秀吉、長篠戦であわやの判断ミス

2015年12月05日 17:50

80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/05(土) 11:08:38.93 ID:XxQWIDmT
秀吉、長篠戦であわやの判断ミス

学研「戦国武心伝」竹中半兵衛によると

長篠戦の序盤、武田勢は織田勢左翼へ動く素振りを見せた
これを見て羽柴秀吉は谷大膳(衛友)の進言を容れて左翼への移動を命じた
ところが半兵衛は武田勢が一時退却するものと読み迂闊に持ち場を離れるべきではないと
主張していた(このことで谷と激しい口論になった)ので秀吉の命を無視した
結果は半兵衛の予測どおりになったので秀吉も元の持ち場に戻ってきた
谷は面目を大いに失ったが半兵衛は勝ち誇るような態度を見せなかったという
(元ネタは『太閤記』巻十八「竹中半兵衛尉」)

この逸話から伺えること

・半兵衛の立場はあくまでも信長の家来であって秀吉の寄騎であり直臣ではない
・時と場合によれば秀吉の命令を無視できる立場だった
・秀長や蜂須賀・谷・神子田・尾藤たち羽柴の武将連に意見できる立場だったこと

竹中半兵衛が「今孔明」と言われた読みの鋭さ、羽柴軍団での地位の高さが伺える話

ついでに秀吉の野戦不得手ぶりも垣間見える話だと思う



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    おおっ
    これは戦国サポートセンターの逸話ではないですか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >この逸話から伺えること

    この『太閤記』は『川角太閤記』のことだと思うけど、もし『甫庵太閤記』だったら考察はあまり意味ないね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    まあ地位の高さというか信長から送られた軍監だからねえ
    同様の立場の有名人物に尾藤知宣さんがいらっしゃるが彼も小身ながら九州征伐に於いては秀長や秀家、官兵衛、隆景の上に立って軍監として指示できる立場だったし

  4. 人間七七四年 | URL | -

    軍監は軍師的な役割があるから軍監がバカだと悲劇になる(例:戸次川)
    もし秀吉の軍中に半兵衛が居なかったら武田軍は織田徳川勢の弱点を羽柴隊に集中攻撃を掛けて
    突破してたかもしれない
    その点で言えば勝頼が取った作戦もあながち間違いではないし信玄でもおそらく同じ手を使ったと思う

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >秀吉の野戦不得手ぶり
    秀吉ってそこまで野戦駄目な戦って具体的にどれだけあるのかな?
    個人的には思い浮かばない
    結果的に攻城戦が多かったからそう言うイメージなだけじゃない?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    武田勝頼に羽柴の穴を攻めて欲しかった

  7. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「穴を攻めると聞いて

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    確かにラスボスは野戦に関してはそんなに強い印象はない
    外交戦や物量戦を絡めて勝ちに来るのがラスボスのやり方じゃないの

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    以前ここの逸話でもあったが、戸次川での仙石の行動は、後詰決戦であり且つ最大兵力を有している大友勢の戦意が不足しているということ考えると、大将自らが先陣切って闘うというのはあながち間違っていないぞ。

    ※8
    と・・・いうより、小牧以降はラスボス殆ど野戦指揮していないんだよねえ。
    山崎や賤ヶ岳の大機動戦とか見ていると、野戦下手どころかとんでもない横綱相撲とってのける名将。
    小牧に関しては、秀吉本軍が目の前にいるのに、ほぼ全主力を別働隊に対して突っ込ませた家康の方が恐ろしい用兵しているぞ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    長篠で左翼に移動?
    そこだけは確実に間違いですな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉は野戦下手
    ということにしたいのが垣間見える話

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9654-920378b7
この記事へのトラックバック