FC2ブログ

太刀先に廻る者はことごとく切り倒され

2015年11月23日 07:04

22 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/23(月) 03:25:29.41 ID:Ia/7i1kD
柳生宗矩の子・十兵衞三厳も父に劣らぬ名人であった。

三厳は若い時は忍び歩きを好んだ。ある時、京都粟田口を夜半にただ1人で
通っていたところ、強盗数十人が出て来た。

各々が抜刀を提げて、「命惜しくば衣服大小を渡して通れ!」と罵りかかった。

三厳は静かに羽織を脱いだ。それを衣服を置いて通ろうとしていると思った
盗賊たちは近くまで寄って来た。三厳はまず1人を眼下に切り伏せた。

盗賊たちは、「こいつは曲者だぞ!」と言って、一度に切り掛かって来た。
軽捷無双の三厳は、あるいは進み、あるいは退き、四方に当たって戦った。

太刀先に廻る者はことごとく切り倒され、ついに12人までが命を落としたので、
残る者らは「これは叶わない!」と言って、逃走したのであった。

――『撃剣叢談』



スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    若い頃の鮭様を思い出すのは、私だけだろうか。父が止めるのを聞かず、山賊は倒すし、鉄棒を振り回すし、武者修行して軍神様に戦いを挑もうとしてたし、十兵衛と同じ隻眼の甥がいるし。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    某大将「味噌付でよければ」つ衣服

  3. 人間七七四年 | URL | -

    新陰流は受けの剣みたいだし こういうシチュに強そうだ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    粟田口w

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    大小の受け…

  6. 人間七七四年 | URL | TQl5Jic2

    盗賊の方が曲者が出たと騒ぐのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9620-c3bcbbcb
この記事へのトラックバック