戦場において指物、その他何であっても落とす事を

2015年11月16日 16:34

2 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/11/16(月) 13:06:57.26 ID:zgdpCvHx
いちおつ

徳川家康公の言われた事に、このようなものがあった

「昔から戦場において指物、その他何であっても落とす事を、比興であると言う者たちがあるが、
それは不見識の至りというものだ。高名をさえ仕れば、許すべきことだ。
例えば敵の頸を取ろうと言う時、片手で鑓を落とさないように持っているというのも、
了見の無い事ではないか。」

(武功雑記)




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    彦左「だから大坂の戦で馬印の元に旗がなかったんですねえ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    宮本武蔵さんなら、片手に刀、片手に指物しても敵を切ってくれるんじゃない。指物を武器にする可能性があるけど。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    さすが合理主義者

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    カレーライスの旗指物で戦うテロリストを撃退する訓練ってやってたよな
    この画像↓
    ttp://a-odagiri.up.seesaa.net/image/1Ae1A1A1A1A1A.jpg

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    あの幟の染料にデスソースでも染込ませておけばあの程度の治安部隊なら一蹴出来そうだけど

  6. 人間七七四年 | URL | -

    幟に味噌を・・・

  7. 人間七七四年 | URL | -

    信長、秀吉、家康とかは合理主義者に成り得たよね

    一方、例えば武田家中が御旗落としたり疎かにしたら大変なことになると思う
    権威の源泉が実力ではなく家柄・血筋という伝統的なものに由来している大名は
    伝統物や権威物を疎かにすることは家が疎かになることとイメージ連動しやすい

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >>武田家中が
    武田家は旗指物を各部隊毎の色や形を統一させて、何処の部隊と分かり易く
    させることを徹底させたとあるので、確かに無くしたら大変そう。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    *2
    「カチドキアームズ!いざ出陣!エイエイオー!」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    世襲の権力者が慣例を破ると、かなりのリスクがあるからねぇ
    信長にしろ秀吉・家康にしろ、「創業者」のうちにいろいろ固められて良かったんではないかと

  11. 人間七七四年 | URL | -

    味噌だろうが何だろうが問い詰めるのは了見の無い事ですね

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    逆に攻城側のある部隊が落とした旗指物を守城側が拾って
    鹵獲品を見せびらかすつもりで城域内にその旗指物を立てたら
    攻城側の別部隊が「しまった!味方に先を越されたぞ!」「遅れを取るな!総員突撃!」と奮起してしまい
    守城側\(^o^)/オワタってなった逸話もあったよな

    島津さんちと立花さんちだっけ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12殿
    そうそう、豊久さんと宗茂さんの話ですね。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    家康「そなたの左手は何をしておったのじゃ」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    主君がこういう説明をしないとわからない頭の固い家臣もいたんだろうな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9606-7f96824e
この記事へのトラックバック