そして「驍将」「羽州の狐」という異名が誕生した

2015年10月26日 18:49

539 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/25(日) 15:24:44.40 ID:VCeKIptj


それまで全国的に今以上にマイナーであった最上義光をテーマに本を著したのが誉田慶恩である。

誉田慶恩は「奥羽の驍将-最上義光-」(1967年6月)で駒姫と最上義康の非業の死と、最上義光没後の短期間での御家騒動を元に義光を積極的には評価せずに、
暗殺や謀事の面から「驍将」「強い者に膝を折る卑屈な人物」「暗殺や謀事を得意とする梟雄」といったテーマで人物像を位置付けした。

1971年3月に「山形市史・中世篇」が纏められたが、大部分は誉田慶恩の最上義光像がそのまま公史に取り込まれた。

市史は義光と最上家を取り扱った中世篇から出版がスタートし、古代史篇や史料篇が後年に渡り纏められたが、
郷土史に係わる人物はそれほど多くなく、研究者の数も限られた。
そして最上義光を研究していた佐々木銀弥といった人物がこの市史と前後し登場する。

佐々木銀弥「秀吉の勢力が天下を支配したところ、その威を借りた義光のずるがしこいやりかたは、まさに虎の威を借る『最上のきつね』とでもいうべきであろう」

誉田慶恩並びに佐々木銀弥の本は近世に置ける最上義光のイメージを定着させ
大河「独眼竜政宗」で見られる様な
最上義光=暗殺が得意で裏で暗躍する謀将
ーといった武将像と驍将・最上の狐→羽州の狐の異名が誕生した。




541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/25(日) 16:45:01.99 ID:jaBqglJz
松永霜台と通じるものがあるね

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/10/25(日) 17:03:25.73 ID:3gq2Bg1h
弾正はあれでええんや…w
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    逸話じゃないなあ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    今まで逸話じゃないのは何個もあったじゃないの
    この話は「謀将」最上義光の評価が決まった逸話みたいなものだと思うよ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    驍将って悪い呼び名なのか?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>3
    森長可みたいな荒々しい将

  5. 人間七七四年 | URL | -

    一気に悪い呼び名感がアップした<鬼武蔵みたい

  6. 鎌倉幕府残党軍 | URL | -

    匿名希望高重

    ・・・講談や時間がたち過ぎた資料で歴史を編纂してはいけない(戒め)
    はっきりわかんだね。

  7. 人間七七四年 | URL | -


    強くて勇ましいさま
    力強く猛々しいもの
    猛(たけ)る


    人の上に立つ資質

    森長可やジャイアン

  8. 人間@5年 | URL | HLrqDUJ6

    (●∀゜)「へ~『羽州の狐』って当時の呼び名じゃないんだぁ、似合ってんのにW」
    (´・ω・`)「『独眼竜』だって後付けだろうが!」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    「山形のロンメル」←かっこいい
    「東北のわんこ」
    「山形のぎんぎつね(´・ω・`)」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    兵十「義光…おまえだったのか…毎日鮭をくれたのは」

    #ごんぎつね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    山形に近い宮城の蔵王にある「キツネ牧場」は、義光公にあやかり、キツネだけが飼われてます(嘘)

  12. 人間七七四年 | URL | -

    羽州の鮭

  13. 人間七七四年 | URL | -

    鮭様の場合、暗殺は自分でやる派だから、キツネよりもっと大型の動物のような気がする。トラとかヒョウとか。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    山形のロンメル「鮭の補給が足りない」→敗走

  15. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    >山形のロンメル「鮭の補給が足りない」→敗走

    氏家・バイエルライン・守棟:「総司令官が司令部ほったらかして、前線に出るんじゃねえっつってんだろ!」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    山形のサモエド
    山形の白熊(・ω・)

  17. 人間七七四年 | URL | -

    白熊おいしいよ

  18. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    逸話にちなんで鮭か亀か
    あるいは猫か

  19. 人間七七四年 | URL | -

    鮭様→最上義光
    猫が本体→小田氏治

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    キツネだってニワトリくらいなら殺せますぜ

  21. 人間七七四年 | URL | -

    山形の猛虎タイガージェットオシン

    既に武将関係ねぇorz

  22. 人間七七四年 | URL | -

    結論:鮭様はかわいい

  23. 人間七七四年 | URL | -

    もうここまでくると歴史ですらないね。よくもこんな物語を題材に
    地元の歴史と認定できたもんだよ。

    >>佐々木銀弥
    こんな奴が歴史学者?ペテン師の間違いだろ!

  24. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    狐は天童の守り神だから却下すべきだったんだよなあ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    最上義光の評価が落とされたのは誉田慶恩にはじまり佐々木銀弥で拡張、服部天皇がとどめってイメージだな。

    昭和50年代の人物往来社の本の最上義光の説明に「慶長出羽合戦で上杉軍に敗れたが、徳川家康の関ヶ原の勝報によって51万石の大名になった。子の義俊の代に改易」といった怪しい文章があった。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    ロンメルは訛りがキツいので首都ではバカにされていた

  27. 人間七七四年 | URL | -

    山形のサモエド。何か可愛い。

    (鮭の国から)
    義姫「ルルル~、ルルル。」
    (´・ω・`)「ゴロゴロ」
    志村「何、喉を鳴らしてるんですか。帰りますよ。ほら、義姫様も。」

  28. 人間七七四年 | URL | -

    昭和50(1975)年佐々木銀弥「日本の歴史文庫9-戦国の武将-(講談社)」
    この本の「秀吉の威を借る最上の狐」という表現がのちの書籍等でも紹介されるなどして、世間一般に広まったとみられる。
    佐々木銀弥は同書で最上義光をネガティブなイメージをもって「狐」と表現したものであり、地元山形においては拒否的な傾向がある。

    参考:最上義光歴史館
    ttp://mogamiyoshiaki.jp/?p=log&l=87187

  29. 人間七七四年 | URL | -

    「暗殺や謀事を得意とする梟雄」ってのは貶めなのかねぇ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9555-79babfe1
この記事へのトラックバック