FC2ブログ

小早川秀秋には国替えの望みがあった

2015年10月22日 10:44

852 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/21(水) 21:07:05.80 ID:0j+Esrwt
金吾(小早川)秀秋は、小早川隆景の養子となって跡を継いだことを、内心おもしろからず思っていて、
国替えの望みがあったのだが、豊臣秀吉がこれを察し、秀秋に

「石高が減っても国替えを望むか?」

と聞いた。これに金吾殿「勿論です!」

「ならば備前。備前に国替えしようか。」

そう内意の沙汰があることを金吾は聞いて、筑前から侍を数多呼び寄せた。
そんな時、秀吉は発病し、国替えのことも中断してしまった。

金吾は『御前(秀吉)の方では決定しているのに、石田三成が謀って事が不調になっているのだ!』
そう考え、三成に強く恨みを抱いた。

そんな時、徳川家康が金吾に異見した
「あなたが呼び寄せた家中の武士たちを、少々国元に戻されるべきです。」
しかし金吾は聞かなかった
「私の国替えのために呼び寄せた侍たちを、何の面目があって戻せるでしょうか!?」
これに家康
「ならば、私が申し聞かせる。」

そして直々に金吾の家来たちと対面し
「今回、金吾殿が各々を呼び寄せたのは、粗忽であったからではない。これこれの仔細があっての事なのだ。
しかし現在、太閤殿下は御病気中であり、そんな時期に大勢が詰めかけているのは、金吾殿の為にも
いかがかと考える。であるので、何れも国元に戻る方向で、相談してはくれないだろうか?」
そう仰せ聞かせた。

この事で、金吾は外聞まで宜しくなったとして、以後家康に一層傾斜し、三成に対しては
猶もって恨み深かった。
関ヶ原にて家康の味方となった時も、家康からの書状に対し男道(武士道)の儀について、
近年申合わせた通り少しも違いなく、よってこの合戦に家康は勝利したのだという。

(武功雑記)



853 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/21(水) 21:16:00.83 ID:zMeGdL5U
宇喜多が納得するとは思えないがな

854 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/22(木) 00:46:04.47 ID:OjVdeQG2
本物のアホだったのか?

スポンサーサイト





コメント

  1.   | URL | -

    地元岡山でも小早川はほとんど話題にならんからな
    宇喜多はたまに出てくるけど

  2. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり九州はそんなに嫌か、そうか…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >男道
    なんか宮下あきら先生風の作画でイメージ出来そうw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    いくつか講談とか読んでるが、男道なんて聞いたこともねぇわ

    江戸時代らしい言葉使い でいいんだろうか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    そもそも宇喜多も後から来た池田も、名前すら知らない県民すらいるレベルだからな…
    「宇喜多?小早川?え?そんなのいたの?」
    冗談抜きでこんな感じッスよ…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ここまで車田正美なし

  7. 人間七七四年 | URL | -

    自分は島本和彦でイメージしたわ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※5殿
    じゃあ誰が一番有名なんでしょうかね。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    秀家も自分の養子(猶子?)だから何とでもなると思ってたのかな
    驕れる豊家久しからずだな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    桃太郎!!!(絶叫)

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ※5(岡山出身)だけど割りとマジで10殿が正解。逆に聞きたいのですが、一般人でも知ってる岡山の偉人って誰なんですかね…
    存命人物は無しで、ガチでお尋ねしたい…orz

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >>11
    いない。
    清水宗治、明石全登とか戦国好きなら名将だし知ってるだろ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※10殿、※5・11殿
    ※8です、ありがとうございます。
    今は(まとめを知ってからは)岡山で思い浮かぶのは宇喜多さんですが
    その前だったら・・・やっぱり10殿と一緒で桃太郎ですかね・・・
    ごめんなさい。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    姫路城が岡山県にあると勘違いされると思いますが、もしかして私だけですかね(;゜∇゜)
    私も桃太郎しか思い浮かびません。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    清水宗治や山田方谷とか地域で盛り上げれば立派な人だし有名になるでしょう

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※14です。調べたら「吉備真備」とか、「和気きよまろ」とか、教科書に出てくる人や「北条早雲」がいました。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    諸説あって旗色悪いけど、宮本武蔵とか。

    戦前だったら、児島高徳とか和気清麻呂とか誰でも知ってたんじゃないかな。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    あー俺もだわ。播磨や播洲って聞くと何故か一瞬、岡山が思い浮かぶ。
    兵庫=神戸=関西=畿内みたいな前提があって、地理が全体的に東に寄ってるんかもしんない。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    和気清麻呂も岡山でしたね。
    大隅に流されているからあまり岡山の印象なかった。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    山口のイメージが強いけど、実は雪舟も備中出身。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※5だけど、皆さんの答えに救われました、ありがとう。

    一応、山田方谷とか宇喜多とか早雲とかも売り出してはいるんですよ、実家の俺のカーチャンが(前よりは)知名度上がってるって言ってましたから。
    ただそれ以上に、桃太郎とB'○の稲葉さん(県北だけど)の方が知名度高いってだけでね…(´・ω・`)

  22. 人間七七四年 | URL | -

    桃太郎は仕方ないな

  23. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    地味ですが法然上人と栄西上人も岡山県人ですよ。一宗の開祖2人以上を出したのは他は京都と奈良くらいです

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ここまで出てきた名前見ると岡山の偉人は、
    意志が強くて自分だけの哲学を持ってる人の多い感じするね。
    たしかボクシングの辰吉も岡山でしょ。
    まさにあの感じ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    意思が弱くて自分の考えがない偉人が果たして存在できるのかと言うと

  26. 人間七七四年 | URL | -

    秀秋「・・・」

  27. 人間七七四年 | URL | -

    秀秋に優柔不断ってイメージは無いなぁ、この逸話でも即決してるし

  28. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    偉人?

  29. 人間七七四年 | URL | -

    作家の内田百間はどうですか。

  30. 人間七七四年 | URL | -

    ローマの五賢帝の中には
    彼の業績はトラヤヌスに譲位したこと、ただそれだけ
    歴史家が何も書くことがなかった

    なんて茶化されるくらいの人物が二人いるけどな
    まぁほんとはなんかやってたんだろうけど

  31. 人間七七四年 | URL | -

    岡山出身といえば、大山康晴(将棋。現倉敷)。
    升田幸三が、岡山のケチ坊主とよんでおった。ちなみに、升田は、広島出身。

    あとは、津山だと、箕作麟祥とか(ただし、出身は津山藩江戸藩邸)。

  32. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    都井睦雄。

  33. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    なんかこれだけ読むと、三成完全にとばっちりの逆恨み受けてね?

  34. 人間七七四年 | URL | -

    本来なら数少ない親族衆として秀頼を助けなきゃいけない立場じゃないのかなー 養父様がTERUの面倒みたように

  35. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ガキの頃からアル中だったみたいだし無理でしょ

  36. 人間七七四年 | URL | -

    秀頼のせいで跡継ぎ候補から脱落してたらい回しされた人だし
    無私に献身できなくても非難する気はしないな
    アル中になった原因もそこらへんの可能性あるし

  37. 人間七七四年 | URL | -

    「英傑は己を知る者のために忠義を尽くす」という言葉が有る。
    秀秋は自分を捨てた豊臣。自分を蔑にした小早川家と、その親玉である毛利家。
    どちらも忠義を尽くす値なしと判断した。

    「自分を支援してくれた徳川家康は忠義を尽くす値がある」と感じたからこそ、関ヶ原の戦いで埋伏の毒となり東軍に貢献したのだ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9548-8e32e017
この記事へのトラックバック