山賊「坊主、金を置いていけ」

2015年12月02日 12:34

60 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/01(火) 23:30:46.51 ID:getXXJuT
松島の雲居和尚が夜の山で山賊どもに捕まったときの話。

山賊「坊主、金を置いていけ」

雲居「ワシはこの地の者で、遍歴の僧ではない。
   なので金銀は持ち歩いておらぬ。
   着物をやるから、命は助けてくれ」

山賊「無駄な者を捕らえてしまった。
   着物など金にはならぬ。
   とっとと行け」

と言って解放した。
一町ほど行ったところで雲居は引き返し、山賊のところへ戻り、

雲居「ワシは妄語戒を破ってしまった。
   銀がひとつ、巾着に入っていた。
   それを、うろたえて忘れていて、
   金銀など持っていないと言ったのがとても悔しい。
   この銀を受け取ってくれ」

と言った。
山賊は心を打たれ、その場で仏弟子となったそうである 【葉隠】



61 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/01(火) 23:50:59.82 ID:Vw1VRYYz
偸盗戒やら蓄金銀宝戒やらはええのんかい

62 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/02(水) 09:43:47.95 ID:qC7qXKAK
とにかく、けが無くって良かったんじゃね?
あれ?いつのまにか、お茶が置いてあるぞ?
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)「わしなら、その場でヒャッハーしちゃうのに。」
    志村「頼守様が止めるの聞かないで、顔に傷を作ったのは、誰ですか。帰りますよ。」

  2. あ | URL | -

    説話成立時点の経済として、聴者が納得できる程度には追い剥ぎにおける古着の価値が低下していた話でもあるのかね?

  3. 名無しさん@ニュース2ch | URL | mQop/nM.

    憂さ晴らし、遊びで命を取られなかったことへの感謝
    仏と自分の間でした約束を守るため‥‥かな?
    多分だけど、山賊の罪を問うみたいな考えは端っから頭にないのかもしれない。
    大雨とか地震、天災の1つみたいな感じ方

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「うんご」って読むのか

    臭いはなしだ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ロックだ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9643-89b9aeff
この記事へのトラックバック