FC2ブログ

草苅将監の憂鬱

2015年11月13日 18:09

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/13(金) 06:51:42.54 ID:YZvVgPpg
草苅将監の憂鬱

天正13(1585)年、天童八楯の盟主一色大夫(天童頼久)の治める天童城は勢い盛んな山形義元(最上義光)の軍勢に攻められていた

緒戦は数に勝る天童軍が優勢だったが、天童八楯の一翼楯岡満英の庶流の楯岡右馬頭(楯岡満茂)が山形勢に靡き、戦況は膠着状態となった

ときに天童頼久の下には沼沢伊賀といった美童がいた
しかし伊賀が優れているのは容姿だけで、元来無知文盲で女の胸中に似た嫉妬深く名誉欲の強い男だったので、
崇められる事を喜び、気に入らない者を頼久に告げ口し追いやる等、天童城内で好き放題をしていた

天童氏重代の家老職にあった忠臣の草苅将監は男色に耽(ふけ)り沼沢伊賀の専横を許す頼久を諌めたが聞き入れられず
伊賀は天童方の主戦力の要であった野辺澤能登(延沢満延)の名声までもが気に障り、満延に頼久の権威を笠に様々な嫌がらせをした

これを知った義光の軍行(奉行?)の氏江尾張(氏家守棟)は策を講じ、満延を寝返らせ味方とした最上軍は一気に攻勢へと転じた

満延が最上軍に降った後の天童城では味方の兵の夜逃げが相次いだ

いよいよ敗戦を悟った将監は夜闇に隠れ主頼久を奉じて陸奥の国分盛重を頼って落ち延びた

「天堂(天童)古話」「天童の昔話」

しかし翌年伊達政宗の援助を受け天童家の再興を信じ、天童出兵を図った将監だが、最上家を出奔して伊達領に逃げて来たと思われた最上義光の放った刺客の手に掛かりあえない最期を遂げ
主柱を失った頼久は兵を起こす事も出来ず、天童氏は伊達政宗の客人としての余生を送った

「伊達治家記録」



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    前田利家も、嫉妬した茶坊主に嫌がらせされて、キレて茶坊主を斬り、信長の怒りに触れて織田家を飛び出したよね。女の嫉妬も怖いけど、男の嫉妬も怖いな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    芸は身を助くというけど、ゲイは家を滅ぼすのか。
    偏見と言われるかもしれないけど、特に東北ではこの手の話が多いよ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>2
    大内義隆「せやな」
    上杉謙信「せやせや」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    蘆名盛隆「そうだな」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    つーか鮭様は
    正室の実家も側室の実家も、どっちも
    たいへんな事になってるんだなアッー!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    頼久ではなく草刈将監が主軸になる程人望が無かったら再興できても先が見えてる気がする
    後に最上の家臣に見える草刈虎之助は庶流なのかな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    草苅備前・虎之助・志摩(虎之助の子の虎正)は皆北山形~天童一帯の草苅さんと思われる

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まあ頼久も再興を早々に諦めて伊達の食客に収まったのは正解だっただろう
    下手に拘り続ければどうせ和賀忠親同様、政宗に使い捨てが結末

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >>8
    野心があるから利用される。野心がなければ、それを利用されることもない。
    戦国のような世では、野心を見せないのも、一つの処世術かもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9596-8a052b8e
この記事へのトラックバック