浅利頼平毒殺疑惑と実季そして家康

2015年11月30日 07:20

695 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/11/29(日) 20:25:07.76 ID:EqQyOhlD
浅利頼平毒殺疑惑と実季そして家康

比内浅利独立騒動は秋田・石田VS浅利・浅野の構図だったがそこへ徳川家康が浅利・浅野の
肩を持つようになった
浅利有利になる可能性もあった中で浅利家当主・頼平は上洛中に急死する
タイミングから秋田実季による毒殺が疑われた
結果的に五大老筆頭のメンツを潰された格好になった家康がこのことに激怒したのか
その後実季はわざわざ家康家臣の永井直勝に弁明書を出している
この場は何とかしのいだものの、関ヶ原後に常陸宍戸に転封される
東軍で働きながら加増もなく実質の減封処分…
こうなったのは西軍加担疑惑に加え浅利頼平毒殺疑惑も響いた可能性もある
最も浅利毒殺がクロと判ったら実季は間違いなく切腹、秋田家は改易だったろう



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    浅利頼平なのに、なんでタグは平の字が抜けてるのだろう?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    平にご容赦を ってやつだな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ていうかこれ、逸話というより推測だよね、特に後半。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    自作ポエムは逸話扱いしないで欲しいわ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    息子の俊季は徳川将軍家にウケが良かったけど実季は悪かったからな
    浅利の件が徳川の心証を害していたというのはあながちありえない話でもないと思う

  6. 人間七七四年 | URL | -

    本当に浅利を毒殺してたら鮭様・髭・まーくんあたりが関ヶ原後に家康にタレこんでるだろうな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    関が原で消極的だったから移封されただけで心象関係なくないか
    戸沢も加増された六郷も出羽から常陸行きだ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    投稿者の考察文だし
    独立した逸話ではなく
    「秋田実季、そのトラブルの連続」 ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-9635.html
    の補足なのでは?
    この二つの記事は統合した方が読みやすくなりそう

  9. 人間七七四年 | URL | -

    実季は宍戸に転封された時に一時的に姓を秋田から「伊駒」に改めてる
    一説には関が原後に自分が代官を務めていた太閤蔵入地(実は旧領)を没収された
    ことへの家康に対しての当て付けとも言われてるらしい
    江戸開府以降も徳川家に阿るどころか反抗的にすら見える態度を取りながらも家を残せたってのは
    ある意味伊達政宗や最上義光よりも上手かも

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    大名として残ったのは息子と母親のお陰であって、当人は家からも幕府からも
    嫌われてたとしか思えないのだけど?
    当て付けと言われてはいるけど、そんな事しているから結局は蟄居させられた
    んじゃないのかな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9637-abfe4add
この記事へのトラックバック