という男子を生んだ。
〈ある者の言うには、大野修理大夫(治長)なる者が、秀吉の寵を得て、つね日ごろから寝室に出入りし、秀吉の愛妾とひそやかに通じて生んだのだ、と〉

秀頼が生まれてからというもの、関白(豊臣秀次)は、自然と心に疑いや懼れが生じ、暗に叛意を抱いた。石田治部(少輔三成)は、彼に従いながら、これを陥れた。
秀吉は、関白を自決させようとしたが、関白は紀伊州高野山に逃れ、剃髪して僧となった。秀吉は、ただちに、その所在で、またこれに死を賜った。
〈倭の法では、死罪に当る者でも、領土を捨てて僧侶になれば、通例として不問に付すのであるが、秀吉だけは、関白を殺してやっと満足したという。〉

 関白の屋敷も包囲し、その部下を一人残らず殺してしまった。その屋敷は没収して、加賀大納言(前田利長)の与えた。

(看羊録)

秀頼出生にまつわる浮名が朝鮮の捕虜にまで耳にしているということは、当時でも有名なゲスネタだったのかも



404 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/06(火) 07:52:40.25 ID:ipxYJqjU
スキャンダルはいつの時代も盛り上がるんだねえ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ただ、大野うんぬんは
    豊臣アンチの惺窩さんのdisりをまともに受けとった
    カンハン氏がそのまま転載しただけ、という可能性も
    微粒子レベルで無いでもないかも?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    フロイスも民間に「実の子ではない」という噂があったと記しているので、事実の可能性はある

  3. 人間七七四年 | URL | -

    それにしても、海の向こうでも「だいたいこいつのせい」と思われて(書かれて)た三成ェ…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ①秀吉は種有り。だが淀殿以外の妻妾がことごとく産まず女だった。
    ②秀吉は種無し。淀殿は他の男の種で孕んだ。

    どっちが可能性高いかと言えば・・・

  5. 人間七七四年 | URL | -

    しかし秀頼自身は、この噂をどう思ってたんだろう。
    まさか全然知らんってことは・・・ない、よな・・・? いくらなんでも。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    そのあたりが、後の対徳川強硬路線に影響したのかも。

  7. あ | URL | -

    大野治長って人物は不器用なりに頑張ったと思うわ。
    茶々と駆け落ち、あくまで旧主君の子として補佐し、ひれ伏し。
    最期まで共にしている。
    来年の大河で苦悩込みでいくらかピックアップして描いて欲しい。
    滅亡の黒幕&真田の引き立て役から一歩昇華して欲しいもんだ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    秀吉は以前にも子供が生まれていた可能性があると云う話しはある。
    他の可能性を入れないのはちょっと早計だと思う。

    ※7
    >一歩昇華して欲しいもんだ
    同感です。治長さんは秀吉の馬廻衆に抜擢されただけでなく、福島隊に属して
    戦い抜いた技量から、ある一定の武将としての能力も有していたと思う。
    片桐且元の大阪城立ち退き後の主導的立場も、それ以外の人材が居たとも思えない。
    分かっている範囲内の活動も、ただ豊臣家臣として活動していただけなんですけどね。
    (前任の片桐且元も同じ様な経歴と活動だから、別段可笑しい立場じゃないんですけどね)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    2ですな。ただ、その数が極端に少ないだけの可能性もあり、
    一概に100%不妊ではあると言えないので、
    僅かな可能性が的中したのやもしれない。

    でも‥ねぇ?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    ③秀吉は種あり。だが淀殿以外の妻妾にはことごとく後ろの穴に突っ込んでいた
    …うん、無いな

  11. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    もし、淀殿の生んだ子が女児だったらどうなってたんだろう。男児を望んで何度か出産しても、全部女児だったとしたら、どんな歴史になってたんだ…

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    その場合は、既定通り秀次に継がせてた気がする
    年齢差によっては、秀吉と淀との生まれた娘を、正室待遇で嫁がせてたかもしれない…と思う
    (その時既に正室いた場合?殿下なら離縁させてでも娘を嫁がせそう)
    その場合は、豊臣政権も少しは延命していたんじゃなかろうか

    …そう考えると、本当に豊臣って秀頼が生まれた時点で詰んでたのかもなぁ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    しかし三谷は「何だここ変人しかいねぇ!」っていうシチュ大好きだし、
    変人の中に一人凡人を混ぜてテンパらせるのも大好き。

    好き放題の牢人軍団と世間知らずの城主親子の間に中間管理職一人とか、
    その構造、性格的にいじらずにはいられないと思う。

    八嶋智人や生瀬勝久がまだキャスティングされてないのも怪しい。

    何が言いたいかというと、多分治長はコメディリリーフだ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13

    どうせ大野治長を道化扱いにするなら、大河ではあまり見られない「筋肉ネタ」で押せる「バカキャラ」の方が面白い。真っ先に思い浮かんだのが某ジャニの塚田あたり…ヅラ付けさせれば年齢的違和感はなくなる(身長を無視するのは大河のお約束)

  15. あ | URL | -

    大野兄弟の筋肉キャラは火あぶり黒焦げの人やろなぁ。
    でも治長兄貴が八嶋さんだと切なすぎるストーリーになりそう。

  16. あ | URL | -

    陳腐な漫画表現批判覚悟なら三成役の山本耕史が二役で大野治長もありそうやけどな。
    大蔵卿局を女装した山本浩二が演じれば絶賛するが。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    衣笠は女装しなくていいですか?
    田淵とか星野とかは

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※16※17
    カープ女子もビックリやね(ニッコリ

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    広島のヤクザが東京に攻めてきたコピペ思い出したわw

  20. 人間七七四年 | URL | -

    大河といえば「秀吉」で長浜時代に、側室に男児を生ませたけど、その子が木から落ちて亡くなった。って場面がありました。もしかしたら鶴松が生まれる以前に男児がいたかもしれません。
    テレ東の歴史番組で「北政所が、その男児だけでなく、鶴松も殺害した」ってあったけど、眉唾物ですよね。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    まあそういう可能性もあったかもしれないけど
    その辺詳しくない当時の民衆なんかが
    「淀のお方だけ二回も懐妊・・・!? あっ(察し)」
    てなるのも無理はないと思うよ

  22. 人間七七四年 | URL | -

    20
    長浜時代の子供は、亡くなったのは元服前の子供なのに
    秀勝という大人の名前がついてるのはおかしいと指摘されてたような
    そもそも南殿って京の遊女説あるから
    城主の側室になる為に、他の男の子を孕んで「貴方の子よ」とやったんでは?
    長浜時代には娘の為に寺に無病息災を祈願したから娘もいたと言われるが
    時期的に養女になったばかりの豪姫(前田利家の娘)かと

    秀吉の側室衆は、秀吉死後に公家に嫁いでるけど
    何人かは子供をもうけているので、女性不妊で子供が生まれなかった可能性は低い
    母も妹も子沢山だったから淀もその遺伝子を引き継いだと擁護する人がいるが
    市は多産と言われるほど産んでない、当時の標準人数だし
    初は子供がいないから、全く的外れの理論だよ
    それを言うなら、寧々も姉妹は子沢山なのに、寧々にだけ子供がいないのはおかしい
    他の男と結婚してたら、寧々も子供は授かれただろうけど

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※22
    石松丸はほんとに実子なのか? かなり疑わしいと思う
    南殿も、山名家のお嬢説、地侍の娘説、遊女説とはっきりしないしなあ


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9509-0a334b89
この記事へのトラックバック