斎藤山城守は、山崎の油商の子であった

2015年12月07日 14:23

89 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/07(月) 12:44:29.40 ID:asqd5g/2
斎藤山城守(道三)は、山崎の油商の子であった。この父が、妻を連れて美濃に移住し、そこで
山城守を産んだ。そして土岐(美濃国主)に取り行って仕えていたが、土岐氏は末に至り、国も乱れる中、
どのようにしたのか、遂に美濃の国主となった。その時の落書に

 ときはれと のりたちもせず四の袴 三のはやぶれてひとのにぞなる

と云ったそうだ、彼は信長の舅であった。

(老人雑話)

斎藤道三二代説、老人雑話にとっくに出ていたんですね。




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    専斎は大体道三の子供世代だけ有ってかなり正確な逸話を語ってそうですね
    老人雑話読んだことなかったけど一度眼を通して見ようかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信長「油売ってんじゃねえよ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ↑平手政秀「若様、帰りますよ」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9659-81a04897
この記事へのトラックバック