FC2ブログ

太閤は少しも物惜しみすることのない気質だった。されども

2015年12月01日 08:26

706 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/01(火) 02:36:06.63 ID:gLlmeV0S
太閤は心も言葉も行跡も、少しも物惜しみすることのない気質だった。

されども、加藤遠江(光泰)に甲州一国を賜るが、遠江が死ぬとすぐに取り上げて、
その子(貞泰)に2万石を与えた。

丹羽五郎左衛門(長秀)には70万石を賜るが死んですぐに65万石を取り上げて、
4万5千石をその子・五郎左衛門(長重)に与えた。

蒲生飛騨(氏郷)には会津100万石を賜り、四郎兵衛の裁判(蒲生騒動)以後、
80万石を取り上げた。

――『老人雑話』




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    個人の武功だけで知行が決まる世ってのはずっと戦争し続けるの前提だよなあ

  2. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    下剋上の世で保護者なしの若造に財産残したらどんなことになるだろうか
    どんなことになるだろうか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    自分の子にだけは丸々継がせようって、そんな旨い話は通らなかったという

  4. 人間七七四年 | URL | -

    加藤も蒲生も対徳川を見据えた配置だろ
    そりゃ能力ないやつには任せられないわなー

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    豊臣秀頼「こうなりました!」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    丹羽家に関しては当時かなりの石高になったから、領地を削りたかったという理由だろうし。
    蒲生家は自業自得でしょ。別段徳川幕府でも同じ様な事例ある以上、秀吉だけの問題じゃない。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    おや、工場長は飛騨守だったんか
    ぜんぜん知らんかった

  8. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    飛騨は秀行の誤りじゃないかな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7,8
    フツーに蒲生飛騨と書かれるのは氏郷ですよ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    まだ幼当主が大領を貰えたままでいられる時代じゃないから仕方ないわな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    加えて蒲生は色々家臣がグダグダしてたしねえ
    あの状況であんな大国、しかも徳川と伊達に挟まれるような位置の国任せられんわな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9641-de7cdd28
この記事へのトラックバック