鷹を一羽も持ちなさらない事の尊さから

2015年12月15日 17:24

98 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/15(火) 15:16:54.37 ID:p+/HRPcQ
 東照宮が伏見城に居られたとき、増田右衛門尉(長盛)を召されて、
「私達の事はあなたの方にも聞き及ばれている通り、若年のころから鷹狩りが好きなのですが
近年は国元を離れているので、只今は小鷹の一羽も飼っていません。
近々に鷹狩りに出かけたいので、あなた方に取り計らってくれませんか。」
との御上意があった。増田右衛門尉は

「もっともで至極のお考えと畏まってお受けいたします。」
とお請けられた。

 君は太閤様の代では鷹狩りの度にお供された面々へ申し付けて出かけられて、摂州茨木で一夜宿泊されました。

 このような他に上もいないほどの大身であるのに、鷹を一羽も持ちなさらない事の尊さから、君の身持ちを考えることができます。
(本阿弥行状記)




99 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/15(火) 15:25:19.06 ID:SXIZwPjS
江戸に置いてきただけじゃ

100 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/15(火) 15:50:11.89 ID:MojCNmAT
>>98
裏がありすぎだろw

101 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/12/15(火) 16:37:59.45 ID:PYoQdxLi
鷹狩という物見

102 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/12/17(木) 02:26:31.03 ID:eAW26nJ1
孕石『…』
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ?「鹿を狩りたいので山に勢子を入れてもいいでしょうか?ちょっと武装していて数も多いですが、鹿狩ですから安心してください^^」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    大森藤頼「絶対に許さない」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ( ●▽ ̄)「いやぁ、うちの鷹が、家康さんの鷹場に入ってしまいましたね。すみませんね。」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    実際、家康が上方で鷹狩するのは秀吉が死んでからなんだよなぁ
    しかもかなり早い時期に

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    槍持った三河者がすっ飛んで来て、腹を切ると騒ぎ立てるに一票w

  6. ななし | URL | -

    ※1
    この時警戒してたら、伊勢のじいさんの台頭は無かったか、相当遅れてたよな

  7. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    伊豆も相模も震災後に侵入したって話もあるみたいだね
    赤牛なんかは津浪の象徴じゃないかとかなんとか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9673-9db9484f
この記事へのトラックバック