さすが江戸は田舎で御座いますな

2015年11月18日 06:50

656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/17(火) 21:47:52.41 ID:L/oM8auj
高野山の按察使法印徳川家康の御前に出た時、家康は聞いた
「お前は真言宗をぬる聖道と世上に言いふらしたそうだが、それはどういう事か?」

法印は言った
「歌があります。『冬寒く、夏暑ければかたおちぬ。春秋ぬるく花も実もあり。』」

この答えに家康はついつい笑い出した。

またある時、家康が同じ高野山の法昌院に
按察使法印は博学の僧であると聞いているが、左様なのか?」
と尋ねた。

法昌院はこれに
「なるほど、按察使の事を博学の者のように世上で申しているのが、すでにお耳に達しましたか。
さすが江戸は田舎で御座いますな。
あの程度の学文の位の小僧は、高野の中には五百も七百もおります。」
そう申し上げた。

家康はこれを聞いていた時。少々機嫌が悪いように見えたという。

(武功雑記)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    按察使(あぜち)と読めなくて「あんさつし」と読んでしまったw

  2. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    「田舎って言われないようにこの街を世界一大きくしたろ」と思った瞬間であった。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    関西人が、今関東で人気の関西出身のお笑い芸人の名前を聞いて馬鹿にするのにソックリ。
    今も昔も変わらんな。
    まあその関西でガチ人気の大勢の芸人達は関東の田舎者から見ると全然面白くないから、コレも同じなんだろうな。
    そしてソレを言うとまた「これだから関東は田舎なんだ」と馬鹿にするんだろう。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    精神科の通院サボっちゃダメじゃないか

  5. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    高野での派閥争い?
    それとも単に武家を馬鹿にしてるだけ?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも家康はほとんど江戸にいない訳だが

  7. 人間七七四年 | URL | -

    そんなに大勢の知者がいるのに活躍する場がないって言うのは田舎なのでは……?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    三国志演義の張松みたいな返事だな<法昌院

  9. 人間七七四年 | URL | -

    按察使法印、真言宗なのに禅問答のような返答だ

  10. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    中世、天台・真言や南都仏教とかで、大法要の論議の場や法要後のアトラクション(延年)で、学僧がダジャレとかかけ言葉とかで当意即妙のやりとりをすることがあった。

    今でもその名残を伝えるところがいくつかあって、唐招提寺の修正会で1/3に小学生~中学生くらいの幼い僧が、ダジャレで次から次へと60種近く餅の名前を唱える餅談義がある。

    延年の時の特に面白かったやりとりや脚本が、多武峯の談山神社に延年の古文書で多く残っている。ダジャレの応酬や、参列者のスキャンダルへのちょっとした当てこすりなどもあったりする。

    だから「自分みたいなのは山ではザラ」というのはあながち誇張でもないかもしれないけど…

  11. 人間七七四年 | URL | -

    家康「孟徳新書焼くか」
    曹操「おい」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    高野山より田舎はないわw

  13. 人間七七四年 | URL | -

    京に近いだけで都会気取りよ!
    か、神奈川だって都会だし!

  14. 人間七七四年 | URL | -

    いや神奈川と高野山では当時基準でも相当な差が…

  15. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    まあ下り物とかの概念もあったように江戸時代初期はまだ田舎ってイメージだったろうな

  16. 人間七七四年 | URL | aNn4.8kc

    おそらく>>13は鎌倉のことを言っているのだろう
    北条氏政乙

  17. 人間七七四年 | URL | -

    これが「江戸」ではなく「三河」だったら、「三河衆が、黙ってない」になるんだろうな。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    高野山て山と寺しかないじゃん

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9609-420bc093
この記事へのトラックバック