「命は僅かの内にある」

2015年11月05日 07:05

934 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/04(水) 19:42:20.51 ID:qRWzCR7G
ある時、武田信玄は禅宗の小僧と行き合い、小僧に向かい、
「地獄や極楽はどこにある?」と尋ねた。

これに小僧は、「糞喰らえ」と言った。信玄は顔色を変えて、
「憎き悪口の者だな!」と戒めた。すると小僧は「これが地獄だ」と答えた。

信玄は刀を抜き、小僧に突き付けて、「お前は生ける者か?
それとも死せる者か?」と、問うた。小僧は「死せる者だ」と言った。

信玄は刀を振り上げて、小僧を討とうとした。すると小僧は逃げ去り、
「命は僅かの内にある」と、言ったのだという。

――『一話一言』



935 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/04(水) 23:23:46.36 ID:mNl4RRMn
いや、わかんねえwから
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    華陀?
    左慈?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    果心居士じゃね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    小僧「目の下にあり」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    この返しはよいと思う。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    信玄はなぜ小僧なんかに…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    得度前にこのやりとりをしたなら所詮信玄坊主はただの破戒僧。相手が本当に小僧なのか「小さな僧」なのかは知らないが死生観を知る僧に糞食らえと言われ刀を抜いた行為を(無間)地獄と言ったのかな(と勝手に想像してみる)。

    (仏教上での)地獄の期間に比べれば人間の一生など虫けらどころか微生物未満だし…いくら仏門に帰依しようが信玄が地獄に落ちない理由はどこにもないが

  7. 人間七七四年 | URL | nLnvUwLc

    あっかんべぇ一休ってマンガの怒れば地獄。人は仏のままいればいい。武士に諭したエピソード思い出す。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まさに禅問答

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ただ刀出されて逃げただけなら、

    「なにが生死の悟りだよw」

    なんだけど、

    「命は僅かの内にある」

    これがあるからこのやりとりの武田信玄もパっとしないんだよな。
    小僧斬る刀じゃないし、小僧もやすやすと斬られるわけにはいかない

  10. 人間七七四年 | URL | -

    武田信玄「地獄や極楽はどこにある?」

    宇喜多直家「このお茶を飲めば、どちらかに行けます。」

  11. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    今の法要の後の法話なら「地獄や極楽は東でもなければ西でもない。じつは南にあるんですよ、南、みなみ、みな・身にあるんですね」と語って、聴衆が感心するくだりなんだけどな。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11

    補陀落渡海だと浄土求めて南に向かうんだっけ

  13. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    ※12さん
    はるか南の海に浮かぶポータラカ山が観音の浄土と云われているから、南の海を目指す(紀州とか土佐とか)のと、水辺に面した山をポータラカ山に見立てる(日光二荒山など)のとありますね。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    僅かとは?
    やっぱり(舌先)三寸かな?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    多分時間的なもの<僅か
    仏教(に限らないけど)では人の命はとても短いものとして扱うし

  16. 人間七七四年 | URL | -

    禅宗ってあるからなぁ。曹洞宗かもなぁ。
    あそこはかなりぶっ飛んでる。
    暴力肯定というかなんというか…。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    臨済宗でしょ、公案。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9579-e43d8231
この記事へのトラックバック