越後の長尾為景は、敵に欺かれ

2015年11月21日 15:58

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 06:30:42.45 ID:2Y1Dfm7p
天文11年、越後の長尾為景は加賀国に攻め込んだが、敵に欺かれ、梅壇野という場所で闇々と討たれ死んだ。

この時為景は、一向宗の一揆を平らげようと加賀国に向かったのであるが、敵は欺いて降参して案内し、
道に落とし穴を所々に拵えた場所へと為景の軍勢を導き、悉く陥れて殺したのだという。

(藩翰譜)
落とし穴にやられた為景公



660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 08:17:54.18 ID:wn/bYGO4
アトロパテネ会戦の元ネタがここにあったのか
いや、あの人が知るわけないか

いまでは越後で病死か横死したことになってるみたいだけど、なんで親父と混ざってしまったんだろ?

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 09:55:32.03 ID:R4jm39uY
あれ?落とし穴殺人事件ってあったけど、あれも石川県だったよな?

662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 13:58:08.44 ID:Jh5tEOYI
梅じゃなくて栴檀(せんだん)だね、細かいことだけど

663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/21(土) 14:12:49.61 ID:tsx5EEJ/
義元の号も梅岳承芳か栴岳承芳かわかりにくい
泉岳寺だから後者だろうけど

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    一向一揆と戦って討死したのって長尾能景じゃなかったっけ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、歴史上の人物の生い立ちや功績が親兄弟とごっちゃにされるってのはよくある事だし

    為景といい謙信といい関東の景春といい長尾一族は血の気が多いな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    孝景「先祖や親族と同じ名前はわかりづらいな」
    政宗「然り然り」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そういや、謙信も便所でうんこしてるとき刺客にケツを槍で刺されて死んだ説があるんだっけ?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まーくんが言うな!!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    河野通直「ウチから見れば甘い甘い」
    河野通宣「名前が被るくらい普通だし」
    河野通久「ワロス」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    謙信「アッー!!」

    実際には症状から脳溢血辺り、って説が有力だけどね。
    …塩を肴に酒飲みまくれば、そりゃあ高血圧にもなりますわな…

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7さん
    梅干しじゃなかったっけ?どっちにせよ塩分多杉には同意

    昔の酒は甘口だからしょっぱいもの(究極形態が粗塩)が肴として好まれたとは
    読んだ事が有るな
    甘いもの→塩味→甘いもの→塩味→甘(ry のループとか絶対太る(確信)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    北条時頼「酒の肴は味噌でよい」
    本多正純「それは、焼くのですか」
    徳川秀忠「改易」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    落とし穴の有効性を高めるために偽降で誘い込むというのは普通に感心した。
    自分が知らないだけで、作戦は実際にはいろいろあるものだな。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    主家の権力を握る家臣を討ち取ったら、後継者でもっとヤバい奴が弔い合戦にやって来るのですね

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    朝倉教景クインテットのことを忘れてまいな?



    昔は為景は落とし穴にはまって這い上がったところで神保方の将・江崎但馬守に首をとられたのが主流だった。
    しかもこの戦いは1536年説、1545年説、1546年説もあった。

    まあ今ではその説は否定されてますがね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    秀秋「呪いも金的蹴りも無いんですか?
    為景殿、あなたは死因のヴァリエーションにおいて私の敵ではありません」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9616-d295a831
この記事へのトラックバック