桑山修理太夫殿は宋儒の談に迷われたのか

2015年11月18日 06:49

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/18(水) 02:11:23.36 ID:LrBIlTdP
 大和新庄一万五千石を領しなさっていた桑山修理太夫(一晴)殿は宋儒の談に迷われたのか、領地に昔から有った、
産土神が鎮座なされていた各地の森を切り払い、木は取り除きなさった。
 跡は田地に仰せ付けられ、一所へ産土神の宮を引き集めなされ、当分の間は二十数社を財政の足しとなされた。
 そのようなので神罰があったのだろうか、早世が打ち続いて、ついにお家断絶におよんでしまい、
今は前の通りに産土神が御鎮座されております。
 現在もこのような事があり、それにしても神罰と言うようなものは、甚だ恐れ慎むべき事と思われますので、認め置いておきます。
(本阿弥行状記)

一通り調べたのですが、桑山氏が断絶されたこと以外には、このような話は見つからなかったんですよね



658 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/18(水) 11:08:34.80 ID:2n2BJH2w
領主が断絶された事から逆算して逸話を作ったのかな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | aNn4.8kc

    つまり区画整理絶対反対?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この人曹操に仕えたら即斬られそうだな。毎回後付け設定ばっかだし。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    松江城築城時に、城の柱が足りないからと御神木を無理矢理切った堀尾吉晴さんちも、御家断絶に遭ってるし。あながち、神罰を侮ってはいけないかもね。

  4. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    桑山って別に早世続きじゃないよね
    やっぱりこじつけなのかな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    最低一回はそれに類する事があったはず。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9608-5f4cec58
この記事へのトラックバック