関ヶ原のあと、細川忠興は憤っていた

2015年11月16日 16:33

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/16(月) 07:30:32.74 ID:zgdpCvHx
関ヶ原のあと、細川忠興は憤っていた

「父入道(幽斎)が、いかに勅命だからといって、城を退去したことの口惜しさよ!
また嫡子与一郎(忠隆)の妻が、如何に女の身だからといって、正しく姑(ガラシャ)の自害するのを見捨て、
逃げ落ちたことの不覚さよ!」

そして与一郎に「お前の妻を必ず追い出すように!」と命じた。

これに与一郎は
「父上の仰せ、謹んで承りました。私もこのことを知って、すぐに推問に及んだ所、我が妻、ならびに
それに付き従う者達の証言によると、当時、事態が急変する中、母上は我が妻に対し、
『このような時に大勢うち連れて落ちるのは現実的ではありません。まずあなたが早く忍び出て、
その後私達が追いつきます。』
と仰せられたため、屋敷を出たのだということです。妻は
『あのように御自害するのだと知っていれば、どうして忍び出たでしょうか!』と申していました。
であれば、妻には誤り無きに似ていると存じます。」

この答えに忠興は激怒した。
「父の命に背くとは、甚だ以って奇怪である!今後、長く対面に及ぶべからず!」
そう言って即座に勘当した。
これより細川忠興は、父とも子とも、良からぬ仲となった。

その後、細川与一郎は妻に向かい
「私は思いも寄らず、御身のためにかかる不孝の身となった。こうなった上にも連れ添っていては、
世の人、この忠隆が妻に惑ったため、父から勘当を受けたのだと思われてしまう。それはとても
恥ずかしいことだ。

また、この忠隆は既に貧賤の身となった。妻の兄である加賀中納言(前田利長)が大名であるのを
頼っている、などと言われるのも口惜しい。」

そう言って妻を実家に返し、やがて入道して休無と号した。

(藩翰譜)




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    歌仙になっていないいい話?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    忠隆の子孫が、今は亡き政治評論家の細川隆一郎さん。この人がガラシャと三才さんの血を受け継いでる正統派の子孫。因みに元総理大臣の細川さんは、三才さんの側室の子孫。
    隆一郎さんって、ズバッと言うし、凄い怒りぽかったな。やはり三才さんの血を受け継いでたことがある。

    やっぱり三才さんはガラシャさんが絡むとDQN になるんだな。知恵袋でも「癇癪持ち」って言われてるし。
    なんか、首筋が温かいんだけど、どうしてだろう?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    嫁さんが絡むとすぐコレだよ‥。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    よく分からない。長子の嫁や鎧重ね着の鉄砲使いが逃げ出せて、なぜ正室が死ぬ羽目になったのか。

    実は色々あってガラシャだけ内々のうちに…なんてことは(魔界転生の見過ぎ)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    三斎様は戦国・安土桃山期の大名屈指の愛妻家だから仕方ないね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    愛妻家と言うより、狂妻家……おや?誰か来たようだ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    安土桃山時代を代表する超々一流の武人兼文化人だけど、
    嫁が絡むと簡単に暴走する、ってのはなんかなー
    このオッサンのおかげでいろいろこの頃のことが分かって
    面白いのに、本人は一つも面白くないオッサンだし。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    すげえとばっちり。

  9. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ガラシャの代わりに人質になったとかいう話もあったような

  10. 人間七七四年 | URL | -

    しかし忠興といい忠隆といい全く沸点が低い似た者親子な様で

  11. 人間七七四年 | URL | -

    婦女子のために親子不仲になったりするのは家に取って益無いことです

    、、、などと言ってくれるどこぞの家みたいな家臣は、みんな首級になってたんじゃとか。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    細川家は親戚も家臣団も(広い定義での)愛妻家が妙に多い

  13. 人間七七四年 | URL | -

    さすが四天王

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    正統派の子孫てなんやねん
    血のみじゃなくて墓と家名守ってる方が本家だろう
    とつっこみたくなった

  15. 人間七七四年 | URL | -

    京に隠居してもじい様や仕送りで結構いい生活してみたいじゃん
    かみさんは加賀の村井長頼の一族に嫁いだんだっけか
    しばらくは別れなかったみたいだけど

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    まだそういう家臣が生き残ってても、言ったら御手打ちになる事くらい分かりきってるだろうから、思っても絶対に言わないだろうな。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    結果としては最初の言いつけと同じく離縁なんだよなあ

  18. 人間七七四年 | URL | -

    意訳「俺だってガラシャをしばらく幽閉してたんだから、お前もそんな感じにしろ、察しろ」

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※14さん、墓守は、細川元総理でしたっけ。
    あの人は穏やかな文化人ってイメージあったけど、小泉純一郎さんに唆され、立候補してましたよね。細川家って、やっぱり狂人ぽい・・・・はい、どなた様?

  20. 人間七七四年 | URL | -

    細川家は後年の政治関連はエキセントリックな人材ばかり輩出してるしな
    (モリヒロの乱心はともかく※2の隆一郎なんて文鮮明の狂信者だし)

  21. 人間七七四年 | URL | -

    とぶちきれているように見えて,三斎様その実「今後の天下は徳川家のものだから以前からの前田家とのつながりはむしろマイナス。これを機に嫡男の前田家の嫁とは縁切っておこう」とかリアリストに考えてそうな。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    武士は面目で生きる人たちなので

    ※18
    なんで幽閉中に子供が誕生してるんですかねぇ…忠興さん

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    ゆーても関ヶ原終わった直後の話だし
    徳川も喜ぶより困惑するだろこんなん

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※22殿
    いやいや、幽閉後の生活で授かって早産で生まれた可能性もありますよ(棒)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9605-2d8277b3
この記事へのトラックバック