FC2ブログ

大井五郎の顛末

2015年11月23日 07:07

18 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/22(日) 17:35:03.31 ID:X+C+Eq1Z
矢島(大井)五郎

豪勇で知られ、『奥羽永慶軍記』や『由利十二頭記』などでその名前を見る。
容貌は六尺九寸(約2m)の巨躯に「熊のような」毛が生えており、
愛馬「八升栗毛」にまたがり、七尺(2.1m)の筋金入りの樫の棍棒を振り回す勇ましい武将でし

*「八升栗毛」は合戦毎に八升の大豆を一度に食べて戦に臨むことから、その名が付いた。

仁賀保氏との対決では4代連続で仁賀保氏当主を討ち取るという活躍を見せ、
秋田氏の内訌では土崎湊城への一番乗りも果たしている。
まさしく、東北の誇る陸戦型モンスターである。

19 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/22(日) 17:41:25.73 ID:X+C+Eq1Z
矢島満安(大井五郎)の続き

以上の前振りから既出への繋がり
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/?tag=%E7%9F%A2%E5%B3%B6%E6%BA%80%E5%AE%89


最上義光との面会では、5~6人前の食事を平らげ、鮭を1匹丸ごと食べるなど、
その豪胆ぶりを喜んだ義光が暗殺を止め、代わりに協力を約束したという逸話も残る。

しかし、その裏で義光(仁賀保氏とも)の調略により矢島で五郎の弟、与兵衛による謀反が勃発、
急ぎ戻った五郎の手により謀反は鎮圧したが、同族・重臣を失いその勢力は大きくそがれた。
最期は、由利十二頭(-1)による総攻撃で小野寺茂道の元へ離脱。
最上義光による小野寺義道へのけしかけで、茂道自害、五郎も自害と相成りました。

鮭様の目の前で鮭一匹残さず食べたことの結末・・・。
あ、悪い話でした!!ごめんなさい




20 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/22(日) 17:46:32.51 ID:RNlTTGsL
さすが義光きたない

21 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/23(月) 02:53:42.93 ID:ms45seLV
鮭食べられたから仕方ないね
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)「きたないって、なで斬りしちゃうまーくんは、どうなの。鮭一匹丸ごと食べたからで家臣にしようと思ったのに・・・。」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    むしろ鮭残す方が拙いだろ
    その場で手打ちにされそう

  3. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    ああ・・・家臣にしたら鮭が枯渇するしなあ
    ・・・熊とは共存できなんだか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    …小野寺義道ったら(呆)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ヽ( ̄(エ) ̄)ノナカーマ(@肥前)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    鮭の漁獲量低下を恐れたかw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)「最上家に仕えてくれる家臣を募集する。条件は「鮭を丸ごと一匹食べれる人。」」
    志村「後、殿が暴走した時に止める腕力と勇気があるか、ですな。」
    氏家「ほら、帰りますよ。」

  8. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    もがみんは自分から手下を集めに回ってるやん

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >4代連続で仁賀保氏当主を討ち取るという

    一人でそんなに長生きして戦い続けたのかよって一瞬思ったけど、
    考えてみれば討ち取ったからすぐに次の当主が立ったわけで、
    1人目から4人目までの年代差はそれほどでもないのか。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    「フフ、奴は仁賀保氏当主でも一番の小物」
    と言いながら続けざまに4人抜きされたイメージが、、、

  11. 人間七七四年 | URL | -

    (`・ω・´)「ねんがん の かしのこんぼう を てにいれたぞ!」
    光安「殺してでも奪い取りたかったんですか…鉄棒あるのに」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    鮭をわけたら生き残れたかもしらない。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    大井五郎「チクショオオオオ!くらえ仁賀保挙久!新必殺音速棍棒撃!」
    仁賀保挙久「さあ来い五郎オオ!オレは実は一回殴られただけで死ぬぞオオ!」
    (ザン)
    仁賀保挙久「グアアアア!こ このザ・読めないと呼ばれる由利十二頭の仁賀保挙久が…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
    (ドドドドド)
    仁賀保挙久「グアアアア」
    仁賀保明重「挙久がやられたようだな…」
    仁賀保安重「ククク…奴は由利十二頭の中でも最弱…」
    仁賀保重勝「矢島氏ごときに負けるとは仁賀保氏の面汚しよ…」
    大井五郎「くらえええ!」
    (ズサ)
    3人「グアアアアアアア」
    大井五郎「やった…ついに由利十二頭を倒したぞ…これで最上義光のいる山形城の扉が開かれる!!」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    でもそれだけの猛者で、最上の元から帰ってきた勇者を一族が匿っていたら疑うのも仕方無い気がする

  15. 人間七七四年 | URL | -

    小樽の水族館に、「鮭を丸ごと食べる猛獣」が現れたみたいです。鮭様、ぜひスカウトを。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    大井五郎って『横暴だから討ってくれるよう地元民から頼まれたけど、食べっぷりに感心して褒美をとらせて帰らせた』という話までで正直ちょっと疑問があったんだけど、なるほど後できっちり、戦国らしく処理してたということかな。
    やはり無視できない横暴ぶりだったのかなぁ?

    まぁ食べっぷりに感心して許してあげたくなったのは事実かもしれないがw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9621-99a1a19d
この記事へのトラックバック