FC2ブログ

佐竹(鬼)義重と布団・いい話

2009年01月13日 00:11

77 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/12(月) 10:41:11 ID:0E1tAddZ
布団と言えば佐竹(鬼)義重だな。有名な逸話だけど。

佐竹義重は就寝時、敷き布団を使わず、いつも薄い布を板張りの床に敷いて寝ていた。
(非常に暑がりな体質だったらしい。)
晩年、家督を義宣に譲るが関ヶ原の合戦後、出羽久保田へ転封される。
老いて北国出羽に移る事になった義重に義宣は、「流石に出羽は寒さが酷く、御身体に障るので
御布団と寝間着を贈ります。」と、手紙を添えて布団を贈った。
息子の気遣いに、大喜びの義重。早速布団を敷き、眠りについた。
だが暫くして…「暑い!!」と布団を撥ね除け、またいつもの様に薄い布を敷き、再び就寝した。
「老体となっても相変わらず…」と義宣も、苦笑するしかなかった。

また義重は毎日、寝床の場所を変えて、暗殺に備えていたらしい。
寝る事にこだわる武将、佐竹(鬼)義重であった。




78 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/12(月) 11:09:03 ID:287QCiF6
相当な暑がりだな

79 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 11:14:48 ID:gQSjfAEk
まったくフッとんだ話だな

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 11:45:19 ID:rjEr/PMG

>>79
ちょ、おま…

81 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 12:31:07 ID:RCSDsBJQ
>>77
寒がりな俺は是非添い寝してほしい

82 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 12:34:18 ID:bTm4Q1iF
>>81
添い寝しようとしても「暑いっ」って蹴りだされるだけじゃね?

83 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/12(月) 12:55:14 ID:287QCiF6
そして添い寝の相手が美少年だったら意気投合するんですね、わかります

84 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 15:47:07 ID:rQUC0QXG
アッー

85 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 17:47:29 ID:sU8WIjfN
>82鬼佐竹の人は戦のたびに武者震いが止まらず、自ら打ち太刀して戦うまで収まらないほどだったっけ。

顔が怖くて、えもいわれぬ威厳があったとも聞いたが、これは伊達政宗あたりと呼応してそう言われてるのかな?

106 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/13(火) 00:36:20 ID:/W18E2CE
>>81
添い寝が許されるのは葦名盛隆ただ一人のみです。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/964-d02d366c
    この記事へのトラックバック