谷衛友は清正の態度に怒り

2015年12月06日 12:22

谷衛友   
83 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/05(土) 19:35:55.18 ID:XxQWIDmT
>>80を投稿した者ですが谷大膳は衛友の父の衛好のことでした
この衛好は後に三木合戦で戦死しています

そのついでと言っては何ですが息子の谷出羽守衛友が加藤清正と喧嘩になった時の話を一つ

ある時加藤清正は家臣を追放してしかも奉公構にした。その家臣は谷衛友を頼り衛友はその家臣を許すよう清正と直談判した。
しかし清正は丹波山鹿の小大名にすぎない衛友の意見を聞き入れない。衛友は清正の態度に怒り一喝して清正に詰め寄り
その膝を抑えて身動きできなくしてから脇差に手をかけて互いに睨みあったという。(武功雑記)

何しろラスボス化した後年の秀吉にも媚びることをしなかった全身肝っ玉人間だから清正相手に遠慮するわけもなく…

ちなみにこの件で清正は「喧嘩ハ下手ナリ」(武功雑記)と言われてる
ただし「肥後守(清正)はかような匹夫の勇などのような事はこれなく候」とも弁護されている



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | GCA3nAmE

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-713.html
    谷の匹夫の勇とも書いてあるけど
    個人的には谷さんの方に共感しちゃうなw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    匹夫の勇ではなく武士の意地だろう。

    秀吉が天下を取った後は秀吉にビビって逆らえない臆病な奴隷しか残ってないからな。

    こういう喧嘩沙汰になっても手をださないのは賢いんじゃなくて腰抜け。谷も睨むだけで殺さないなら腰抜け。
    どっちも手を出さないなんて女の口喧嘩と変わらん。武士のやることじゃない

  3. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    山田浅右衛門て、ここの流派なんだね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    その基準だと戦国時代には腰抜けが溢れていたことになるが

  5. 人間七七四年 | URL | -

    こう言う※2の様に深く考えないで物言う「戦国時代(逸話)ファン」が多くなった事w
    だから江戸時代に喧嘩両成敗なんて体制になったんだろうに
    体制に何でもかんでも逆らって、得物引っこ抜けば勇者か?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2の戯言に失笑を禁じ得ない

  7. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話は三斎様が同席してて
    谷おじさん相変わらずやなーちょっと越中(三歳様)どうにかしてよー的な事を
    清正が言ってる

    三斎様的には(面倒くさいなあ斬ればいいのに…)と思って
    「主計は喧嘩が下手」的なコメントをした可能性w

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※2みたいなコメントを見る度に
    水野勝成ってこんな感じだったんだろうな、と思う。
    とりあえず噛み付いて
    周りから孤立して
    ますます意固地になって
    の繰り返し。

  9. 人間七七四年 | URL | GCA3nAmE

    まぁまぁ、※2よりも谷衛友のことについてコメントしようぞ
    今更ながらwikipediaで確認したら、谷さんの丹波山家藩は衛友から幕末まで所領を守り通したのね

    石高は1万石のギリギリ大名だけど、相馬さんみたいに先祖代々おらが殿さまって感じは好きだな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    傾奇者や無頼の行動基準で武家を語るとは笑止

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※2は正則を馬鹿呼ばわりにしてた人と同じ?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    おいおい失礼なこと言うなよ
    水野は問題行動しまくってるのに全然孤立しない男だぞ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    確かに水野は違うな
    むしろ孤立した挙げ句破滅したといえば越前の狂……おっと、誰か来たようだ

  14. 人間七七四年 | URL | -

    周りに人いなかったのか?
    清正は大名なのに

  15. 人間七七四年 | URL | -

    衛友だって大名じゃないか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9657-86c1cd29
この記事へのトラックバック