依田信蕃、二俣城を引払う

2015年10月23日 19:49

856 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/22(木) 16:11:23.65 ID:WhZxo45m
依田信蕃、二俣城を引払う

勝頼が長篠で敗れた時、依田(芦田)信蕃は二俣城を守っていた。東照宮の軍は3月より二俣城に攻め寄せ、東照宮は南方の山に本陣を置き、城の四方に付城を築いた。
依田も城を固く守ったため長期戦となること11月。この時、「城を渡し甲斐に引揚げよ」と勝頼から依田のもとに再三使者が来たが、依田は聞き入れなかった。
勝頼が自筆の書状を送るに至りようやく依田も開城を決意し、12月下旬に人質を出し、23日に城を明け渡すと約をなした。
しかし当の23日に雨が降ったため依田は「蓑笠をつけていてはみっともない」と天候の晴れた26日まで城の明渡しを引延し、開城後に二俣の川辺で人質を取換え、堂々と引揚げていった。

依田が小勢で城を久しく守り抜き、開城の作法が見事であったことに東照宮も感じ入り、後に依田を召抱えたそうな。

『常山紀談』
この後また権現様に田中城にて囲まれる依田さんであった。




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    よだっちって不運にも早死にしちゃったけど長生きしてたら奥平とまではいかなくても重宝されてたろうなあ
    それくらい才能のある将だとおもう

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    子供らは松平姓も貰えてたから、子供らが早死にや不祥事さえなければ
    小大名コースには余裕で乗ってただろうな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9551-09fd0903
この記事へのトラックバック